たかが不登校を悪化させる親の対応(後編)

child-20324_640

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事セレクション

不登校の卒業式:小学校、中学校不登校でも卒業できます

学校に行けないことが問題なのではなく、学校を選べないことが問題

「学校に行かないで将来はどのようにお考えですか?」とカウンセラーの先生に尋ねられて

デモクラティックスクール(サドベリースクール)/手記 ―子どもから教えられたこと―

 


 

am3こんにちは、AI-amの吉田 晃子です。

不登校とは学校に行ってないこと。ただそれだけです。学校へ行かなくなっても子どもが健全でいられるかどうかは親しだい。そのとき親がすべきこと、後編です。child-20324_640

罪悪感や劣等感、恐怖感のある人とない人

学校に行く・行かないということを、子ども自らが選んだ。
そしてその選択を親はただ受け入れた。

 

シンプルなこの心境のお母さんのもとで過ごすお子さんは、100%、

 

学校には行ってないよ。
なんで?って。行きたくないから。

 

いとも軽くこたえると思います。

 

そこには罪悪感がありません。

 

ここで『 たかが不登校を悪化させる親の対応(前編) 』が終わりました。ここからつづき、後編です。

 

そう、この 罪悪感 がくせ者。この罪悪感や劣等感、恐怖感に苦しめられるのです。

学校は行かなければならないと思っているから。

または、法律上は行かなくてもいいことは知っているけれど、得体のしれない 恐怖感 に襲われるから。

 

一方で、公の学校に就学させる気はなく、「来春、子どもが就学年齢になるから、どこの学校がいいかなあとおもって、いろんなタイプのオルタナティブスクールを見学してるんです」と言って、全国をまわられている親子・家族もいます。

この親子・家族に罪悪感は微塵もない。

 

また、公の学校には行かず、オルタナティブスクールやフリースクール、ホームエデュケーション・ホームスクーリングなどで過ごす子どもや、ときどき公の学校に行ったり、再度登校しだしたりしている子どもで、イキイキしている子の親御さんは、ほぼ全員が、ただ、(公の)学校に行ってないだけ というふうに思われていて、罪悪感や劣等感、恐怖感などに苦しめられてはいません。

地球が がっこう

(公の)学校は行かなければならないと思っている人と、(公の)学校以外にも学び場があることを知っていて、地球が がっこうと思っている人。

 

A4の紙に「学校」をかくとして。
(公の)学校は行かなければならないと思っている人は、学校を、A4の紙めーいっぱいに捉えていると仮定したら ↓↓

IMG_2346

 

 

(公の)学校以外にも学び場があることを知っていて、地球が がっこうと思っている人のA4の世界はこんなふうなのかもしれない ↓↓

IMG_2346

 

子どもの就学に合わせ、いろんなタイプのオルタナティブスクールを見てまわっている人の場合ならはなっからだろうし、子どもが学校に行けなくなったことで、実は外側があったことに気づき、世界の広さを子どもにも伝えることができた人が ただ、学校に行ってないだけ となるのでしょう。

 

本心は「行きたくないから行かない」

あなたが ただ、学校に行ってないだけ とおもっているのなら、子どもが発する言葉も「行きたくないから行かない」になっているとおもいます。

そこまでではないのだとしたら、子どももまた「学校に行きたいけど行けない」という言い方をしているとおもいます。

ただ、子どもははじめから、本心は「行きたくないから行かない」です

でもそう言いきるのを子ども本人もまた罪悪感をもっているから、その罪悪感が自分(子ども)を許しません

劣等感や恐怖感もジャマします

 

加えて、学校に行くのはあたりまえと思っている家庭で育ってきた子どもが、「行きたくないから行かない」と言い切るにはすごいすごい勇気がいることだとおもうのです。

 

「行きたくないから行かない」。
それを言い切った子は「明日は行く……」とか、「来週から行ってみる……」とか、「春から行くから……」とかそういった言い方はしないです。

「明日は行く」と言って、行かない言動

「明日は行くから……

そういって寝て、朝になると行かない……。というか起きてこない……。

このご経験をされている親御さんは多いかとおもいます。

 

「行っても行かなくてもいいのよ、ただねお弁当の段取りがあるからどっち? 明日は行く? 行かない?」

こんなふうに言ってる親御さんもいるとおもいます。

 

あのね、この「明日は行くから……」。この言葉を訳すとね、

「お母さん、ごめんね。
学校に行けずにごめんね。
ごめんね、ごめんね、お母さん。
お母さんを悲しませたくないから…
お母さんに嫌われたくないから…
だから明日こそは行こうっておもうんだ。
こんな自分ゆるせないから明日こそっておもうんだ。
でも行けないんだ…
お母さん、ごめんね。
学校に行けずにごめんね。
ごめんね、ごめんね、お母さん。
でもお母さん、ぼく(わたし)をきらいにならないでね。
お母さん、お母さん、見捨てないでね
お母さん、お母さん…」

 

この想いの省略形が「明日は行くから……です。

 

お弁当の段取りがいるっていうけど、どうかお願いです。あなたの苦しみを子どもに担がせないでほしい。

お弁当よりも、からだは知ってる「本当」を、自由に表現できる環境、空気をつくってあげてほしい。

 

あのね、学校は行きたければ行きます!!

お弁当なくったって、行きたきゃ行きます。

柱にロープでくくりつけたって、「好き」なら行きます。

 

純真のメッセージ

学校に行かすことが大事なんじゃない。

行きたくない子を無理に行かすことが教育なんかではない。

 

◯◯ができないなら△△? △△もできないんだったら せめて□□? そんなね生きることに条件はいりません

◯◯も、△△も、□□も、できなくていい。

 

世界はそこだけじゃない

世界は広いんです!

 

あなたはあなたのままでいいんです!

小学1年の子が学校が合わなくて行かなくなるときの罪悪感や劣等感と、中学2年生や高校生が行きたくなくなるときのそれとは比べるまでもありません。

年齢が上がるにつれ、学校に行けないことは、
弱い人間が行う惨めな行為だととらえるし、襲いかかる恐怖感は精神を痛めます

そこで親が、

世界は広いよー☆
学校に行こうがやめようがそーーんなことどうでもいいよ!
あなたはあなたのままで価値があるんだよー♡
学校に行こうがやめようが関係なく、どんなあなたもわたしは好きだよ、愛しているよ♡

というメッセージを100%の純真でおくれたなら、年齢の高い子どもであろうとも、子ども本人が抱いた罪悪感や劣等感、恐怖感等はその瞬間に消え去ることとおもいます。

90%なら1週間ほど?

80%なら1ヶ月ほど?

20%なのに、100%だと言ってもそれはNG! 子どもにはウソがまるみえです(よけいに辛い)。

90%の親を見て……、80%の親を見て……、
親が深刻に悩むのは学校に行けない自分のせい……、自分が学校に行けれたら悩まない……、やっぱり自分はどうしようもないダメな人間なんだ…… そうおもいます。

dark-1283752_640

 

「明日は行くから……のとき、女優になりきって、子どもが行かなくっても、起きてこなくっても、にこにこしとける自分を演じてみて!

 

学校を休むようになって、家にこもるようになって、時に子どもがどこかへ出かけるとき、うれしい表情をみせないで! こんときこそ平常心装う女優になりきって!

 

学校に行った日と、自分(親)が思い描いたのと真逆の最悪の日に、ご飯や言動に差異をつけないでね。

 

ドアは静かに閉めてね。(思い描いた通りにならなくってもドアや言動はおだやかでいてください)

学校に居場所をなくした子どもが家でも居場所をなくしたらどうなるか

どうなる?

 

たかが不登校なだけやで?

いつか「不登校」なんて概念なくなるのにやで。

IMG_2350

 

IMG_2352

 

 

ただ、学校に行ってないだけ

親が子どもを信じられないのなら子どもは親を信じられません。 わたしたち親はそのことを子どもたちからすでに学んでいます。

 

みんながそれぞれ自分に合った選択をするのがいちばんいい ということも、 学校に行きなさいという言葉は子どもの正直さを奪う事実 も知っています。

 

親子や家族が信頼しあえないのは、体(魂)ではなく、頭で子育てをしてしまう ときです。

 

ひとのからだは頭がいいのです。

学校は自分の感性と合わないんです。からだはそのことをよーーーく知っています。

学校と合わないから行けないんです。

靴ずれする靴を履かなくたって、自分に合う靴を履けばいい。

合わないのならかえたらいい。

自分を大事にできるとこ、自分を大事にしてくれるとこにいるのがいい。

子どもにとって学校だけが社会ではありません。

 

何回だって言うで。

ただ、学校に行ってないだけやで

 

よっぴーとまりんにAIにおいでよ
最高の不登校の見つけかた ーこれからの学び(登校・不登校・非登校・登校拒否・退学・フリースクール・オルタナティブスクール・ホームエデュケーションetc)についての個別相談
カウンセラーやセラピスト、専門家ではなく、小学校・中学校・高校へ通わず大学へ行った星山海琳と、その母親である吉田晃子(よっぴー)、ふたりだからこそお伝えできることがあります。
わたしたちは「学校へ行けるようになる」ことを望んでいません。
学校へ行きたくないと思う子どもが、親御さんが、そのことに対して悩んだり苦しんだり、責めたりしてしまうことなく、親子ともに解放されて、しあわせに過ごしてほしいと思っています。
詳細はこちら

 

 


 

AI-amからのお知らせ・情報

お母さんのがっこう516 スケジュール

1702sc2

 

1703

最高の不登校の見つけかた(これからの学びについてのご相談)

これからの学びについてのご相談 】は、吉田・星山ふたりで、お話を聞いて、ご相談についてお答えしたり、ご相談いただいた方といっしょに考えていきます。

next

 

お母さんのがっこう516 授業

親と子がハッピーになるコミュニケーション講座

親と子がハッピーになるコミュニケーション講座 】は、聴きかた、それから話しかたをロールプレイで学び合い、双方がイヤではない解決の仕方も実践的に学んでいきます。

happy

 

よっぴー流 教えない・奪わない・求めない nai nai 講座

教えない・奪わない・求めない nai nai 講座 】は、方法を知ったり、スキルを磨くのではなく、本質に焦点をあてて、親と子がハッピーになる根っこの部分を学んでいきます。

nainainai

 

自分を知る読書会

自分を知る読書会 】(土曜日12:00〜14:00)は、みんなで同じ本を読みすすめ、そのあと自由にディスカッションしていく授業です。一冊の本を読み進めながら、正解を求めるのではなく、「自分を知る」ということを学びます。

book

 

その他

ワークショップ、教育ディスカッション、高認はげまし隊など詳細は 日替わり授業・催し をご覧ください。

 

お母さんのがっこう516 所在地

お母さんのがっこう516

大阪市中央区博労町4-6-17 第三丸米ビル 516号

大阪市営地下鉄
御堂筋線/心斎橋駅・本町駅から徒歩約5分
四つ橋線/四ツ橋駅・本町駅から徒歩約5分
長堀鶴見緑地線/心斎橋駅から徒歩約5分
中央線/本町駅から徒歩約5分

 

AI-amの2017年 講演等予定

・2月19日(日) 兵庫県姫路市《「子どもは小さな天才 育て方・育ち方」トークショー》
・4月30日(日) 山口県長門市
・5月予定 京都府亀岡市
・5、6月予定 長野県諏訪市
・9月予定 北海道
・日時未定 宮城県仙台市

連絡先
講演等依頼は、 講演・講座・取材等のご依頼について からお気軽にご連絡ください。
出張講座やおしゃべり会などのご依頼も随時受け付けています。

 

書籍案内

処女出版/『小さな天才の育て方・育ち方 小・中・高に通わず大学へ行った話』

親子で書き下ろす新しい教育書!
AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本『小さな天才の育て方・育ち方 小・中・高に通わず大学へ行った話』が6月29日に発売されました!
amazonでのご購入はこちら↓↓

 

サドベリースクール、デモクラティックスクール情報

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

【保存版】日本各地のあたらしいサドベリースクール

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

不登校はレインボー。学校に行っていないから将来が不安という方へ

デモクラティックスクール(サドベリースクール)/手記 ―子どもから教えられたこと―

 

おすすめ記事セレクション

不登校が絶対に治らない理由

不登校の卒業式:小学校、中学校不登校でも卒業できます

小中高に行かないことを選んだわたしが学校に思うこと

不登校は自分自身が幸福であるための生き方のひとつ

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

お母さんのがっこう365 スケジュール

1710  

書籍案内

小さな天才の育て方・育ち方-小・中・高に通わず大学へ行った話

親子で書き下ろす新しい教育書! AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本『小さな天才の育て方・育ち方-小・中・高に通わず大学へ行った話』が2016年6月29日に発売されました!

amazonでのご購入はこちら↓↓

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

【保存版】日本各地のあたらしいサドベリースクール  

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧  

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧  

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です