フリースクールになぜ不登校の子は通いづらいのか?

background-1291225_640

 

am3こんにちは、AI-am(アイアム)の吉田 晃子です。

今日はみなさんに「ねえ、ねえ、遊ぼう!」とお誘いしたくて、この記事を書きました。

なんの遊びかと言うと、「考える」をする 遊び。

はじまりは、9月5日に投稿した 不登校のほとんどがフリースクールに通わない理由は3つ以外にもあった! の記事。

 

その記事で、「 不登校新聞 」編集長・石井志昂さんが書かれた『 不登校のほとんどがフリースクールに通わない3つの理由 』を載せたところ、なんと、ご本人・石井志昂さんからコメントをいただきました。

不登校新聞 編集長・石井志昂さんからのコメント

以下が石井志昂さんからいただいたコメントです ↓↓

スクリーンショット(2017-09-06 22.32.04)

 

石井志昂さんのコメント ↑↑ にありますように、

この記事について、別の観点での指摘もいただきました。ぜひいろんな議論が起きればなあと思っています。
これが今回の意図するところです。

 

心理面のハードル

 不登校のほとんどがフリースクールに通わない3つの理由 には以下のことが書かれていて、

フリースクールに通っている不登校は、わずか2~3%程度

その理由には3つのハードルがある。

  1. フリースクールの数が足りない(学童保育が全国に2万カ所あるのに対し、フリースクールの数は全国に400団体~500団体)
  2. 経済的な理由(フリースクールは原則、公的な支援はなく、親が学費を負担する)
  3. 心理面のハードル

 

このうち 3.の心理面のハードル で、「フリースクールに行ったら自分が本当の不登校になってしまうから」という、ある女性のコメントを紹介されています。

なぜフリースクールへ通わなかったのか。彼女はこう答えました。

「フリースクールに行ったら自分が本当の不登校になってしまうから」

まったく学校へ行けなかったのですから、客観的に見れば彼女はまぎれもなく不登校でした。しかし「不登校になってはいけない」と彼女は思い続けていたそうです。

「不登校なんて許されない」「不登校は弱い人間がなるもの」「立ち直ってがんばらなければいけない」「学校に行かないと未来はない」。彼女は自分が存在していることさえ許せなかったそうです。心理的なハードルは人それぞれだと思いますが、こうした思いを抱えている人は彼女だけではありません。
出典:AERA dot.

 

フリースクールになぜ不登校の子が通いづらいのか。

山下耕平さん(元:『不登校新聞』編集長/現在:フリースクール「フォロ」事務局長。若者の居場所「なるにわ」コーディネーター)は、石井志昂さんとは別の観点のご意見を以下のように述べられています。

  1. http://bokan.blog.shinobi.jp/Entry/92/
  2. http://bokan.blog.shinobi.jp/Entry/94/

 

山下耕平さんは、不登校という文脈と、フリースクールという文脈は、重なる部分はあっても、同じではない。と語られています。

休むことを認めることと、学校外の選択肢を増やすことは別問題だ。そこをイコールで結んでしまうと、大半の不登校の当事者のリアリティとは、ズレてしまうのではないだろうか。と。

 

 わたしたち大人の課題

「不登校になってはいけない」

「不登校なんて許されない」

「不登校は弱い人間がなるもの」

「立ち直ってがんばらなければいけない」

「学校に行かないと未来はない」といった思いを抱えている子どもたち……。

 

そのことを 不登校のほとんどがフリースクールに通わない3つの理由 では、不登校を許さない社会が彼らを追い詰めたんではないかという思いを強くします と書かれています。

わたしは 社会じゃなくて親でしょ、とおもったのでした。

 

子どもの課題

星山海琳さんをはじめ、親しくしている子どもたち(今はもう大人といわれる年齢になった人も)は、学校に行かないことをイケナイこととはとらえていません

自由とは許可書をもらうことともおもっていません。

だから ↓↓ こんな会話にはなりません。

学校休んでもいい?
いいよ

みたいな、、、。

 

 

自分のことは自分で決めるから、

学校いかない
になります。

そこに罪悪感はうまれません。

 

フリースクールに行ったら本当の不登校になる?

じゃあその差はなにか、なにがその差をうむのか、と見たとき、生まれたときから一個の人格を持った一人の人間として尊重されてきた か、どうか、そこだとおもいます。

多くの子どもは(昔は子どもだったおとなも!)、あまりにも重大な人権侵害のなかで育っています

そのことにみんなが気づいて、人権を無視しているベースを正していく。

そうすれば今よりも、うんとうんとフツーは広がります。

フリースクールに行ったら本当の不登校になるのではなく、本当の不登校が フリースクール を創るとおもっています(自らを由とする本来のfree-school)。

あなたはどう おもわれますか? どう考えますか?

でもって、よければ意見を書き残してください。

後日、いただいたご意見やコメント等をまとめて投稿したいとおもっています。

 

AI-amからのお知らせ・情報

お母さんのがっこう365 スケジュール

1709ok  

書籍案内

小さな天才の育て方・育ち方-小・中・高に通わず大学へ行った話

親子で書き下ろす新しい教育書! AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本『小さな天才の育て方・育ち方-小・中・高に通わず大学へ行った話』が2016年6月29日に発売されました!

amazonでのご購入はこちら↓↓

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

【保存版】日本各地のあたらしいサドベリースクール  

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧  

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧  

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です