【自分を知る読書会】大阪/お母さんのがっこう516

book

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事セレクション

不登校の卒業式:小学校、中学校不登校でも卒業できます

学校に行けないことが問題なのではなく、学校を選べないことが問題

「学校に行かないで将来はどのようにお考えですか?」とカウンセラーの先生に尋ねられて

不登校はレインボー。学校に行っていないから将来が不安という方へ

 


 

こんにちは、AI-amです。

茶話会ぐらいの軽さで、異なる背景を持つ人たちみんなで同じ本を1時間ぐらいかけて読み、感想、意見、知識創造を述べ合うことで相手を知り、自分を知っていく「自分を知る読書会」の詳細です。

book

自分を知る読書会

読書会では、本から正解を求めるのではなく、「自分を知る」ということを学びます。

よくある読書会のように本を読んでから参加するスタイルは取らず、2時間のうち、1時間ほどをみんなで読み進め、残りの1時間ほどでディスカッションをします。

 

自分軸というものは、ほんの数時間、誰かの話を聞いただけで育つものではありません。

たとえばこの読書会のように、ひとつの本を読み進めながら、「考える」「掘り下げる」ことをしていくなかで、知らず知らずのうちに育っていくものです。

本を中心にして自分とは異なる感性や考えを知ること、また、異なる考えの人たちと話し合うことで、「話すここと」「聞くこと」も身についていきます。

参加者と対話を通して、概念や定義を共有することができていくので、参加者同士のつながりはより深いものとなり、安心できるここちよい連帯感を生みます。

 

明治維新の原動力も、読書会にあり

歴史を見ても、明治維新の原動力は読書会にありました。吉田松陰の松下村塾や緒方洪庵の適塾は、高杉晋作、伊藤博文、福澤諭吉ら、時代のリーダーを排出しました。

ほかにも全国で同じような私塾が開かれていました。そこで行われていたのが、今で言う「読書会」だったのです。ひとつの書物をみんなで読み、日本はどうあるべきか、自分たちに何ができるかを話し合っていました。

さらに歴史をさかのぼると、ソクラテスメソッドという教育法があります。ソクラテスが弟子に対して一方的に知識を授けるのではなく、問答を通して学んでいく方法です。仏教でも、経典について師が質問し、弟子が答えるという問答形式の講義が行われてきました。教える側が単に正解を与えるのではなく、話し合いの中から習得していく方法です。

――いずれも日本の学校教育では、あまり行われていない教育法ですね

時代の価値観が一度セットされると、あとはそれに沿った人材を作り上げていくことになるので、これまでは上から下に一方的に教える、いわゆる軍隊式の教育が行われてきました。生産性を高めるためには、均質な人間を作り上げることが最も効率的だからです。

――暗記ではなく、考える力をつける教育は、まだ主流になっていないようですが、それはなぜだと思いますか。

多くの人たちの頭の中のフォーマットが、変わっていないからです。文科省も考える教育を進めようとしていますが、親は自分の受けた教育をベースに子 供の教育を考えますから、自分の理解できないものには恐れを感じ、抵抗します。時代は明治に変わったのに、江戸時代の価値観で生きているようなものです。 浸透するには時間がかかります。

出典:なぜ今、神田昌典氏は「読書会」を推すのか? 

 

 

ご案内

水曜日版

【開催場所】 お母さんのがっこう516 ※住所は下記

【開催日時】 読書会 月末の水曜日 12:00〜14:00
       おしゃべり会 毎週木曜日 14:00〜15:30

【参加費】 読書会 2000円
      おしゃべり会 2000円 ※読書会参加の方は1000円

【支払い方法】 当日現金払い

【持ち物】 課題図書 ※下記参照
☆ 水曜日は、課題図書をそれぞれで読みすすめておき、当日ディスカッションをします。
 

【申込先】 aiam.life365@gmail.com

 

土曜日版

【開催場所】 お母さんのがっこう516 ※住所は下記

【開催日時】 読書会 不定期土曜日 12:00〜14:00
       おしゃべり会 不定期土曜日 14:00〜15:30

【参加費】 読書会 2000円
      おしゃべり会 2000円 ※読書会参加の方は1000円

【支払い方法】 当日現金払い

【持ち物】 課題図書 ※下記参照
☆ 土曜日は、課題図書を当日みんなで読み、ディスカッションをします。
      

【申込先】 aiam.life365@gmail.com

 

補足

【おしゃべり会】 読書会のあとひきつづき親睦もかねた おしゃべり会を開いています。読書会のあと参加自由。また、おしゃべり会のみの参加もOKです。

【子どもの参加費】 18歳未満は1000円。付き添い等の参加しない子どもは参加費不要です。

【持ち物】 カラーペン、付箋(筆記用具)があるといいとおもいます。あと、飲食持ち込みOKです。

【そのほか】 飲食物はご自由にお持ちこみください。

 

課題図書

今月はこの本です ↓↓

● 2017年3月29日(水)の課題図書

J.D.サリンジャー著ライ麦畑でつかまえて星山まりんによる書評はこちら

☆ 水曜日の課題図書は、読了していることを前提に読書会をすすめますが、すべてお読みになられていなくてもご参加いただけます。

 

● 2017年3月11日(土)の課題図書

アントン・チェーホフ著賭け

☆ この図書は、こちらでコピーをご用意しますが、すでにお持ちの方やご購入される方、図書館で借りられる方などは、各自でお持ちください。

 

 

2月(2017年)の課題図書は、灰谷健次郎著『我利馬(ガリバー)の船出』を読みます。 終了しました

 

1月(2017年)の課題図書は、エンリケ・バリオス著『アミ小さな宇宙人』を読みます。 終了しました

 

12月の課題図書は、サン=テグジュペリ著『星の王子さま』を読みます。 終了しました

 

1冊目は、A・S・ニイル(イギリスのサマーヒル・スクールを創設した教育哲学者)『問題の親』を読みます。 終了しました

「親の財布からお金を盗む子ども-なぜ盗む?背景と理由と心理と対応」 ← こちらの記事でもニイルの本を紹介しています)

読みごたえ、学びごたえ十二分の、必読書です。
まったく読んだことがない方でも、すでにお読みの方でも、どなたでもお越しください。

また、本が苦手でも構いません。本はきっかけに過ぎませんから。もし、少しでも興味があれば、一度参加してみませんか。新しい出会いと経験があるかと思います。

 

開催場所

住所

大阪市中央区博労町4-6-17 第三丸米ビル 516号

場所 : お母さんのがっこう516

 

大阪市中央区博労町4-6-17 第三丸米ビル 516号

大阪市営地下鉄
御堂筋線/心斎橋駅・本町駅から徒歩約5分
四つ橋線/四ツ橋駅・本町駅から徒歩約5分
長堀鶴見緑地線/心斎橋駅から徒歩約5分
中央線/本町駅から徒歩約5分

 

 

お問い合わせ・お申し込み

予約制ではありませんが、ご参加の際はよろしければご連絡ください。
⇒ aiam.life365@gmail.com または以下のフォームから

お名前*
メールアドレス*
件名
メッセージ本文*

 

 


 

AI-amからのお知らせ・情報

お母さんのがっこう516 所在地

お母さんのがっこう516

大阪市中央区博労町4-6-17 第三丸米ビル 516号

大阪市営地下鉄
御堂筋線/心斎橋駅・本町駅から徒歩約5分
四つ橋線/四ツ橋駅・本町駅から徒歩約5分
長堀鶴見緑地線/心斎橋駅から徒歩約5分
中央線/本町駅から徒歩約5分

 

お母さんのがっこう516 スケジュール
1612sc2

 

171sc2

 

お母さんのがっこう516 授業

親と子がハッピーになるコミュニケーション講座

親と子がハッピーになるコミュニケーション講座 】は、聴きかた、それから話しかたをロールプレイで学び合い、双方がイヤではない解決の仕方も実践的に学んでいきます。

happy

 

よっぴー流 教えない・奪わない・求めない nai nai 講座

教えない・奪わない・求めない nai nai 講座 】は、方法を知ったり、スキルを磨くのではなく、本質に焦点をあてて、親と子がハッピーになる根っこの部分を学んでいきます。

nainainai

 

自分を知る読書会

自分を知る読書会 】(毎週木曜日12:00〜14:00)は、みんなで同じ本を読みすすめ、そのあと自由にディスカッションしていく授業です。一冊の本を読み進めながら、正解を求めるのではなく、「自分を知る」ということを学びます。

book

 

その他

ワークショップ、教育ディスカッション、高認はげまし隊など詳細は 日替わり授業・催し をご覧ください。

 

最高の不登校の見つけかた(これからの学びについてのご相談)

これからの学びについてのご相談 】は、吉田・星山ふたりで、お話を聞いて、ご相談についてお答えしたり、ご相談いただいた方といっしょに考えていきます。

next

 

AI-amの2016年 講演等予定

・7月3日(日) 神奈川県横浜市《出版記念対談&交流会》
・8月21日(日) 岐阜県郡上市《出版記念対談&交流会》
・8月25日(木) 福岡県福岡市《出版記念対談&交流会》
・8月25日(木) 長崎県佐世保市《夜食交流会》
・8月26日(金) 佐賀県鳥栖市《お茶会》
・8月27日(土) 福岡県久留米市《勉強会&お話会》
・8月29日(月) 熊本県球磨郡《出版記念対談&交流会》
・8月30日(火) 鹿児島県日置市《出版記念対談&交流会》
・8月31日(水) 大分県杵築市《昼食交流会》
・9月 1日(木) 福岡県行橋市《出版記念対談》
・9月 3日(土) 宮崎県高鍋町《出版記念対談&交流会》
・9月10日(土) 岐阜県多治見市《浅井智子さんとのトークライブ》
・9月22日(木) 鳥取県智頭町《出版記念対談&交流会》
・9月25日(日) 東京都渋谷区《出版記念対談&交流会》
・10月2日(日) 神奈川県茅ヶ崎市《出版記念対談&交流会》
・10月10日(月・祝) 和歌山県岩出市《出版記念対談会》
・10月15日(土) 沖縄県宜野湾市《出版記念対談》
・10月16日(日)    〃《交流会》
・10月23日(日) 奈良県奈良市《出版記念対談会》
・11月5日(土) 愛知県岡崎市《出版記念対談会》
・11月6日(日) 愛知県名古屋市《出版記念対談会》
・12月11日(日) 宮城県仙台市《出版記念対談会》

 

AI-amの2017年 講演等予定

・2月19日(日) 兵庫県姫路市《「子どもは小さな天才 育て方・育ち方」トークショー》
・春(日時未定) 北海道
・春(日時未定) 宮城県仙台市
・春(日時未定) 長野県諏訪市
・春(日時未定) 山口県長門市
・春(日時未定) 京都府亀岡市

連絡先
講演等依頼は、 講演・講座・取材等のご依頼について からお気軽にご連絡ください。
出張講座やおしゃべり会などのご依頼も随時受け付けています。

 

書籍案内
処女出版/『小さな天才の育て方・育ち方 小・中・高に通わず大学へ行った話』

親子で書き下ろす新しい教育書!
AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本『小さな天才の育て方・育ち方 小・中・高に通わず大学へ行った話』が6月29日に発売されました!
amazonでのご購入はこちら↓↓

 

サドベリースクール、デモクラティックスクール情報

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

【保存版】日本各地のあたらしいサドベリースクール

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

不登校はレインボー。学校に行っていないから将来が不安という方へ

学校に行けないことが問題なのではなく、学校を選べないことが問題

 

おすすめ記事セレクション

不登校が絶対に治らない理由

不登校の卒業式:小学校、中学校不登校でも卒業できます

小中高に行かないことを選んだわたしが学校に思うこと

不登校は自分自身が幸福であるための生き方のひとつ

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

お母さんのがっこう365 スケジュール

1709ok  

書籍案内

小さな天才の育て方・育ち方-小・中・高に通わず大学へ行った話

親子で書き下ろす新しい教育書! AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本『小さな天才の育て方・育ち方-小・中・高に通わず大学へ行った話』が2016年6月29日に発売されました!

amazonでのご購入はこちら↓↓

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

【保存版】日本各地のあたらしいサドベリースクール  

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧  

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧  

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です