人生を楽しんでいる人に共通する3つのこと

デモクラティックスクールネットGW合宿

am3AI-amの吉田晃子です。

デモクラティックスクールネット合宿で自分なりに発見した、人生を楽しんでいる人の共通点ついて書いてみたいとおもいます。

 

 

 デモクラティックスクールネットGW合宿

デモクラティックスクールネットGW合宿

 

デモクラティックスクールネットGW合宿

デモクラティックスクールネット GW合宿が、2016年5月3日(火)〜5月5日(木)の2泊3日で、 八ヶ岳サドベリースクール にて行われました。

イベント目的は、サドベリースクール・デモクラティックスクール同士で、交流、意見交換、情報交換をして、互いに学び合い、日本のデモクラティックスクールの動きをより活発に盛り上げていきましょう!! というもの。

でも具体的にはなにも決まっていません※1。初日集まり次第にミーティングをして、3日間、どう過ごすか、決めていきましょうという円(まろ)やかさです。また、3日朝から5日夜まで、都合の良い日時にお越し下さいませ、という寛(ゆる)やかさ。

吉田・星山ふたりも、前後予定が入っていたため数時間の滞在でしたが、軽(かろ)やかに足を運んで来ました。

 

人生を楽しんでいる人に共通すること

※13日間なにをするか、決まっていません。と書きましたが、言い換えればこれは、なにをするか決めていない、ということです。決められないのではなく、決まっていないのでもなく、あえて決めていないのです。

デモクラティックスクール・サドベリースクールは、「みんなで話し合って決めていく」ところなので、なにをするか前もって決めていないことに驚きはなにひとつありませんが、それでもそれらを抜きに見ても、人生を楽しんでいる人に共通することは以下の3つがあるなあ、とおもいました。

・円やかさ

・寛やかさ

・軽やかさ

 

円やかさ

自分自身の血流。他者との血流。これが滞っていません。他者を大切に想い、周りに合わせて自分を偽ることをしません。そのうえ、仕事とプライベートを切り分けて考えていないので、実に風通しがいいです。

遊びから学びだけを切り取ったものを「勉強」としていないので、好奇心はみずみずしいまま。◯◯だからできないといった思い込みや、失敗したらどうしよう…なんていう発想はなく、思考がブロックされていません。根拠のない自信は円を描きます。

 

寛やかさ

主体的に生きている人というのは、寛容で多様性を受容できる人でもあります。異なる意見や価値観の相手に「ありえない! 」と怒りだすような人ではありません。何を考えているのか、なぜそうするのか、想像力を働かせ、相手のことを理解しようとします。

安心は、自分にかえってきます。老いとは寛容さを失うことだとおもいます。寛やかな人は若いです。互いに学び合うことにより、知の集積、連鎖、開放のプロセスを心地よいものと捉えています。

 

軽やかさ

物事の概念を取り払って挑戦することの大切さを知っています。失敗を当たり前だとおもい、どんどん次の挑戦に向かい続けます。やりたいことを実現させている人というのは、軽かさを持っている人です。

フットワークの重い人は完璧主義なのでは? とおもいます。しっかり準備してからとか、ちゃんと計画をたててからとか。 軽くするための秘訣は、自分が無理だと思い込んでいる思い込みや先入観を捨てることです。思考の枠をはずす。やる!! と決めたらできる方法はあります。

 

人生は楽しむためにある

トップの写真に写っている人たちは、「多様な教育の場」が必要だと感じた市民が集まり、公の学校とは異なるオルタナティブの学校、デモクラティックスクール・サドベリースクールを創ることに取り組んできた人たちです。取り組んでいる仲間です。

信頼されている環境の中で、自分で自分を育てるとき、いきいきと成長するのは子どもだけではありません。おとなもおなじです。

円やかさ、寛やかさ、軽やかさは、変化する世の中で、いまを楽しむのに必要な要素だなとおもいました。

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

お母さんのがっこう365 スケジュール

1709ok  

書籍案内

小さな天才の育て方・育ち方-小・中・高に通わず大学へ行った話

親子で書き下ろす新しい教育書! AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本『小さな天才の育て方・育ち方-小・中・高に通わず大学へ行った話』が2016年6月29日に発売されました!

amazonでのご購入はこちら↓↓

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

【保存版】日本各地のあたらしいサドベリースクール  

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧  

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧  

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

4 件のコメント

  • 「みんなで話し合って決めていく」
    できないんですよね・・・。
    デモクラティックスクールではできているのに、なんででしょう。
    円やかさ、寛やかさ、軽やかさがないのかな。

    だから学校は組織で動くんですよね。
    上に絶対権力のある人がいて、その人の指示通りに周りが動く。
    話し合いなんて必要ない。

    でも、みんなが納得のいくまで話し合うことは可能ですよね。
    みんなが楽しく、自分が楽しく、何を大切にするか。
    わかれば話し合いって簡単にできるのかな。

    • あすみさま

      コメントありがとうございます。
      「みんなで話し合って決めていく」。これってね、どうやったら出来るようになるか。それは、みんなで話し合って決めていく、と(自分が自分に)決めることなんだとおもうんですね。
      ただ、まりんさんや、デモクラティックスクールのOBOGは、そんな断固たる決意をしなくても、「みんなで話し合って決めていく」があたりまえのからだになっている。
      そういうのをみると、環境や習慣というのはすごいなあと、つくづくそうおもいます。
      >みんなが楽しく、自分が楽しく、何を大切にするか。
      家庭からなら はじめていけるものね。自分も他者も大切にする生き方(話し方)は、ここちいいもんね。

      • 晃子さま

        ありがとうございます。
        そうか、決意 ですね。
        私、どんなときでも「同じ」自分 でいられない気がします。
        人によって態度を変えちゃって、ぶれまくり。
        評価が怖いです。

        話し合いは戦いではないですよね。
        正しさを主張して戦うのとはまた違いますね。

        本当に、環境、習慣の影響はすごい。

        まずは家庭から!ですね♪

        • あすみさま

          お返事ありがとうございます。
          わたしも人によって態度を変えます〜! だって、おとなだもん(笑)
          うん。話し合いは戦いなんかじゃないですー
          話し合うにはおしゃべり♪が必要。だからこそまずは家庭から♥

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です