絶望と希望。口唇口蓋裂の障害をもって生きていくため、わたしは8歳で子どもをやめました。

「魔女の宅急便」の舞台といわれるドブロヴニク

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

17歳になってから九九をおぼえるには1時間でいい

デモクラティックスクール(サドベリースクール)/手記 ―子どもから教えられたこと―

学校に行けないことが問題なのではなく、学校を選べないことが問題

 

おすすめ記事セレクション

子どもが不登校になってよかったこと10

最高の不登校の見つけ方

不登校の卒業式:小学校、中学校不登校でも卒業できます

小・中・高校へ通わずに18歳で大学へ

 


 

am3こんにちは、AI-amの吉田晃子です。

プロフィールの記事の一文より、絶望を感じた空想の旅とはなにか、なぜ空想の世界には逃げられなくなったのか、8歳のある日の出来事を書いています。

soap-801835_640

「大きくなったら外国で住もう」という希望

自分のプロフィールの記事に、「幼少のころから地図をみるのが好きでした。その心理はさておき、「ここじゃないどこか遠くへ」の想いを地図に託し、空想の 旅をすることで、ある希望を抱いていました。でも8歳のある日、その空想の旅はわたしに絶望を与え、もう空想の世界には逃げられなくなった出来事がありま した」と綴った一文があります。

その一文より、絶望を感じた空想の旅とはなにか、なぜ空想の世界には逃げられなくなったのか、8歳のある日のその出来事を 書きたいとおもいます。

「魔女の宅急便」の舞台といわれるドブロヴニク

「魔女の宅急便」の舞台といわれるドブロヴニク

口唇口蓋裂(上くちびると、口の中の上あごに披裂がある先天性形態異常のひとつ)の疾患をもって生まれたわたしは、顔面奇形のほかに、咀嚼、聴覚、言語の障害があります。

 

そのことで、ある日 母に言われた「泣くな!! 泣きたいのはこっちや!! おまえみたいなん生まれてきやがって!!! おまえなんか死んだらよかったんや!! 。。。。。!! 」の言葉と、翌日のハサミ事件

この連日で起こったふたつの出来事で、わたしは、「自分は、こんなさびしい人間にだけはならんとこ」って、力強くおもい、悲しみに負けないよう希望を持ちました。

その希望とは、「大きくなったら外国で住もう」というものでした。

 

※母の言葉が、当時8歳だったわたしに絶望を与えたのではありません。これは「絶望」のうんとうんと手前の痛みでしょう、たぶん。

※客観的にみて、子どもの生きようとする力のすごさに、あらためて敬意をはらいます。

 

空想の旅

今なら笑っちゃうような発想なんだけど……

 

「大きくなったら外国で住もう」と夢見る毎日がはじまりました。こんなお洋服を着て、こんなお家に住んで、こんな人たちに囲まれて…。

でも希望を夢見る土台にあるものは、疑いの余地がないほど強く信じ込んでいた、言語障害も、顔の傷も、それが「日本人」だとおもってもらえるというものでした。

日本人は全員、鼻の下に傷がある顔面奇形の人種のうえに成り立っていた希望だったのです。

 

言語障害も、顔の傷も、それが「日本人」であるならば、“違う” はなくなり、なんの特別扱いもされないで済む。と無知にそうおもっていました。

アフリカ人は肌の色が黒い、というように、日本人というのは鼻の下に傷がある人種で、わたしが発する日本語が正しい日本語だとおもいはる… そんなふうに。

 

本来の日本人がどんなであるのか、日本以外の国には知られていない、バレていないと、まじでおもってたのです。

 

日本万国博覧会・EXPO’70

わたしが8歳(小学3年)だったときは1970年でした。

 

その年は、日本万国博覧会・EXPO’70が開かれた年だったんですね。浦沢直樹さんの漫画『20世紀少年』で知っている人もいるのではないでしょうか。

テーマを「人類の進歩と調和」と題した、20世紀世界最大のお祭りとなったそうです。

世界77ヵ国が参加、期間中の総入場者数が6,421万8,770人、うち外国人は約170万人だそうです。

 

わたしはさして興味はなかったけれど(というか、万博がなになのか、よくわかってなかった)、2歳違いの兄がいて、兄がすごく行きたがっていたので、お留守番するのもイヤだしで、わたしも連れて行ってもらいました。

 

絶望を感じ、空想の世界には逃げられなくなった出来事

その日本万国博覧会で希望は粉々に砕き散りました。

世界(各国の人々)を見たからです。
世界各国の人々に、日本人を見られてしまったからです。

 

わたしは、わたしと同じ顔・口唇口蓋裂の人を、ただただ探していました。目の前にいる人、すれ違う人、一人ひとりの日本人の顔を見ていました。母も兄も、他の入場者の人もきっと全員が、太陽の塔やアメリカ館、ソ連館などパビリオンを見ていたそのときに。

でもひとりもいませんでした。もちろんいたかもしれません。でもわたしが見た限りではいませんでした。すーーーーーっごい人がいるというのにです。すーーーーーっごい人全員が鼻の下に傷のない健常の顔でした。

 

あまりに衝撃すぎた大きな悲しみだったんでしょうね。
ビルの屋上から落とされたお皿のように、自分が、原形を留めないまでの粉々に打ち砕かれていくのがわかりました。

日本以外の国の人に知られてしまった… バレてしまった…。どこの国で住もうとも、もうわたしは日本人ではなく、顔面奇形の人。希望が消えました。

 

今では単純に旅が好き

あの日、失ったものは居場所だったんでしょう。
だからわたしは、子どもをやめることで、次なる希望をつくりました。

 

画像-162_1

初めての海外は、もう35年以上も前になります。
ひとり旅。
荷物をリュックに入れ、この海のむこう、のぞきに行きました。

 

幼少のころから地図をみるのが好きだったわたしは、今も旅が好きで、国内外問わずちょくちょく出かけます。

変わったのは、「ここじゃないどこか遠くへ」の想いから旅に出るのではないってことかな。この心情は、入社した会社を3日で辞めて放浪の旅に出たのですが、その旅で解き放たれました。

今では単純に旅を好いています。 我が家の「水曜どうでしょう」のこんな旅とかねw

 

P.S.
万博のシンボルだった岡本太郎さん作の「太陽の塔」には4つの顔の太陽があったの知ってました?
てっぺんに輝く黄金の顔が「未来の太陽」。中腹にある少しすねたような顔は「現在の太陽」。背後にある黒い顔は「過去の太陽」。それから地下には「地底の太陽」がありました。でも万博終了後、地下にあった「地底の太陽」は行方不明になったそうです。

 


 

サドベリースクール、デモクラティックスクール情報

全国にひろがる日本のサドベリースクール

日本各地のあたらしいサドベリースクール

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

17歳になってから九九をおぼえるには1時間でいい

デモクラティックスクール(サドベリースクール)/手記 ―子どもから教えられたこと―

学校に行けないことが問題なのではなく、学校を選べないことが問題

 

おすすめ記事セレクション

子どもが不登校になってよかったこと10

最高の不登校の見つけ方

小・中・高校へ通わずに18歳で大学へ

生きているだけではいけませんか

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

お母さんのがっこう365 スケジュール

1709ok  

書籍案内

小さな天才の育て方・育ち方-小・中・高に通わず大学へ行った話

親子で書き下ろす新しい教育書! AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本『小さな天才の育て方・育ち方-小・中・高に通わず大学へ行った話』が2016年6月29日に発売されました!

amazonでのご購入はこちら↓↓

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

【保存版】日本各地のあたらしいサドベリースクール  

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧  

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧  

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です