正解するために生きているんじゃないんだから!< 4/30 > よっぴー&まりんのオールナイト座談会 Vol.1 in兵庫県佐用郡レポート

小沢健二レコードジャケット
amam

こんにちは、AI-am(アイアム)です。

4月30日夜9時〜5月1日朝まで、オールナイト座談会を開催しました。

主催してくださった 自己治癒力研究処『たまゆら堂』 主宰者のやまむらひろのさん、ありがとうございました。

ご参加くださいましたみなさん、ありがとうございました。

 

子どもが寝てから来る人、

12時には帰る人、

子どもを寝かしつけながら、自分も寝た人、

うとうとしながら、そこにいる人、

起きてくる人、

「話をする」「話をきく」がメインなんじゃなくて、

好きに過ごす オールナイト座談会! これ、さいこうに楽しい!!

 

台本はない暮らし

さいこうに楽しいオールナイト座談会。なんの話をしたのか、鮮明にはおぼえていない(笑)。

↓↓ この写真をみても、どの場面なのか、思い出せない(笑)

IMG_5342k

 

なにに大笑いしたのかも、おぼえていない。

IMG_5327k

 

そこにあったのは、 よっぴー まりん が過ごしてきた(過ごしている)「暮らし」だったからなんだと思う。

家族と過ごす「暮らし」には台本はない。

1秒先がどうなるかもわかんない。
海岸にうち寄せては引いていく波のように、ときには穏やかに、ときには激しく打ち寄せる会話がつづくだけ(べた凪で会話がないときも含んでね)

 

オールナイト座談会を開くきっかけとなった記事『 家族と朝まで、はなしをしよう。』に、まりんさんが書いた、

次の日にははんぶんくらい忘れているような会話や、何年あとになってもおぼえているような会話。

 

続いていく、日常と暮らし

そんな「暮らし」の日常を共有する座談会をオールナイトでやる?

前例のない初めてのことをやるのは、いつだって、なんだって、ドキドキする。

 

主催してくださったやまむらひろのさんもfacebookで、「計画したものの、開催できるのか?! と一瞬腰が引けたりもしましたが…」と書かれていた。

けれどもそのあとをひろのさんはこう続けています。「やってよかった」と。

最後にはもう一度、「またやりたい」とまで書かれている。

スクリーンショット(2018-05-02 9.26.34)
スクリーンショット(2018-05-02 13.00.46)

ひろのさん♡ありがとう!!

「問うこと」それ自体が「快」であって、必ずしも「解」は必要ではない。

 

夜を徹した楽しい宴

よっぴーとまりんの在り方を体感したい気持ちで参加されたという 台所アル の中山日さえさんは、感想を以下のように書かれています。

スクリーンショット(2018-05-02 13.32.57)
スクリーンショット(2018-05-02 13.33.37)

日さえさん♡ありがとう!!

いのちを使いまくってやろう。

 

「ただただわたしでいよう」

オールナイトどころかめちゃくちゃ眠い日だった シンガーソングライターでお料理家で占星術やボディワークもされる せんざきあやのさんの感想もすてきなんです。

スクリーンショット(2018-05-03 7.42.53)
スクリーンショット(2018-05-03 7.43.34)

あやのさん♡ありがとう!!

何かを得ようとか、全く意気込まずにいた夜。意味もなく自由に存在できる空間が心地よすぎた。

 

「人間なんて」

前例のない事柄は、時代をひらく。

現代では珍しくなくなったオールナイトのライブだってそうですよね。

初めてオールナイトのライブを開催したのは吉田拓郎さん。1975年(昭和50年)のことで、会場となった静岡県掛川市・つま恋の夜明けは、ラスト曲「人間なんて」の6万人の大合唱で迎えたのでした(後に始まるニューミュージック、J-POP時代の夜明けでもあったといわれる)

※ 日本では、このコンサート以前にもオムニバス形式(多数の出演者)やオールナイトで行われたコンサートもあったが、観客は数千人から多くて1万人程度。これ以前に最大級といわれた全日本フォークジャンボリーですら最高で2万人〜2万5千人であった。このコンサートのように単独に近いアーティストで、5万人以上を動員した大規模なものは前例がなく、これも大規模野外コンサート、今日いう夏フェスという、現在では珍しくない一つの形式を作ることとなった。( wikipedia より)

 

だからってわけではなかったんだけど、からだは知ってますね。選んだレコードは「人間なんて」だったー。

LPレコードを入れられるジャケット ↓↓
小沢健二レコードジャケット

 

家族と朝まで、はなしをしよう。 』で、大滝詠一さんを紹介していたまりんさんは、大滝さんの『EACH TIME』です。

1曲目『魔法の瞳』で、Blue の夜明けまで 星が薄れるまで とけない魔法を かけておくれ と歌うんですよね〜。

小沢健二レコードジャケット

 

すべてがしごとで、すべてが日常

◯◯について話したあと、では次は、△△について話ましょう、という流れではなく、ただただ、おしゃべりが流れていく。

自由な風に踊るたんぽぽの綿毛みたいに、「ナビ」の話から、「地震」の話に移っていく。

「地震」の話から、移り移って、「多様についておもうこと」の話に風が吹く。

 

仕事や家事、育児など、慌ただしく過ぎていく毎日に追われていませんか?

日常から解き放たれるんじゃなくて、地球を家にして、ちょっと廊下を歩くだけ(神奈川県にお住まいの方も来られたよ)

万歩計では計れない日常と暮らしがそこにある。

 

AIをありがとう

おいしいごはん、

おいしいおさけ、

おいしいじかん、

おいしいくうき

おいしいえがお、

おいしいAIをありがとうございました。

IMG_5356k

 

よっぴー&まりんのオールナイト座談会、どんどんやりたいです!!!!!

だれか、だれでも、よんでくださいー!

お気軽に aiam.life365@gmail.com までご連絡ください。

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

よっぴー・まりんから学ぶ1泊2日の勉強会「あいしあってるかい」

1泊2日、まるまる24時間と少し。

よっぴー・まりんといっしょに過ごすことで、あらゆるものを学びとってください。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です