「一度決めたことをやっぱりやめる」はダメなことなんだろうか?(前)

IMG_6578

ammHello! AI-amの星山 まりんです。

今回は、春のおはなしです。新生活と、「やめること」。

 

 

春は新しい季節

IMG_6578
春は新しい季節、といいます。終わりともいうし、はじまりともいう。
そのなかでとりわけ分かりやすい、というか取り上げられやすいのが、入学とか、就職とか、「新生活」と呼ばれるようなものなんだと思います。
それらは、日本では一般的に4月からはじまって、次には5月が構えています。5月。といえばゴールデンウィーク。

登校拒否とか、出社拒否になるようなひとというのは、もちろんなにか(そのひとにとっての)大きなきっかけがある場合もありますが、でもだいたい、新生活の数日めで、もうなんとなく匂ってくるものがあるんじゃないかとも思います。
朝起きるのがだるかったり、いやほんとはアレがしたいんだけど、ああ行かなくちゃなあ、って感じだったり、あるいはなにがしたいってわけでもないけどそこには行きたくない、と、なにかしらうんざりしている。

「とりあえずもうちょっとがんばれ」

それで、そういうひとのためにこそ、ゴールデンウィークはあるんじゃないか? とふと思ったりしました。
真偽のほどは置いておいて、「いやもう、しんどいなあ」と思っているひとたちに、「あと数週間でゴールデンウィークだから、とりあえずもうちょっとがんばれ!」という気休めとして、ゴールデンウィークはあるのかもしれません。
もしほんとにそういう一面があるとしても、現に五月病なんてのがあるわけですから、その作戦があんまりうまくいっているとも言えないのですが。

いずれにせよ、どうしてそんな「うんざり」が起きるかというと、おそらくそのどれもが「簡単にやめられないこと」だからです。そうでないなら、飽きたな、もういいや、というふうにスパッとやめてしまえばいい。
学校も会社も、そうそうの理由じゃやめられません。決まりはないけど、そういう感じに、なっている。なんとなく。
でも、ほんとに「簡単にやめられないこと」なんだろうか?

(つづきは明日書きます!)

 

AI-amからのお知らせ・情報

お母さんのがっこう365 スケジュール

1710  

書籍案内

小さな天才の育て方・育ち方-小・中・高に通わず大学へ行った話

親子で書き下ろす新しい教育書! AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本『小さな天才の育て方・育ち方-小・中・高に通わず大学へ行った話』が2016年6月29日に発売されました!

amazonでのご購入はこちら↓↓

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

【保存版】日本各地のあたらしいサドベリースクール  

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧  

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧  

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です