5. 不登校で将来に不安はないの?/手記 —子どもから教えられたこと—

sailboat-387638_640

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

「学校に行かないで将来はどのようにお考えですか?」とカウンセラーの先生に尋ねられて

子どもが不登校になってよかったことベスト10

学校に行けないことが問題なのではなく、学校を選べないことが問題

 

おすすめ記事セレクション

不登校が絶対に治らない理由

不登校の卒業式:小学校、中学校不登校でも卒業できます

小・中・高校へ通わずに18歳で大学へ

生きているだけではいけませんか

 


 

am3こんにちは、AI-amの吉田 晃子です。

息子(上の子)と娘(下の子、星山海琳)は公の学校には行かないで暮らしてきました。学校に行かない? じゃあ勉強はどうするの? 将来に不安はないの? 子どもたちから教えられた学びは貴重なもので、教育とはなにかを根底から問わしてくれました。その手記(2005年記)です。

 

 

「俺は将来のために今を生かされているんじゃない! 自分を生きるために今を生きているんだ!」

walking-349991_640

「俺は将来のために今を生かされているんじゃない! 自分を生きるために今を生きているんだ!」

これは、息子をみていて伝わってきた、彼から教えられたメッセージのひとつだ。

その通りだとおもった。

今の自分におきかえてみれば、わたしも老後のために今日を生きているわけではない。ましてや子どもは、親の理想や欲や見栄のために、生かされているのではない。

 

学校に行かないで何をしているのか

小学五年生の秋以来、一度も学校に行っていない息子は、小学校卒業式と中学校入学式も不参加を選んだ。

中学校進級前、学校規定の制服や鞄などどうしようか、ある日突然「今日から行くわ」なんて言いだしたときのために一応は揃えておいたほうがいいかな、と迷ったが、十秒ほど考えて結果的には購入しなかった。いまのところ正解だ。

1b8a84dc22bd12c71883bfeef315f9d4_s

 

学校には行かず何をしているのか。

学校に行かなくなったあともそれまで毎日遊んでいた学校の友だちと陽が暮れるまで外で遊んでいた。皆が下校してくるまでの時間はパソコンやゲームをしたり、本屋や図書館に出かけたり。

中学年齢になってからは、自分の好きなミュージシャンのファンの人たちとライブ会場やネットで出逢い、その友人たち(二十代や三十代)と出かけたり、ほぼ一日中つながっているスカイプで長い時間おしゃべりを楽しんだりしている。

ほかにもインターネットラジオを聞いていて、これがトイレに行く間もないほどに忙しいそうだ。

 

生活サイクルは、サッカー観戦と、野球観戦を中心に構成されている

stadium-730240_640

興味があるのは、スポーツ観戦。なかでもサッカーと野球が大のお気に入りだ。

彼の生活サイクルは、サッカー観戦と、野球観戦を中心に構成されている(といっても過言ではない)。

欧州のサッカーから始まり、W杯最終予選に、コンフェデレーションズカップをかかさず観る。日本でのテレビ放送時間は夜中。だから夜型になる。ごもっともだ。

 

阪神戦と、Jリーグと、欧州サッカーが重なった日は参っている。

阪神タイガースを観にいった甲子園から帰ってきて、すこし仮眠をとり、夜中三時起床でサッカー観戦となる。

さらにハードさが増すのは、春・夏の高校野球開催中だ。夜中三時からのサッカー観戦後、五時すぎに寝たかとおもうや間もなく起きて、高校野球の一試合目が間に合うように家を出ていく。

体力と時間をどう配分するか、頭の痛いところらしい。「しんどぉーい!」と口では言うが、体は夏の炎天下の甲子園通いをやっている。

19c9f885178a48b17bbd710b4a70b7b2_s

好きな野球チームの阪神であれば過去の試合の再放送を途中から観ても、何年のいつの試合かすぐわかる(同じく阪神ファンのわたしとしては、かなり尊敬)。

サッカーはミランが好きだ。けれども観ていておもしろいのは、スペインとイングランドなんだそうだ。愛読書である『ワールドサッカーダイジェスト』は、大雨であろうが、熱があろうが、発売日に買いに行く。

 

コミック、『俺たちのフィールド』

息子の影響で、サッカーに興味を持ちだしたわたしに薦めてくれたコミック、『俺たちのフィールド』。主人公の高杉和也に感動したのはもちろんだが、和也のお母さん、あれぞ母親の鏡だ。

口は出さず、手も貸さず、目は離さない。子どもが何をしているかではなく、何でそれをするのか、かたちとしては見えないものを見ている人。子どもを尊重し、信じているというのは、あーいうことをいうんだな。見習うぞ、とおもった。

サッカー一色に変わっていたホームページ

十歳のころ初めて立ち上げた彼のホームページは、野球と実況パワフルプロ野球(野球のゲーム)の情報がメインのサイトだ。

「見て! 見てー!!」

創りあげた喜びで当初はよく言っていた。けれどもしばらく経ったころから見せなくなった。理由は、創りかえる、だった。「満足いくのができたら見せるわ」 と言って。

1c1fcb9c5380b39cd355b59855f62287_s

それから約三年の月日が流れたある日。

「俺のホームページ見てみる?」

わたしはこの言葉に鳥肌ものの感動を覚えた。

「満足いくものができたん?」

「おぉよ!」

 

見ればサッカー一色に変わっていたホームページに、彼の達成感が溢れていた。

ひとつのことに集中して、自分が納得するまで追究した真剣な学びへのひたむきさに、鳥肌ものの感動はさらに激しく胸を突き上げ、涙を誘った。

 

旧ユーゴスラビアへの旅

セルビアのお金

セルビアのお金

バスチケット

バスチケット

サッカーを観に欧州へ行くようになったことがきっかけでコソボ紛争に興味を持ち、旧ユーゴスラビアを訪ね歩いたことがある。旅のコーディネートはすべて息子がした。

格安の航空券探しからはじまって、現地での移動手段。この情報収集がインターネットを介しても困難をきわめた。

やっとのことでみつけた現地のバス会社のサイトはキリル文字で書かれている。国境を超えて到着する国は言語が異なる。

通貨もちがう。換金、ATMの設置状況は? 列車はどう? 危険区域は? 隣国同士で問題を抱えているから注意しないといけないことは多々とある。宿探しも彼のしごとだ。町に着き、つたない現地語で一軒ずつあたっては値段の交渉までする。

 

自分のしたいことを自分で知っている

息子は集中する能力を身につけただけではない。

やりたいことをやる能力をも得た。自分のしたいことを自分で知っているということがいかに大事かを知り、そしてその自分のしたいことを存分に追い求めることができる自由の大切さを知った。

同時にその自由の大切さは、他者も同じであることをも学んだ。壊すことなく、壊されることなく、共に生を生きることを。

…いや、ちがう。子どもはもともと知っていたのだろう。知ったのは (教えられたのは)わたしのほうだ。

 

答えは自分の中にある

なにを選ぶ? どれをゆく?

home-892312_640

今の彼はもう、答えを他者には求めない。すべての答えは自分の中にあることを知っている人だ。だから自分で決める。そしてそれに責任を持つ。

 

誰かのせいにしたり、言い訳をしたりしない。不平、不満がない。卑屈さもない。「せめて…」 とか、「どうせ…」 とか、「…のに」 のことばを、彼の口から聞いたことがない。

自分を繕うことをしない。

 

高校はどうするの?

「高校はどうするの? どう考えているの?」

「学校にも行かないで将来に不安はないの?」

よく尋ねられる質問だが、「十五の春」 (高校進学) にこだわる必要はどこにもない。仮に、二十歳で行きたくなったならば、そのときが行くとき。

高校には行かないで、高認試験(旧大検)を経て大学に行くかもしれない。海外に行くかもしれない。どこへも行かないかもしれない。来春「十五の春」の現役で高校生をしているかもしれない。

 

ただはっきりと言えるのは、わたしが口を挟む問題ではないということだ。

それは彼の人生。行きたければ行くのがいい。行きたくなければ行かないのがいい。それだけのこと、とおもっている。

 

将来に不安はないの?

将来への不安? ほぼ心配していない。

人生、いつ、どんなことが起こるか、誰もわからない。順風満帆で快走していても、突然、突風が横から吹きつけて遭難することだってある。

何かにこだわり続けたり、何かと比べたりして、どこかにひっかかっているうちはエゴがでる。だから迷いや不安が生まれてくるけれど、不安なんてものは取り除くことができない代物なのだから、不安なままで安心したい。

sailboat-387638_640

 

 

 


 

書籍案内

処女出版/『小さな天才の育て方・育ち方 小・中・高に通わず大学へ行った話』

親子で書き下ろす新しい教育書!
AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本『小さな天才の育て方・育ち方 小・中・高に通わず大学へ行った話』が6月29日に発売されました!
amazonでのご購入はこちら↓↓

 

 

サドベリースクール、デモクラティックスクール情報

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

【保存版】日本各地のあたらしいサドベリースクール

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

17歳になってから九九をおぼえるには1時間でいい

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

学校に行けないことが問題なのではなく、学校を選べないことが問題

 

おすすめ記事セレクション

不登校が絶対に治らない理由

小中不登校だった僕から、小学校不登校で中学へ進学する方へ

不登校の卒業式:小学校、中学校不登校でも卒業できます

小・中・高校へ通わずに18歳で大学へ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です