AI-am

  

自分らしく生きるのではなく素直に生きること

   

人気記事

学校に行けないことが問題なのではなく、学校を選べないことが問題

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事セレクション

不登校の卒業式:小学校、中学校不登校でも卒業できます

デモクラティックスクール(サドベリースクール)/手記 ―子どもから教えられたこと―

「学校に行かないで将来はどのようにお考えですか?」とカウンセラーの先生に尋ねられて

不登校はレインボー。学校に行っていないから将来が不安という方へ

 


 

am3こんにちは、AI-amの吉田 晃子です。

子どもに素直さを求める親は多いかとおもいます。「素直でやさしい子に育ってほしい」とかいうやつ。でもこの望みならすでに叶っているよ、というお話し。

 

あなたは素直な人ですか?

自分の感情や想いを正直に表現することができていますか?

批判やダメ出しなど、耳が痛い話にも「聞く耳」をもてていますか?

人からの好意をそのまま受け止めることができますか?

依存しているものに、自分の考えや気持ちを置き去りにして従っていませんか?

何歳ですか? 体重は何キロですか?

 

素直でいられる人。素直になれない人

素直でいられる人と、素直になれない人というのは、どんなまなざしを受けて育ってきたか。その生い立ちに大きく影響されるのでは、とおもっています。

 

「まなざし」は、強く人の心に関与しますね。掛け値のない無償の愛のまなざし。清らかな聖なるまなざし。

そのまなざしを子に与えつづけられるのは母親で、子はいつどんなときだって母がくれる聖なるまなざしがあれば、自己同一性の安定を得た平穏な成長をしていけるのではないでしょうか。

また、聖なるまなざしを受けることによって、家庭の外における不純なまなざしに耐ええる強さも身についていくのではないでしょうか。

 

スピッツのチェリー、 「 愛してるの響きだけで強くなれる気がしたよ 」、みたいなね。

 

それは「まなざし」ではなく、それは「視線」

しかし現代社会において、聖なるまなざしをもらえない環境で育ってきて母になった人の場合、「聖なるまなざし」の存在を知らないばかりか、世間の価値を押しつけるまなざしを子どもに投げかけてしまいます。

ときには子どもを追いつめ、子どもの居場所を奪ってしまう場合さえあります。

 

このときの子どもへのまなざしは、無償の愛のまなざしではなく、管理の まなざし 視線へと変化しています。

だがその管理・監視の視線をしばしば母親は、「愛情」であると錯覚する。

virgin-mary-1125113_640

 

愛され中毒

でもそれは母親の責任だけではないです。

父親はいずこ… のなか、国が企てた競争社会や受験をはじめ、学校制度は家庭の中にも浸透しています。
子どもを「規格品にあう出来の良い子」に育てなければ…。その重圧を背負った母親もまた、まなざしを奪われ喪失した被害者でしょう。

 

あるがままをあるがままに受け入れてもらえないで育つと、自分の内の根っこに恐怖心が棲み着きます。なにか悪い結果を予想して怯えてしまい、正直に自分の気持ちを表現できないままおとなになってしまいます。

心では 「こうしたい! 」 とおもっても、素直にそれができない。
または、過去の怒りがぶり返してきて、「でも こうすべきだ」と、素直でない言動をつい、とってしまったりもします。

 

直感と知識

「こうしたい! 」というこころの想いは、“直感”― 魂の声

「こうするべきだ」と直感のあとから頭に指示してくるのは、“知識”― 習慣性

このふたつは常に共存してるから、素直になれないときというのは、何かから自分を守ろうとして、知識が直感と闘っているときです。

 

利用されるんじゃないか。

バカにされるんじゃないか。

相手に負けるんじゃないか。

傷つけられるんじゃないか。

本当の自分を見られてしまうんじゃないか。

見放されるんじゃないか。

愛されなくなるんじゃないか。

、、などなど、評価が生んだ根底にある恐怖心がうごめいて、自分がどう見られているのか、見られてしまうのか、気になってしかたがなくなります。

 

自分がこんなふうだったら… 誰からも愛され、誰からも批判される隙も与えないような、独断と偏見で織られた完全なる理想像を自分のなかで織り上げます。

そのイメージが崩れはしないかと不安に怯えながら理想の自分と、現実の自分が、バトルしてしまいます。

スポンサーリンク

ad1

人はみな自分自身で全体的(ヒトツ)のもの

プラスとマイナスがあって電流は流れているように、人はみな自分自身で全体的(ヒトツ)のもの。

だからたとえば、何かがわかったときというのは、それ以外のことについては自分は無知であるということになります。

けれどプラス的なことは素直に認めるが、その裏側の罪には目をそらし、客観的にみようとはなかなかしません。

 

自分のなかにある醜いもの、その存在を許してやり、それらマイナス的なものに対しても一切抵抗することなく無防備でいられるとバトルはおこりません。

 

自分の望むとおりに動く人などいない

生まれてすぐの赤ちゃんで、「でもこの赤ちゃん、素直じゃないわあ」なんて赤ちゃんがいることを聞いたことがありません。泣きたいのに泣かないのよ、とか、お腹が減ってるのにがまんしてるのよ、とか。

でも一歳、二歳、三歳、、、と年齢があがるにつれて、素直じゃない人は増えてきます。

 

生まれつき誰もがもっている素直さ。「素直な子に育ってほしい」と願っている、その素直さ。
その素直さを、そう願っている親自身が、まわりの目や声や重圧など自分への評価を怖がって、「それではダメだ! 」視線(&言葉)で攻撃します。

おもちゃを「貸して」と言われて、「イヤ! 」と言う、素直に育っているわが子に「聖なるまなざし」をおくれない。

bucket-1005891_640

 

子どもが苦しいときに「死ぬほど苦しい」と言えない親になってはいけない

わたしたちも素直さを取り上げられてきた。素直さを取り上げられてきて、わたしたち親は自分に囚われています。

だから自分の自尊心に影響する子どもの成績(学校以外においても)には関心があるが、子ども自身の幸福には関心がない。

 

子どもはそんな親のいうことをきいてきました。イヤだったけどおもちゃも貸しました。(ちなみにわたしは人に本を借りるのは平気だけど、貸すのはイヤなので貸しません)

そんなわが子が今、「学校に行きたくない!! 」と言っている。「お母さん、助けて!!! 」と(こころのなかで)叫んでいる。

 

もう! もう! もう、いいじゃないですか。「聖なるまなざし」をおくりましょうよ。素直な子を抱きしめてあげましょうよ。

 

まとめ

子ども時代に親から言われたコトバに縛られて、自分を生きれない、なんて ごめんです。

 

「~ねばならない」。この発想が消えたとき、どうして今まで他の人に愛されたいなんておもってたんだろう… とおもいました。自分さんは、自分がそのまま丸ごと愛してあげればいいんです。

自分のなかを「べき」にのっとられて、自分を受け入れることが障害になっていました。

素直に生きていきます。これは決心。

 

 


 

AI-amからのお知らせ・情報

お母さんのがっこう516 所在地

お母さんのがっこう516

大阪市中央区博労町4-6-17 第三丸米ビル 516号

大阪市営地下鉄
御堂筋線/心斎橋駅・本町駅から徒歩約5分
四つ橋線/四ツ橋駅・本町駅から徒歩約5分
長堀鶴見緑地線/心斎橋駅から徒歩約5分
中央線/本町駅から徒歩約5分

 

お母さんのがっこう516 スケジュール

1612sc2

 

171sc2

 

お母さんのがっこう516 授業

親と子がハッピーになるコミュニケーション講座

親と子がハッピーになるコミュニケーション講座 】は、聴きかた、それから話しかたをロールプレイで学び合い、双方がイヤではない解決の仕方も実践的に学んでいきます。

happy

 

よっぴー流 教えない・奪わない・求めない nai nai 講座

教えない・奪わない・求めない nai nai 講座 】は、方法を知ったり、スキルを磨くのではなく、本質に焦点をあてて、親と子がハッピーになる根っこの部分を学んでいきます。

nainainai

 

自分を知る読書会

自分を知る読書会 】(毎週木曜日12:00〜14:00)は、みんなで同じ本を読みすすめ、そのあと自由にディスカッションしていく授業です。一冊の本を読み進めながら、正解を求めるのではなく、「自分を知る」ということを学びます。

book

 

その他

ワークショップ、教育ディスカッション、高認はげまし隊など詳細は 日替わり授業・催し をご覧ください。

 

最高の不登校の見つけかた(これからの学びについてのご相談)

これからの学びについてのご相談 】は、吉田・星山ふたりで、お話を聞いて、ご相談についてお答えしたり、ご相談いただいた方といっしょに考えていきます。

next

 

AI-amの2016年 講演等予定

・7月3日(日) 神奈川県横浜市《出版記念対談&交流会》
・8月21日(日) 岐阜県郡上市《出版記念対談&交流会》
・8月25日(木) 福岡県福岡市《出版記念対談&交流会》
・8月25日(木) 長崎県佐世保市《夜食交流会》
・8月26日(金) 佐賀県鳥栖市《お茶会》
・8月27日(土) 福岡県久留米市《勉強会&お話会》
・8月29日(月) 熊本県球磨郡《出版記念対談&交流会》
・8月30日(火) 鹿児島県日置市《出版記念対談&交流会》
・8月31日(水) 大分県杵築市《昼食交流会》
・9月 1日(木) 福岡県行橋市《出版記念対談》
・9月 3日(土) 宮崎県高鍋町《出版記念対談&交流会》
・9月10日(土) 岐阜県多治見市《浅井智子さんとのトークライブ》
・9月22日(木) 鳥取県智頭町《出版記念対談&交流会》
・9月25日(日) 東京都渋谷区《出版記念対談&交流会》
・10月2日(日) 神奈川県茅ヶ崎市《出版記念対談&交流会》
・10月10日(月・祝) 和歌山県岩出市《出版記念対談会》
・10月15日(土) 沖縄県宜野湾市《出版記念対談》
・10月16日(日)    〃《交流会》
・10月23日(日) 奈良県奈良市《出版記念対談会》
・11月5日(土) 愛知県岡崎市《出版記念対談会》
・11月6日(日) 愛知県名古屋市《出版記念対談会》
・12月11日(日) 宮城県仙台市《出版記念対談会》

 

AI-amの2017年 講演等予定

・2月19日(日) 兵庫県姫路市《「子どもは小さな天才 育て方・育ち方」トークショー》
・春(日時未定) 北海道
・春(日時未定) 宮城県仙台市
・春(日時未定) 長野県諏訪市
・春(日時未定) 山口県長門市
・春(日時未定) 京都府亀岡市

連絡先
講演等依頼は、 講演・講座・取材等のご依頼について からお気軽にご連絡ください。
出張講座やおしゃべり会などのご依頼も随時受け付けています。

 

書籍案内

処女出版/『小さな天才の育て方・育ち方 小・中・高に通わず大学へ行った話』

親子で書き下ろす新しい教育書!
AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本『小さな天才の育て方・育ち方 小・中・高に通わず大学へ行った話』が6月29日に発売されました!
amazonでのご購入はこちら↓↓

 

サドベリースクール、デモクラティックスクール情報

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

【保存版】日本各地のあたらしいサドベリースクール

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

不登校はレインボー。学校に行っていないから将来が不安という方へ

学校に行けないことが問題なのではなく、学校を選べないことが問題

 

おすすめ記事セレクション

不登校が絶対に治らない理由

不登校の卒業式:小学校、中学校不登校でも卒業できます

小中高に行かないことを選んだわたしが学校に思うこと

不登校は自分自身が幸福であるための生き方のひとつ

 

 - 学び、教育, 家庭, 暮らし