学校に行けないことが問題なのではなく、学校を選べないことが問題

子どもたちが自分好みの洋服を堂々と着られる社会にするために、まずはおとなが自分好みの洋服を堂々と着る。堂々と着ることをたのしむ。