【親に言われて傷つく25個の言葉】ウザい!むかつく!中学生が反抗するのも当然です

girl-676185_640

 

am3こんにちは、AI-am(アイアム)の吉田 晃子です。

思春期である中学生の「親に言われて腹立つ言葉」と、その言葉は「子どもに言ってはいけない言葉」であることの説明。あと、反抗期の中学生の子どもとの接し方について。

 中学生の子どもたち

ファミレスに行きました。

案内されたのは、男の子2人と女の子2人が座っているテーブルの隣。

4人は中学2年生のようで、友だちの話や、この前行った祭りの話なんかをしている。

 

その祭りの話から一人の女の子が親の愚痴を言い出し、みんなで「母親のここがウザい」合戦(笑)がはじまった。

 

わたしは読んでた本を盾に、耳をダンボにして聞き入った。

 

大事な浴衣

祭りから帰宅すると、浴衣が着崩れしていたらしく、「なにしたん?」「なんでなん?」「もう〜恥ずかしいことせんといて!」などの攻撃ラッシュを浴びたよう。

そりゃあ子どもはイラッとしますよ。

着物で動き回っていると、えりがゆるんで大きく開きすぎたり、背中の中心がズレたりするもんですよね。

 

もう一人の女の子も言います。

「いっしょ、いっしょ。わたしも帰るなり、ぐちゃぐちゃやって怒られて、汗かいてへんやろねー?」って。

「かく! っちゅーねんな」

「せっかく買うたってんから大事にしろとか、意味わからんし」

 

確かに意味わからん。

親の「大事にする」と、子どもの「大事にする」はちがいます。

第一、買ってあげたのではなくて、買ってあげたかったんです。親は買いたかったんです。だから買った。それだけなのに。

 

中学生の「母親のここがウザい」合戦

男の子たちも加わります。

  • 「さっさと風呂入れ!」
  • 「ちゃんと服着ろ!」
  • 「なにやってんの!」
  • 「勉強しろ!」
  • 「部屋かたづけなさい!」
  • 「何時まで寝てんの!」
  • 「文句言わずに従いなさい。それができなかったらスマホ取りあげるからね!」
  • 「お父さんそっくり」
  • 「おにいちゃんなんだから」「おねえちゃんなんだから」
  • 「おにいちゃんのくせに」「おねえちゃんのくせに」
  • 「どうせ、でけへんくせに」
  • 「やる気あんの?」
  • 「だからあんたはあかんねん」
  • 「使えへんなあ」
  • 「頑張りなさい!」
  • 「親の苦労もしらんで」
  • 「あんたのために言ってるのよ」
  • 「親にむかってなんなの」
  • 「育ててやってるのに」
  • 「誰のおかげだとおもってんの」
  • 「あんたはいっつも逃げる」
  • 「◯◯ちゃんみてごらん!」
  • 「そんな子に育てた覚えはない」
  • 「口答えするな!」
  • (言葉ではないのですが)自分のもんを勝手に触る

 

その言葉は誰のために言っているのか?

上記の25個の言葉、どれも言われたなあ〜、わたしも。

スマホはなかったけど、「それができなかったら外出禁止」とかね。

「あんたはお父ちゃんにそっくりで、ろくなもんやない」とかね。

おかげさまでタフな人間になりました。

 

それにしても大人になった今でも感じるウザさです。

こういうことを言う人たちって、自分を頼れない人たちなのかな?

そりゃあこんなこと四六時中言われてたら、反抗しますよ。どれも 子どものために言ってる言葉じゃない んだから!

 

口答えするな!

子どものころ、「文句」ではなくて、「意見」として発言しただけなのに、「じゃあ勝手にしろ!」とか、「だれのおかげで飯食えてるとおもってるんだ、口答えするな!」とかってよく言われた。

世間でも「この前まで可愛かったのに、10歳にもなると口答えするようになって……」とかの表現を聞いたりもするが、「口答えする」って発想……。それってつまりは「子どもは親の言うことを聞いて当然」という大前提があるということ ですよね?!

人の数だけ価値観はあるのだから「同じ」ではなく「違う」が当然なのに、支配するか、服従するか、その2択しか知らないで(身につかないで)育てられてきた親は、「違う」を受け入れることに困難を生じる

 

だからおとなになっても、親(祖父母)の意見を確認したり、「良い」って言ってもらえないと実行に移せなくなっちゃう人がいる。

なんでか?

口答えするな!と言われてきたから。勝手に振る舞ったらいけないと怒られてきたから。

 

子どものころ、こっちの「意見」の背景を想像してみるとか、話し合うとかはなく、命令に従うか従わないか、それしかない選択は「暴力」にみえて嫌でした。

 

中学生の子どもとの接し方

上記の25個の言葉は、その場に居合わせた中学生4人の「親に言われてイヤな言葉」なわけだけど、この25個の言葉はまるごと「子どもに言ってはいけない25の言葉」だ。

子どもを否定し、子どもの心や能力を蝕んでいく

 

「口答えするな」にしたって、それは「言うことききなさい」ってことで、自分で考えることができないおとな を育てる。

「◯◯してはいけない」は、自分がOKとする枠を超えられない恐怖心の強い親が言うよね。この実行するなってメッセージを浴びまくれば、自分で決断を下せないおとな になる。

 

おとなになる準備をしている思春期の子どもたちが、親から肯定されて、どんなときだって、どんなことだって自分を肯定してくれるその親が、毎日楽しそうに生活しているのであれば、その姿をみる子どもは「大人になること」に魅力を感じ、幸福な人になることができる

 

親だからちゃんとしなきゃ! っていう考えは捨ててしまおう。

重い鎖をほどいたら軽くなる。

なめられていこう!

そしたら笑顔がもどる。

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書! AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

【保存版】日本各地のあたらしいサドベリースクール  

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧  

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧  

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です