学校は今、誰をしあわせにしているのか

img_0879

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事セレクション

不登校の卒業式:小学校、中学校不登校でも卒業できます

学校に行けないことが問題なのではなく、学校を選べないことが問題

「学校に行かないで将来はどのようにお考えですか?」とカウンセラーの先生に尋ねられて

不登校はレインボー。学校に行っていないから将来が不安という方へ

 


 

am3こんにちは、AI-amの吉田 晃子です。

ここにこそある教育の神髄。林竹二さんの書籍から『教育亡国』と『教育の根底にあるもの』を紹介します。
img_0879

林 竹二著『教育亡国』1983年発行

日本に、教育はあるのか?

明白に、いまの日本に教育はない。

 

教育をひとまとめにして財界、産業界に「売り渡した」文部省。

日本の学校は、水俣の海になってしまった。

学校が、子どもの生きられない場所となった。

30年以上も前に語っていた 林 竹二 さんの言葉です。

 

 あの夢のように美しい水俣の海が、チッソのたれ流した有機水銀の濃厚汚染をうけて、死の海に帰られてしまった。この海の魚や貝を食べた猫は、脳を犯されて、狂いまわっては相ついで海に飛び込んで死んだ。鳥が方向感覚を狂わされて、群れをなして海に突っ込んで死に、岩に激突して死んだ。
 いま、日本の学校の子どもたちをとらえている狂気の現象は、これと同じ異常現象なのではないのか。学校という世界が、チッソのたれ流した有機水銀のような何らかの「原因物質」によって濃厚汚染をうけて、根底からの環境破壊がおきてしまった。子どもたちは、その学校で生きるほかない。子どもたちに見られる狂気の現象を、学校という環境が根底から破壊されてしまっていることから生じた異常現象としてとらえるのでないかぎり、事態への正しい対応は不可能である。
 いま緊急に求められているのは、学校という世界に。この根底からの環境破壊をもちこんでしまったものが何なのか、その「原因物質」をつきとめる努力であろう。私は本書で、学校という教育の場から教育を追い出して、子どもの生きられない世界に変えてしまったものが何であったのかについて、私なりにさぐりを入れてみようと試みてみた。

出典:林 竹二著『教育亡国』まえがき

 

 

林 竹二著『教育の根底にあるもの』1991年発行

img_0874

日本に教育はあるのだろうか

 学校でいい成績を取らなければ人生の敗北者になるほかないんだというようなことを教え込むでしょう。そういうのがみんな子どもの中へ蓄積されていくわけです。
 試験の結果、点数によってあらわされない一切の価値が学校から閉め出されてしまっています。学校は人間を人間として育てる場所ではなくなってしまったわけです。私の言葉で言えば、学校というものは、ことに中学校が「人間性破壊の工場」になっているわけです。

出典:林 竹二著『教育の根底にあるもの』

いのちを問いなおす

 教育というものは、教師の力で子どもを変えることじゃないんです。子どもの中には生命があって、生命というものはふだんに自分を成長させ、自分を変化させる力であるわけですね。そういう力が働く場所を用意することが教育なんですね。

(略)

いまの学校の先生は、みんな権力で子どもを動かしているわけですよ。ことにいま中学校にひどくなってますね。
 ほんとうに教師が教師として子どもと教育的なかかわりを持つためには、まず第一に闘わなければならないのは、自分自身の中における権力者性ですね。

出典:林 竹二著『教育の根底にあるもの』

「わかくさ学級」のこと

 教育を私は、基本的には、人間の子の人間として成長するのを助ける仕事だと考えている。だから、生命にたいする畏敬を欠けば教育は成立しない。だが、日本の学校教育の致命的な欠陥は、生命への畏敬の念を欠いていることだろう。(略)

 そのことが、日本の学校をじつに荒涼をきわめた世界にしてしまっている。教育がなくて調教だけが教育の名においてまかり通っている。そして、もっと恐ろしいことは、教師たちがその言いようもない無惨な荒涼に直面しながら、それを異常と感じていないことである。……

出典:林 竹二著『教育の根底にあるもの』

 

 

自分の心のなかに動いているものと向き合う

『教育の根底にあるもの』の本には、林竹二先生の授業を受けている子どもたちの写真が豊富に掲載されているんですね。

その子どもたちの表情はあまりに美しくて、涙をこぼしてしまいます(何度みても!)。

林竹二さんは言います。「授業というものは、その子どもが精一杯に生きるような時間にならなければならない」と。

※ 『教育の根底にあるもの』に、 うーたん(児島一裕) のことが書かれた箇所がありますよ(^_-)-☆

 

アレキサンダーさんとの学びの時間 がそうでした。一生懸命に力をふるわなければどうにもならないような問題を突きつけられるものだから、非情にむずかしいんだけど、すーっごくたのしかったんですよ、学習が。

教育の本質

いったい、「学校」とはなんでしょう?

なぜ、「学校」に行くのでしょうか?

 

「このままでは日本の学校教育はヤバい」とおもった文科省や、教育委員会、教育学者さん、自治体さん、現場の教師、保護者たちが、さまざまなことを行ってきた集積。。。

わたしたちがいま目にしているありさまは「問題」ではなく、「答え」です。

 

勉強しなさい。塾に行きなさい。いい点数をとりなさい。方法論やスキルが教育の中心となりました。企業と結びついているから、しかたがないですね。

優秀な労働力者となり、活発な消費活動を行う消費者になってもらわないと困ります。

宿題しないで瞳がキラキラすることされていては困ります。ため息ついて薬を飲んでがんばってもらわないと困ります。

上司の言うことを黙って聞いて、血尿が出るまで働いて、売り上げノルマを達成する人材育成、それが学校教育の事実上の目標に掲げられている時代です。

 

教育の本質が分からなければ、子どもたちはこの世界を去り続けていくことになるんでしょう。

 

「見張っている」と「見守っている」はちがう

自分が追求の主体になって、自分の追求したいものがあってそれを追っかける。

追求しているそのときっていうのは、なんの恥じらいもなければ、他に対して閉ざすなんて気持ちもない。ほんとに真剣です。だから緊張と集中ができるわけです。

そこに「教える」が入ると、緊張と集中は途端に消えていくのです。

学校は人間的な価値をなによりも大切にする場所でなければ教育はできません。

 

 


 

AI-amからのお知らせ・情報

お母さんのがっこう516 所在地

お母さんのがっこう516

大阪市中央区博労町4-6-17 第三丸米ビル 516号

大阪市営地下鉄
御堂筋線/心斎橋駅・本町駅から徒歩約5分
四つ橋線/四ツ橋駅・本町駅から徒歩約5分
長堀鶴見緑地線/心斎橋駅から徒歩約5分
中央線/本町駅から徒歩約5分

 

お母さんのがっこう516 スケジュール
1612sc2

 

171sc2

 

お母さんのがっこう516 授業

親と子がハッピーになるコミュニケーション講座

親と子がハッピーになるコミュニケーション講座 】は、聴きかた、それから話しかたをロールプレイで学び合い、双方がイヤではない解決の仕方も実践的に学んでいきます。

happy

 

よっぴー流 教えない・奪わない・求めない nai nai 講座

教えない・奪わない・求めない nai nai 講座 】は、方法を知ったり、スキルを磨くのではなく、本質に焦点をあてて、親と子がハッピーになる根っこの部分を学んでいきます。

nainainai

 

自分を知る読書会

自分を知る読書会 】(毎週木曜日12:00〜14:00)は、みんなで同じ本を読みすすめ、そのあと自由にディスカッションしていく授業です。一冊の本を読み進めながら、正解を求めるのではなく、「自分を知る」ということを学びます。

book

 

その他

ワークショップ、教育ディスカッション、高認はげまし隊など詳細は 日替わり授業・催し をご覧ください。

 

最高の不登校の見つけかた(これからの学びについてのご相談)

これからの学びについてのご相談 】は、吉田・星山ふたりで、お話を聞いて、ご相談についてお答えしたり、ご相談いただいた方といっしょに考えていきます。

next

 

AI-amの2016年 講演等予定

・7月3日(日) 神奈川県横浜市《出版記念対談&交流会》
・8月21日(日) 岐阜県郡上市《出版記念対談&交流会》
・8月25日(木) 福岡県福岡市《出版記念対談&交流会》
・8月25日(木) 長崎県佐世保市《夜食交流会》
・8月26日(金) 佐賀県鳥栖市《お茶会》
・8月27日(土) 福岡県久留米市《勉強会&お話会》
・8月29日(月) 熊本県球磨郡《出版記念対談&交流会》
・8月30日(火) 鹿児島県日置市《出版記念対談&交流会》
・8月31日(水) 大分県杵築市《昼食交流会》
・9月 1日(木) 福岡県行橋市《出版記念対談》
・9月 3日(土) 宮崎県高鍋町《出版記念対談&交流会》
・9月10日(土) 岐阜県多治見市《浅井智子さんとのトークライブ》
・9月22日(木) 鳥取県智頭町《出版記念対談&交流会》
・9月25日(日) 東京都渋谷区《出版記念対談&交流会》
・10月2日(日) 神奈川県茅ヶ崎市《出版記念対談&交流会》
・10月10日(月・祝) 和歌山県岩出市《出版記念対談会》
・10月15日(土) 沖縄県宜野湾市《出版記念対談》
・10月16日(日)    〃《交流会》
・10月23日(日) 奈良県奈良市《出版記念対談会》
・11月5日(土) 愛知県岡崎市《出版記念対談会》
・11月6日(日) 愛知県名古屋市《出版記念対談会》
・12月11日(日) 宮城県仙台市《出版記念対談会》

 

AI-amの2017年 講演等予定

・2月19日(日) 兵庫県姫路市《「子どもは小さな天才 育て方・育ち方」トークショー》
・春(日時未定) 北海道
・春(日時未定) 宮城県仙台市
・春(日時未定) 長野県諏訪市
・春(日時未定) 山口県長門市
・春(日時未定) 京都府亀岡市

連絡先
講演等依頼は、 講演・講座・取材等のご依頼について からお気軽にご連絡ください。
出張講座やおしゃべり会などのご依頼も随時受け付けています。

 

書籍案内
処女出版/『小さな天才の育て方・育ち方 小・中・高に通わず大学へ行った話』

親子で書き下ろす新しい教育書!
AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本『小さな天才の育て方・育ち方 小・中・高に通わず大学へ行った話』が6月29日に発売されました!
amazonでのご購入はこちら↓↓

 

サドベリースクール、デモクラティックスクール情報

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

【保存版】日本各地のあたらしいサドベリースクール

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

不登校はレインボー。学校に行っていないから将来が不安という方へ

学校に行けないことが問題なのではなく、学校を選べないことが問題

 

おすすめ記事セレクション

不登校が絶対に治らない理由

不登校の卒業式:小学校、中学校不登校でも卒業できます

小中高に行かないことを選んだわたしが学校に思うこと

不登校は自分自身が幸福であるための生き方のひとつ

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

お母さんのがっこう365 スケジュール

1709ok  

書籍案内

小さな天才の育て方・育ち方-小・中・高に通わず大学へ行った話

親子で書き下ろす新しい教育書! AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本『小さな天才の育て方・育ち方-小・中・高に通わず大学へ行った話』が2016年6月29日に発売されました!

amazonでのご購入はこちら↓↓

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

【保存版】日本各地のあたらしいサドベリースクール  

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧  

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧  

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です