AI-am 吉田 晃子のプロフィール

p-akiko

am3はじめまして! AI-am の吉田 晃子です。
このページを開いてくださってありがとうございます。ここでは好きなこと、これからやりたいこと、簡単な経歴などをつらつらと書いています。

 

こんなことが好きです

AI-am よしだあきこのプロフィールへ

帽子が好きです! ソファで「ちょっと寝る」が好きです

 

好きな人、興味をもった人とのおしゃべり

わたしのキャッチコピーを作るとしたら、どんなのになるかなあ? と子どもたちに相談したところ、「子どもに好かれる共育家」になりました。思春期の子とのおしゃべりでも17時間、20時間と、眠たくなるまでつづくのは、だれにでもできることではない、永遠の5歳児のよっぴーだからできることだ、とお誉めの言葉までいただきましたよw

 

好みの洋服を着る

幼少のころに好きだった遊びに、紙でできた着せ替え人形と、着せ替え人形のぬりえがありました。その延長ですね。いまも洋服が好きです。もう◯◯歳だから…とか、流行遅れ…とかの発想はなく、毎日、その日の気分に応じた洋服のコーディネートを楽しんでいます。あ、でも、家にいるときはジャージです。家ではこのファッションがいちばん好き。

↓当時はこんなハイカラなものではなかったけれど、まあこういうかんじ。

写真を撮る

IMG_5707

 

車を運転する

目的地に行くための運転も、移動が目的の運転も、車を運転してるのが好きです。夜の12時に大阪(自宅)を出て、盛岡まで行って(お昼の12時前に到着)、わんこそばを食べて、食べ終えると観光することもなく、また大阪に帰ってくる(夜の12時ころ帰宅)。この間の運転は目さえもてば休憩なしでひたすらルンルン気分で走ってます。あ、ただし音楽は必須です。

 

旅にでるとき

荷物の用意をしようと、押し入れからバックパックを取り出すときがたまらなく好きです。わくわくしちゃいます。そのあと荷物の準備をしだすころには、わくわく感は静まっていますが、出発のとき(家をでるとき)、バックパックを背負う瞬間がまたしても最高に好きです。旅の一連の流れのなかで、わくわく感がマックスになるのはこの一瞬かもしれません。

 

本屋さんに入る

読書も好きなんですが、そのまえに本そのものが好きです。買う目的はなくても本屋さんを見かけると、入りたい病がでちゃいます。本が好きなわたしにとっては、しあわせな気分になれる場所のひとつ。ここ最近では、東京・清澄白河にある smokebooks さんがヤバかったです。近くに引っ越そうかとおもったほど。知らないことに出会えるよろこびは、自分を新しくしてくれますね。

 

 

 

これからやりたいこと

ボリビアのコチャバンバに行きたーい!

ボリビアのコチャバンバに行きたーい!

 

書籍出版

商業出版で本を出します! 書く内容は、ここAI-amで発信していることと重複するんだろうけど、本には本のよさがありますもの。で、一冊といわず、十冊! 60歳までに!! いま(2016年1月現在)53歳だから、約8ヶ月に一冊の割合ってこと?(ガンバ 本が売れて、名が売れて、無名だったら商業出版できないであろう—世界を旅して撮った写真に、文を添えた—「AI本」をつくって、世に放っていきたいんです。それでメシを食えてる自分はしあわせお福分け。

 

とにかく旅が好き。飛行機だって未だにワクワクしちゃいます。バックパックを背負って歩けて、少しぐらいなら走ることもできて、暑いとこや、汚いとこでも、なんとかそれなりにでも順応できるうちは、海外の町々を訪ねます。国内はあとまわしにしてね。これまでに行ったことのある町で、また行きたいとおもっている所はたくさんあるし、行ったことのない土地はより行きたいし。で、旅しながら記事を書きます! 居心地のよいカフェで書いてるわたしはHappyです。

 

英語

旅をするのに必要な英語ぐらいは覚えようか? とちょっとだけおもってみたりしています。英語はしゃべれないけど、これまでおよそ30ヵ国に行きました。だから英語がしゃべれなくても、個人でだって海外に行けちゃえるのは経験で知ってはいるのですが、まあそのうえで。だってほら、これまでとちがって、海外を旅しながら記事を書く、というおしごとがありますからね•̀.̫•́✧ あっでも、長旅すればマスターできます?!

79d460a9c766e0f067c5c5138c77eeb6_s

 

各国の人と友だちになる

ということは…。やりたいことのひとつ「各国の人と友だちになる」も、長旅していれば必然的に叶う?! AI-amをオンラインスクールにしようとおもっているのですが、たとえば「YOUの国ではどういったオルタナティブの学校があるの?」、「○○なとき、YOUの国ではどうするの?」なんていう声も直にきけたら、視野は広がり、世界が選択肢になりますね。新しい環境を作る参考にしたり、片方、日本人が馴染みづらい文化も知れたり。これいいですね。

 

アメリカ横断

2011年5月吉日、まりんさんとわたしとで、「アメリカ横断したいーーー!!!」となり、けっこう真剣にプランを立て、費用稼ぎにバイトもはじめたことがありました。でも、話は流れて。理由は、「今じゃなかった」んだとおもいます。だからふたりで、「まりんさんがアメリカでレンタカーを借りて運転もできる21歳になったら決行しよう!! 」と、計画を先のばしにしました。あれから5年。つか、まりんさん、21歳までまだ2年もあるの?(ワカッ。来年2017、やります!!

 

 

吉田 晃子の簡単な経歴

わたしは 口唇口蓋裂(こうしんこうがいれつ) をもって産まれました。生まれつき上くちびると、口の中の上あごに披裂がある先天性形態異常のひとつです。そのため生まれてから成人するまで、何度もの手術、入退院をくり返し、言語治療、外科的矯正治療、補綴治療、歯科矯正治療等の一連の通院治療も並行して受けてきました。(咀嚼、聴覚、言語障害)

 

98475dcf44d5a7e25145412f02a799c1_s

 

哲学者に変身した幼稚園時代

幼稚園に入るまでのわたしは、たった一人で外出することは、まあ、なかったとおもいます。親なり祖母なり、わたしを連れてるおとながいたとおもうんですね。だから、仮に顔の奇形のことを誰かにいわれても、それは直接、わたしにふられるのではなく、親にふり、親が応えていたんだとおもいます。(記憶はないので”おもう”ばかりですが)

そのふりが直接わたしにやってきたのは、親から離れて幼稚園に行くようになってから。「変な顔」、「なんて言うてんのかわかれへん」などの表現で差異を指摘されました。

鏡を見て、違いを自覚することで、苦悩が生じていくんですが、ヒマをもてあそぶ入院生活は、「どうして自分の顔は見えないのか?」などと考え、幼子を哲学者に変身させました。

 

自分旅行にふける10代

子どもはみんな哲学者だけど、小学生、中学生、高校生、、、大学にいくようになってもなお、◯◯とは? を考えだすと、前には進まず、下へ、下へと掘りさげて自分旅行にふける10代をおくっていました。

自分旅行にふけっていないときのわたしはというと、楽天的な子どもでした。これは今もだから、生まれもった気質なんでしょうね。小学生のころはゴム跳びや鉄棒、ドッジボールなど、外でからだを動かして遊ぶことが好きでした。

中学生になるとご多分にもれず、音楽や映画、文学、ファッションなど雑多なカルチャーに浸っていきます。友だち同士でいく旅行や、一人旅のよさを知ったのは、行動範囲がいっきに広がる高校になってからです。

d280210f309cd1ed5bef79ec62107fc5_s

 

自遊人の20代

幼少のころから地図をみるのが好きでした。その心理はさておき、「ここじゃないどこか遠くへ」の想いを地図に託し、空想の旅をすることで、ある希望を抱いていました。でも 8歳のある日、その空想の旅はわたしに絶望を与え、もう空想の世界には逃げられなくなった出来事 がありました。

15歳(高1)のときはじめて経験した一人旅は、ほんのちょっとだけ、恐怖や不安に強くなれた自分と出逢うことができました。これはほんとーにうれしかった。夢や希望と再会したかんじだったんです。高校、大学時代に行ったリアルな旅は、以降もわたしを救ってくれました。

卒業して就職するも、哲学者の顔がでてきたわたしは、入社した会社を3日で辞め、放浪の旅に。バカですねー。世の中はお給料がっぽりのバブル全盛期だったというのに。帰阪後は、フリーのフラワーアレンジメント、室内装飾のコーディネーター、パートナーとの飲食店経営と、自遊人の20代を過ごしていました。

 

勉強しまくった30代、40代

29歳のとき第一子が誕生します。 生まれてきた息子は先天性心臓疾患(心臓機能障害1級)で、再三にわたり生死の境をさまよいました。いのちとは? 生きるとは? 人生観をかえる深い学びをもらって30代へ。

数年後、息子と娘(まりんさん)は 既存の学校に行かない選択 をしました。そのおかげで、今度は学校とは? 教育とは? を考えさせてくれました。それまでの人生でいちばん勉強をしたんじゃないかな? 目からウロコのことを知りまくりました。

根源的な問いかけは、ダニエル・グリーンバーグさん(米国サドベリーバレースクール創設者)の考える教育にたどりつきました。1988年に開校したフリープレイスなわてでスタッフとして関わり、のちに仲間とともにデモクラティックスクール(サドベリースクール)として旗揚げをし、立ち上げました。

40代

自らの障害息子の障害子どもの学校に行かない選択。これら3本の経験は、根を張り、なにがあっても揺るがない樹となって、親が子どもを信じないのであれば、子どもは親を信じられない、ということを自身に教えてくれました。
_shared_img_thumb_N112_miagerumidori_TP_V

 

デモクラティックスクール(サドベリースクール)で、たくさんの相談を受けるうちに、子どものしあわせとは? が課題になりました。考えて、吟味して、対話して、模索の日々。そんなある日、「そうだ! 世界中のお母さんがしあわせな世の中になればいいんだ!! 」とひらめきます。

ほかにもあ〜だこ〜だありますが、こうして2008年に誕生したのが、 デモクラティックフィールドのらねこ です。のらねこは、おとなが通えるサドベリー・コミュニティアート。頭ではなく肌で学ぶ場です。主におしゃべりや旅、ものづくりを通して、生活をアートに変えるヒントを提供しています。

 

AI-am

ef91118ad43affae40245c5dedbd7874_s

雨にも負けた。風にも負けた。そしたら楽になった。あり、か? と訊かれれば、ありだと答える。小中高へは通わずに、12年間かけて習うはずの勉強をわずか2ヶ月半でクリアして、志望大学に現役入学したまりんさんの育ち方が、オルタナティブ教育に関心がある方だけではなく、公教育で過ごす親御さんたちにも興味のひくところとなりました。

お話をききたい。会ってみたい。と言ってくださる方がいます。夢や希望を持てた、と言われる方もいらしゃいます。よっぴーとまりんがいてくれてるから安心していられる、とも。うれしいじゃないですかー! 教育に関心をもたれている方々と出逢えることがうれしいんです。

でまあ、楽しい人は世界を救うそんなこんなで、だったらもっと、パアーッと発信しちゃおうよ、選んではじまるってことを発振しようよ、となり、2016年1月「AI-am」をひらきました。

オンラインスクール? スタイルはこれから定まってくるんだろうけど、新しい「教育」をデザインしよう、これからの「学び」の話をしよう!!

 

AI-amからのお知らせ・情報

お母さんのがっこう365 スケジュール

1709ok  

書籍案内

小さな天才の育て方・育ち方-小・中・高に通わず大学へ行った話

親子で書き下ろす新しい教育書! AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本『小さな天才の育て方・育ち方-小・中・高に通わず大学へ行った話』が2016年6月29日に発売されました!

amazonでのご購入はこちら↓↓

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

【保存版】日本各地のあたらしいサドベリースクール  

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧  

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧  

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

1 個のコメント

  • 吉田晃子様,星山海琳様
     この度は,『小さな天才の育て方・育ち方』をご恵送くださり,ありがとうございました。まだ読めてはおりませんが,ちょうど学校に行かなくなったばかりの中学生とその親御さんに勧めようと思っています。仕事がひと段落着いたら私も読ませていただこうと思っています。
     ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です