世界のまん中 ブルーハーツをききながら

IMG_4677

 
とあるお手紙(メール)をいただきました。

お返事を書くのに、ブルーハーツの「世界のまん中」を聴きたくなって、大音響でかけました。

かけながら 書きだしたのだけど、涙がこぼれだした。

こぼれだしたもんだから、文なんて書けなくなって、ペンを置いて、何百回、何千回、何万回と聴いているその曲を聴きました。

音、さらにあげて。

 

わたしは音楽のない暮らしなんて暮らしじゃないっておもってるほど、音楽のある暮らしが好きだから、

だから、家計の許す最大級のオーディオをリビングに置いて、でっかいスピーカーから流れてくる音楽に暮らしを彩ってもらっています。

 

窓、全部締めて。カーテンも閉めて。

もう、何百回、何千回、何万回と聴いている曲が、

まるで いま初めて聴いた曲みたいに、魂に突き刺さるときってあるじゃないですか?

「この曲ってこんなにも、こんなにまでも よかったっけ」ってかんじで。

 

こぼれだした涙は わんわんにかわる。

涙がわんわん、わんわん出てくる。

魂から出てくる。

 

IMG_4677

 

学校に行きたくない?

そうなんだ。なら行かないでいいやん。

将来が困るって?

困らないよ。なにも。

食器洗い機がないと困る人がいるけど、困らない人もいるじゃない? そんなかんじ。それぐらいのこと。

勉強しないとバカになるって?

ならないよ。ぜったい。

勉強しないと将来困るって?

困らないよ。そんなの。

だって、

勉強してない人 いる?

なにもしていない人 いる?

ママは言うんだ。ぼくを見て。「なにもしてない」って。

”なにもしてない” をしてるのに。

 

”なにもしてない” をしてみ?

そこにどんだけの勉強があるか。どんだけの学びがあるか。

こわくなるよ。

その こわさに向き合ってみ?

世界のまん中で生きてみ?

生きるということに 命をかけてみ?

 

生きてることが大好きなんだ。

それを、きらいにさせないで。

きらいなことにさせないで。

ぼくはなんのために生まれてきたの?

今 ぼくが生きているこの場所は片隅なんかじゃない。

 

自分の世界を生きることの大事さを知るよ。

世界のまん中

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です