脳の使い方まちがってません?「教える教育」と「暗記脳」

portrait-1579774_640

 

am3こんにちは、AI-am(アイアム)の吉田 晃子です。

先週末、ブラック企業で働く20代の人たちとおしゃべりを楽しんでいました。

でね、彼・彼女たちの話を聞いてて、「学校マジ、ヤバイで!」とおもった話ですー。

ブラック自慢

彼・彼女たち3人は、それぞれ違う会社で働かれています。形態は正社員2名とバイト1名。3人とも大学卒業です。

でもって3人とも「会社を辞めたい!」「今すぐ辞めたい!」という共通の悩み(つまりは やりたいこと )を持たれています。

 

本人たち曰く、勤め先はブラック企業だそうで、

「わたしのとこはこんななんだ」とひとりが言えば、「そんなのマシだよ、うちなんてこうだよ!」、「うちんとこはもっと酷くて…」、、、と、ブラック自慢がヒートアップしていきます。

 

ブラック自慢?

彼・彼女たちは言います。「3人集まるといっつもこうやってね、ブラック自慢しあってるんですー」

 

自由とは許可書ではない

で、わたしに訊くんです。「辞めてもいいですか?」

 

はぁ?ですよ、ほんともう。
393224
ねこパーーーンチ! ですよ、まったく。

 

「自由=許可書」になっていく過程

この人たちは、子どものころから生活のなかの、ごくごく小さい(?)無意識レベルの事柄、たとえば、

「それ触ったら手が汚れるよ」とか、

「走ったらこけるよ」などと干渉されてきたことで、

本来なら子ども本人が体験して、「ああ、これ触ったら、こんなに手が汚れるんだ」とか、「ああ、走ったら、こけるんだ」と、からだで知り、

じゃあ、その次、

汚れるのイヤだから触らないようにしよう、とか、

これぐらい汚れてても平気、とか、

どうやったら汚れないのかな、など、

自らを知る こと、自らが感じる こと、自らで考える こと、そして 実行にうつす こと、これらの 学びを、先回りして教えられてきたことで、奪われてきた

 

インプットされるのは、言うこときかなかったら怒られる です。

失敗したら怒られる です。

 

不合理な信念(防衛規制)

自分を守るため、依存させられた子どもは、生活のなかの、ごくごく小さい(?)無意識レベルの事柄でさえ、たとえば、

「上着ぬいでいい?」とか、

「お茶飲んでいい?」など、

自分の やりたいこと が湧き出たたび、事あるたび、許可書をもらうようになります。

 

で、許可書が出たら、やる。

出なかったら、反抗したり(外向的)、ふくれたり(内向的)しながらも、結果的には上の者に従うほか道は用意されていません。

 

親に捨てられたら生きていけないことを、本能で知っているからです。

親に嫌われたら生きていけないことを、本能で知っているからです。

 

ラッセル幸福論

※ 防衛機制は幸せを阻害しているので、のびのびと生きるにはこれを捨て去ったらいい。

あなたの幼少時代を支配した人たちの思い出に対する「不敬」を恐れてはならない。当時あなたは、弱く愚かだったので、彼ら(彼女ら)は強く賢く見えた。弱くも愚かでもない現在、彼らの見かけ上の強さと賢さを点検し、彼らが、あなたがいまだに習慣の力で払っている尊敬に値するかどうか考えてみることは、あなたの務めである。

自分の関心を内へ内へとむけるのではなく、外界へとふりむけてあらゆることに好奇心をいだくこと。偉大なるコモンセンスの人ラッセルは、これこそが幸福獲得の条件であり、それは自己説得によって可能なのだと説く。たくましく、しなやかに人生を生きるための知恵がこの幸福の処方箋にはたっぷりと書き込まれている。

 

教育について

それでもね、家庭には大なり、小なり、会話があります。

喜怒哀楽があります。

みんな親に愛されています。

 

でも、その愛、学校にはありません。

指示を出せる立場の人間に、同意・服従できる能力をつけて、わたしたちは就学年齢を迎え、小学校へとすすんでいきます。

上記のバートランド・ラッセルは学校教育について、以下のように言われています。

ラッセルは大衆心理の操作において教育による洗脳効果が重要な役割を果たすことを、1952年刊行の著書『社会における科学の影響』The Impact Of Science On Societyに おいて述べた。

現代の科学的政治支配においてメディアと教育は最重要課題であり、支配階層のみがその部門の管理を行うことで、大衆に気付かれぬよう簡単に心理操作が可能になるとした。

また幼い頃から学校において管理・命令・禁止を常態化させることで、自由意志を破壊し、生涯に渡って権力への批判意識を無くした受動的で無気力な大衆を産み出すことが教育制度の目的であること、それを羊肉を食べる人間に対して絶対に反乱を起こせない羊の群れに例えた。

ラッセルは1960年代の英米におけるリベラル派のフリー・スクール運動を支援し、権力による子供の思考への干渉からの解放を擁護した。

出典:wikipedia

 

※ 権威者の指示に従ってしまう人間の心理を調べるための「ミルグラムの服従実験」>>>>> 権威者の指示なら、「9割」の人々が電気ショックのボタンを押し続ける:現代版「ミルグラムの実験」で明らかに

 

ブラック企業No.1

公の学校のはじまりは、命令に従うロボットのような人間を育成するために、軍隊をモデルにして作られた制度 です。

朝礼やラジオ体操の原型は軍隊ですし、制服も原型は軍服です。

そしてなにより類似は、「上官の命令は絶対」同様に、「先生の命令は絶対」となっていることです。絶対的な強制圧力によって成り立っています

 

学校は学校で、政官財メディアの世界が圧力をかけてくるのです(政官財メディアもまた追い立てられている)。

どこの会社よりもブラック企業です、ほんと。特に中学校と大学!

学校に行きたくないの、ちょーーー自然ですよ、ほんと。

 

「教える教育」と「暗記脳」

吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 – 小・中・高に通わず大学へ行った話』の P119のラストに、海琳さんが小学校1年生のときに言い放った言葉を書きました。

学校ってただ座ってるだけで なんでも教えてくれるやん。そんなんつまんない

 

ほんと、子どもの言う通りです。

学校制度・受験制度(教える教育)はわたしたちの思考回路を封鎖させて、思考停止の檻に閉じ込めます

いま自分が、関心をもっている学びたいものを追求するのではありません。上から与えられた強制的な勉強課題に対して、ただ覚えるだけです。

そして、

593年 聖徳太子が摂政になる
604年 十七条憲法を制定
607年 小野妹子ら遣隋使派遣
645年 大化の改新

この正解を間違わないで覚えたら、「頭がいい」になります。

 

教える教育がこわいのは、正解を詰め込めば詰め込むほど、追求力が低下してゆく構造です。

教えられると追求力が低下し、追求力が低下するから、答えを与えてもらうのを待つようになります。

答えを一方的に教えられると、脳は分かったつもりになり、そこで追求を停止します。

 

問題解決能力

自らを知る こと、自らが感じる こと、自らで考える こと、このプロセスがなければ、創造力も育ちません。状況の変化に対応する柔軟性も錆つきます。

現実の社会で求められるのは、正解のない問題に挑戦して、答えを生み出してゆく本物の思考力です。実行力です。

決まりきった答えやパターンを知っているだけの暗記脳では、問題を解決して、自分の正解は出せません。

 

自分の人生なのにです。

学校教育の弊害をうまく免れて、精神の自由、保ちましょうね。

関心を持ったものに向かうときには、まったく逡巡しない自分であるために。

 

ほかにもある学校教育の弊害 ↓↓

あわせて読みたい

不登校になると免れる10コの学校教育の弊害

 

余談ですが、「聖徳太子」って学校教科書から消えるんですってね。

もう、「聖徳太子」を知っていても「頭がいい」にはなりませんからご注意を(笑)。

 

今日の本

河合隼雄の幸福論

養老孟司氏推薦! 「心の奥底にしみこむ話がたくさん載っています。読まなきゃ損です」
人間関係について、悲しみについて、成功について、人生について――。臨床心理学の第一人者である著者による、生き方のヒントとなる59のエッセイ。

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書! AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

【保存版】日本各地のあたらしいサドベリースクール  

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧  

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧  

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です