学校に似た場所(『ライ麦畑でつかまえて』によせて)

IMG_5449

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事セレクション

不登校の卒業式:小学校、中学校不登校でも卒業できます

学校に行けないことが問題なのではなく、学校を選べないことが問題

「学校に行かないで将来はどのようにお考えですか?」とカウンセラーの先生に尋ねられて

デモクラティックスクール(サドベリースクール)/手記 ―子どもから教えられたこと―

 


 

amm

こんにちは、AI-amの星山まりんです。

お母さんのがっこう516で開催している「自分を知る読書会」は、3月にリニューアルします!
課題図書はそれぞれで読みすすめておき、月1回、月末の水曜日にあつまってディスカッションをします(土曜日もあり)。
詳しくは http://ai-am.net/book をご覧ください。

今回は、3月の課題図書、J・D・サリンジャー著『ライ麦畑でつかまえて』の書評です。

 

『ライ麦畑でつかまえて』

無駄が好きだ。
ほんとうに無駄なもの、ではなく、ふざけた、そういう時間が、なにより豊かさを育むとおもう。そういう生活が、好きだ。

社会も、学校も、無駄や道草をくうことを嫌う。それよりももっと目にみえて価値のあるものを、と言う。
冗談だけの会話で夜ふかしをしたり、時計の針が動くのを見つめたり、毎日のように昼間からお茶をしているおじさんたち(なぜか外国の街にはよくいる)を夕方くらいまで眺めたり、そういうことは、すごくいい。道の途中で川にみとれて、それで目的地にたどり着けなくなる。すてきなことだ。とても。

『ライ麦畑でつかまえて』の主人公、ホールデン・コールフィールドを、「思春期」とか、「子どもと大人のあいだにいる青年」などといって括ってしまうことには、なんの意味もない。
彼は「大丈夫ですよ、僕は。いま、一つの時期を通り抜けようとしてるだけなんです。誰だって、いろんな時期を通り抜けて行くんじゃありませんか?」と語るけれど、この小説は、決して「通り抜ける青年」を描いたわけではない。
過程としての過程でなく、過程の、そのうちのたった3日間やそこらだけを切り取っている。

「それはとにかく、僕は今みたいなのが好きだ」と僕は言った。「つまり、この今のことだよ。ここにこうして君と坐って、おしゃべりしたり、ふざけたり−−」
「そんなの、実際のものじゃないじゃない!」
「いや、実際のものだとも! 実際のものにきまってる! どうしてそうじゃないことがあるもんか! みんなは実際のものをものだと思わないんだ。クソタレ野郎どもが」

 

「その授業のときには、クラスの全員が一人一人立って何かしゃべらなきゃならないんです。なんでも好きなことでいいんですけどね。そして、その生徒がちょっとでも本題と無関係なことを言うと、できるだけ早く《脱線!》といってどなることになってるんです。これがどうも頭に来ちゃって。」

(中略)

「そうですね−−そうかもしれない。たぶん、そうでしょう。たぶん、農場ではなく、おじさんのほうを題目に取り上げるべきだったんでしょう、それが一番興味のあることだったらですね。でも、僕が言いたいのはですね、たいていの場合は、たいして興味のないようなことを話しだしてみて、はじめて、何に一番興味があるかがわかるってことなんです。これはもう、どうしてもそうなっちゃうことがときどきありますよね。だから、相手の言ってることが、少なくとも、おもしろくはあるんだし、相手がすっかり興奮して話してるんだとしたら、それはそのまま話さしてやるのがほんとうだと僕は思うんです。僕は興奮して話してる人の話って好きなんです。」

ひとつめの引用は、かの有名な「ライ麦畑のつかまえ役、そういったものに僕はなりたいんだよ。」というセリフのすこし前にある、妹であるフィービーの「好きなものを一つでも言ってごらんなさい」に対する、答えのひとつ。
ふたつめの引用は、高校の授業(「弁論表現」)について。

こういうことって、いくらでもある。とりわけ学校だとか、それに似た場所では。
そういう場所は、「実際のもの」が好きだ。形のあるものとか、生産性のあるものとか、数字のあるものとか。だから、無駄や脱線を認めることはできない。だって、そんなものは評価のしようがないのだ。
そして、この「学校に似た場所」のなかに、しばしば家庭さえ含まれることが、おそろしいなと思う。

当時のアメリカのハイスクールについてはともかく、いまの日本の学校が、無駄なこと、脱線したことを学校内で受け入れようとしない場所であることは、わかる。
それをどうこう、文句をつけるという気もないし、そんな場所はいますぐになくなるべきだ、とも思わない。
けれど、なにより生活の中心であるはずの家庭が学校に似た場所になるのは、いやだ。

 

 

 


 

AI-amからのお知らせ・情報

お母さんのがっこう516 スケジュール

1702sc2

 

1703

最高の不登校の見つけかた(これからの学びについてのご相談)

これからの学びについてのご相談 】は、吉田・星山ふたりで、お話を聞いて、ご相談についてお答えしたり、ご相談いただいた方といっしょに考えていきます。

next

 

お母さんのがっこう516 授業

親と子がハッピーになるコミュニケーション講座

親と子がハッピーになるコミュニケーション講座 】は、聴きかた、それから話しかたをロールプレイで学び合い、双方がイヤではない解決の仕方も実践的に学んでいきます。

happy

 

よっぴー流 教えない・奪わない・求めない nai nai 講座

教えない・奪わない・求めない nai nai 講座 】は、方法を知ったり、スキルを磨くのではなく、本質に焦点をあてて、親と子がハッピーになる根っこの部分を学んでいきます。

nainainai

 

自分を知る読書会

自分を知る読書会 】は、みんなで同じ本を読みすすめ、そのあと自由にディスカッションしていく授業です。一冊の本を読み進めながら、正解を求めるのではなく、「自分を知る」ということを学びます。

book

 

その他

ワークショップ、教育ディスカッション、高認はげまし隊など詳細は 日替わり授業・催し をご覧ください。

 

お母さんのがっこう516 所在地

お母さんのがっこう516

大阪市中央区博労町4-6-17 第三丸米ビル 516号

大阪市営地下鉄
御堂筋線/心斎橋駅・本町駅から徒歩約5分
四つ橋線/四ツ橋駅・本町駅から徒歩約5分
長堀鶴見緑地線/心斎橋駅から徒歩約5分
中央線/本町駅から徒歩約5分

 

AI-amの2017年 講演等予定

・2月19日(日) 兵庫県姫路市《「子どもは小さな天才 育て方・育ち方」トークショー》終了しました
・4月30日(日) 山口県長門市
・5月予定 京都府亀岡市
・5or6月予定 長野県諏訪市
・9月予定 北海道
・日時未定 宮城県仙台市

連絡先
講演等依頼は、 講演・講座・取材等のご依頼について からお気軽にご連絡ください。
出張講座やおしゃべり会などのご依頼も随時受け付けています。

 

書籍案内

処女出版/『小さな天才の育て方・育ち方 小・中・高に通わず大学へ行った話』

親子で書き下ろす新しい教育書!
AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本『小さな天才の育て方・育ち方 小・中・高に通わず大学へ行った話』が6月29日に発売されました!
amazonでのご購入はこちら↓↓

 

サドベリースクール、デモクラティックスクール情報

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

【保存版】日本各地のあたらしいサドベリースクール

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

不登校はレインボー。学校に行っていないから将来が不安という方へ

デモクラティックスクール(サドベリースクール)/手記 ―子どもから教えられたこと―

 

おすすめ記事セレクション

不登校が絶対に治らない理由

不登校の卒業式:小学校、中学校不登校でも卒業できます

小中高に行かないことを選んだわたしが学校に思うこと

不登校は自分自身が幸福であるための生き方のひとつ

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

お母さんのがっこう365 スケジュール

1709ok  

書籍案内

小さな天才の育て方・育ち方-小・中・高に通わず大学へ行った話

親子で書き下ろす新しい教育書! AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本『小さな天才の育て方・育ち方-小・中・高に通わず大学へ行った話』が2016年6月29日に発売されました!

amazonでのご購入はこちら↓↓

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

【保存版】日本各地のあたらしいサドベリースクール  

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧  

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧  

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です