学びとは没頭である!堀江貴文著『すべての教育は「洗脳」である』

IMG_2519

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事セレクション

不登校の卒業式:小学校、中学校不登校でも卒業できます

学校に行けないことが問題なのではなく、学校を選べないことが問題

「学校に行かないで将来はどのようにお考えですか?」とカウンセラーの先生に尋ねられて

デモクラティックスクール(サドベリースクール)/手記 ―子どもから教えられたこと―

 


 

am3こんにちは、AI-amの吉田 晃子です。

学校教育という洗脳を解くための一冊、堀江貴文さんの新刊、『 すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 』を読みました。知ってましたか? 学校の正体?

IMG_2519

 

学校は「常識」を植え付けるためにある

堀江貴文さんの新刊、『 すべての教育は「洗脳」である~21世紀の脱・学校論~ (光文社新書) 』を読みましたー。

 

既存の教育を洗脳と呼び、そこから抜け出すことを推奨されているホリエモン。

本書の冒頭で、その「洗脳」のイメージをつかみやすくするために、宗教団体・オウム真理教のことを書かれているんですね。

でもって、「洗脳は悪い人たちによる特別な行為で、”常識的” に暮らしている自分とは関係のないものだ」と思っているのならそれは大違いだ。と。これ、ほんと、その通りです。

 

学校に行くのはあたりまえと思っていた方(親)のお子さんが不登校になって、いまは不登校から解放された親御さんなら「うん、うん」と頷かれるかとおもう、あの、学校信仰ですよ。

子どもが不登校になってくれなかったら、気づけなかったとおもう、あの学校信仰。

気づいたあとも、あれ、最強のボンドでくっついてるもんだから、そうは簡単に剥がせなくてね……。

厄介すぎる あの、国家ぐるみで行われている あの、学校信仰…… 洗脳。

 

 残念ながら、普通に暮らしている限り、「常識」という教義の危険性に気づく機会は少ない。それは「常識」の洗脳が、国家ぐるみで行われているからだ。国家は、全国に4万6000箇所もの “出先機関” を設け、この国で暮らす人たちすべてをその魔の手にかけている。
 その出先機関とは、「学校」だ。

引用:『 すべての教育は「洗脳」である~21世紀の脱・学校論~ (光文社新書)

 

やりたいことを我慢し、自分にブレーキをかけ、自分の可能性に蓋をすることを推奨する恐ろしい洗脳が、白昼堂々なされているのが今の学校なのだ」と堀江貴文さんは言い捨てます。

彼らはなぜ、誰を、どのように洗脳しようとしているのか?

どうして学校に行かなきゃいけないのか?

それらを知ることが、洗脳から逃れる第一歩になるはずだと願って、わたしたちを洗脳した「学校」の正体に迫られます。

「国つくり」のための学校

学校に行けないことが問題なのではなく、学校を選べないことが問題 の記事でわたしは、学校教育が掲げている目標は、個の尊厳ではなく、国家が望む人間になるように、国が定めた規格品に適合させることだと書きました。

このことを本書は、「使いやすい労働者」を大量生産する工場 と小見出しをうって、さらに詳しく書かれています。

何箇所かの講演先でお話しさせてもらった産業革命時代につくられた「国つくり」のための学校のことも、堀江さんは平たく審らかにされていて、学校で教えられた常識がいかなるものか、手に取るように読めるかとおもいます。

 

 子どもは人格的に完成していない。だから「あるべき人間像」としての道徳を教え、「完成」に導かなければいけない……日本の学校教育の芯にあるのはこうした考え方だ。一方では子どもたちの人権を語りながら、もう一方では子どもたちを未熟で不完全な存在として断じている。学校が嫌な場所になるのも当然のことだ。
 結局、軍国時代に基礎が築かれた教育システムというのは、人を鞭打ち、「お前は半人前だ。早く一人前の軍人になって、戦えるようになれ」とけしかけるものでしかない。そしてこの21世紀になっても、大半の学校は、当時のシステムを考えなしに踏襲している。

引用:『 すべての教育は「洗脳」である~21世紀の脱・学校論~ (光文社新書)

 

情報化社会になってる21世紀に、学校だけが未だ産業社会でいます。まるで 明治18年(1885年)の亡霊を連れた教育亡国 です。

子どもたちを一箇所に集め、同じ時間、同じカリキュラムで、同じ教科書によって、たったひとつだけ用意した小さくて狭い枠のなかに無理やり押し込めようとしますが、そんなものに洗脳される使命はありません。

学校という教育の場から教育を追い出して、子ども「を」生きられない世界に変えてしまった……。

堀江さんは言われます。もう「学校」は必要ない と。

 

章のタイトル

上記は主に、第1章 学校は国策「洗脳機関」である からの感想です。

 

つづいて、第2章 G人材とL人材 。G人材は、世界規模 “グローバル” を行動範囲とする人材。L人材は、地元 “ローカル” に根付く人材のことで、学校がいらない理由と「所有」、これからの人々の幸福の指標となるものについて書かれています。

 

第3章 学びとは「没頭」である につながり(下記)

 

第4章 三つの「タグ」で自分の価値を上げよ! では、「学校」と「貯金」は同じだとして、将来への「蓄え」を重んじる考え方のことを「貯金型思考」と呼びます。すぐに動こうとしない人、学校で学ぶことに執着する人たちは、この「貯金型思考」に強くとらわれている人たち。

一方、自分の思い描く理想像に近づきたいと勇気やワクワク感をマインドとする「投資型思考」。

日本人は貯蓄が大好きだが、堀江さんは貯金は「無駄」と言い捨てます。お金、時間、努力より重要なものがある。それはなにか?

また、付加価値のあげ方が詳しく書かれていて、自分の「好き」「やりたい」に没頭する原動力となる章でした(この章からいただいたもの、あらためて記事にします)。

 

第5章 会社はいますぐ辞められる は、タイトル通りで、学校による洗脳が骨の髄まで染みわたっている大人たちが洗脳から抜け出すにはどうすればよいのか? 1つしかない答えについて書かれています。ワクワクセンサーがピッピッピッピ反応する、読んでいてとても楽しい章でした。

 

学びとは「没頭」である

 何のために何をするのか、どんな風にするのか、すべてを自分で決め、自ら責任を負いながら突き進む力。新しい時代を楽しく生きるために必須のこの能力を、僕はシンプルに「没頭する力」と呼んでいる。

引用:『 すべての教育は「洗脳」である~21世紀の脱・学校論~ (光文社新書)

 

「学び」という言葉の定義について堀江さんは、「学び」とは、没頭のこととされています。

脇目もふらずに没頭し、がむしゃらに取り組める体験のすべてが「学び」だと。数学や英語、料理、ダンス…… 対象はなんであれ、その人が心から没頭できていれば、それを「学び」ととらえられています。

未知の領域に足を踏み入れ、新しい体験や考え方を味わうことのすべてが学び。だから、場所は学校や企業に限定されないし、正解もいりません。

「学び」は常に能動的で、すべては、「自分で切り拓いていく」営みなんだと言われます。

 

没頭している人は、一日中それについて思考をめぐらし、新機軸を思いつきます。失敗を恐れずに試行錯誤を重ね、努力や苦労の過程も含めて全容を楽しむことができます。

学びは、没頭のなかにこそある。誰かに言われてする「お勉強」のなかには学びの本質は存在しません。

本のなかで堀江貴文さんが、東大受験の際に英単語帳を一冊丸々暗記された話が載ってるんですね。

それに取り組めたのは、自分から「単語を暗記しよう」と決意したからだと。自分で決めたペースで暗記をすすめた。すると、まるでゲームにのめりこむように、その暗記作業に楽しく没頭できた、とありました。それを読んでね、

 

 星山海琳 さんが、12年間の勉強( ⇒ 12年間の勉強が2ヵ月半?〜小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇 )をしていたときにみせた、彼女の、新月のような浄らかな美しさをおもいだしたんです。

最高におもしろい遊びだったんでしょうね。

夢をみているだけじゃ叶うあてのない望み。それを実現するんだと、抑圧や評価のない野良に咲いたカラダが遊学の自由をたのしんでいました。

 

あ、わたしが使う「遊び」という言葉は、堀江さんの言う「没頭」と似ているものです。

わたしもまた、遊びは重要な学びである、とおもっています。

その遊びには、勉強も、あそび(← 「遊び」と「あそび」をわかりやすくするため、多数の人がとらえている遊びのほうを今だけ ひらがなにしておきます)も含まれます。

学校で習う教科の勉強と、ゲームはどちらも等しく遊びであり、重要な学びである、という考えをもっています。

 

ぼくはゲームが好きです!子どもがゲームをやめないといけないのはなぜですか?

 

 

自分の興味に基づいた、自分にとって好きな遊びの活動は、誰かが、何かが、邪魔をしなければ、創造する能力を開花させる真剣な学びです。

遊びによって育つもの。創造力、集中力、思考力、洞察力、行動力、実践力、能動力、忍耐力、体力、技能、個性、自主性、主体性、協調性、自省心、愛他心、etc。いずれも 豊かな知恵を生む貴重な財産 です。

 

そう。誰かが、何かが、邪魔をしなければ!

同じことを堀江さんも言われています。

 

 学校という集団教育の場は、没頭を否定し、天才を否定し、オールBの常識を植え付けていく洗脳機関なのである。
 では具体的に、学校はどんな手段を使ってその洗脳を行い、すべての子どもをただの凡才に仕立てあげようとするのか。
「禁止」である。

(略)

 あれをしてはダメ、これをしてはダメ、と禁止のルールを増やしていくことは、非情にコストの安い教育手法だ。教師たちは難しいことを考えず、ただ禁止の柵からはみ出した者を叩いておけばいい。
 禁止のルールを十分に身につけた子どもたちは、晴れて常識人として、そして凡庸なジェネラリストとして社会に出ていくことになる。そして彼らは、大人になってからも自分で自分にブレーキをかけ続けてしまうのだ。

 

オールBの常識・・・「オールB」思考にとらわれた学校 の小見出しで書かれていることで、「オールB」も巧みな罠で成り立っているんですー。その理由も記してくれていて、もう、ほんと、Fuuu〜です。

 

あ! 3月24日(金)の、よっぴー流子育て講座は、洗脳されていた自分を知り、これまでと異なる視点をお伝えしているので、『すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論』で知ったことも合わせて、みなさんで没頭したいな、とおもいます!

ピーンとこられた方! いっしょに遊ぼう!!  (詳細は下記)

 

 

義務教育の「常識」を捨てろ

 

好きなことにとことんハマれ!

 

 

たくさんの人に読んでもらいたい本だな、これ!!

すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)

すべての教育は「洗脳」である~21世紀の脱・学校論~ (光文社新書)

 

おまけ↓↓

「今の小中の教育を受けてたら、これから10年後、使い物にならない人材になりますよ、間違いなく」

スクリーンショット(2017-03-20 19.29.06)出典:livedoor news

 

 

3/24(金)
「よっぴー流子育て 教えない・奪わない・求めない nai nai 講座」

教えないこと、奪わないこと、求めないこと。そうすることで育ちつづけていくものは、天才性だけではありません。
子育ては目指すものじゃなく、楽しむもの!
3月の1日集中講座は、24日(金)開催です。

 

3/25(土)・26(日)
親と子がハッピーになるコミュニケーション講座

縁があって親子になれたふたりだからこそ、「仲良く」ではなく「仲良し」でいたいもの。
ハッピーな親子のための、コミュニケーションのありかたを学びます。
3月の2日間集中講座は、25日(土)・26日(日)で開催します!

 

☆どちらの講座も、週1回オンラインで受講いただくこともできます!
また、出張講座も承っています。お気軽にお尋ねください。

 

お問い合わせ、ご参加は、
メール aiam.life365@gmail.com へお気軽にご連絡ください(*☻-☻*)

 


 

AI-amからのお知らせ・情報

お母さんのがっこう516 スケジュール

1703sc2
最高の不登校の見つけかた(これからの学びについてのご相談)

これからの学びについてのご相談 】は、吉田・星山ふたりで、お話を聞いて、ご相談についてお答えしたり、ご相談いただいた方といっしょに考えていきます。

next

 

お母さんのがっこう516 授業

親と子がハッピーになるコミュニケーション講座

親と子がハッピーになるコミュニケーション講座 】は、聴きかた、それから話しかたをロールプレイで学び合い、双方がイヤではない解決の仕方も実践的に学んでいきます。

happy

 

よっぴー流 教えない・奪わない・求めない nai nai 講座

教えない・奪わない・求めない nai nai 講座 】は、方法を知ったり、スキルを磨くのではなく、本質に焦点をあてて、親と子がハッピーになる根っこの部分を学んでいきます。

nainainai

 

自分を知る読書会

自分を知る読書会 】は、みんなで同じ本を読みすすめ、そのあと自由にディスカッションしていく授業です。一冊の本を読み進めながら、正解を求めるのではなく、「自分を知る」ということを学びます。

book

 

その他

ワークショップ、教育ディスカッション、高認はげまし隊など詳細は 日替わり授業・催し をご覧ください。

 

お母さんのがっこう516 所在地

お母さんのがっこう516

大阪市中央区博労町4-6-17 第三丸米ビル 516号

大阪市営地下鉄
御堂筋線/心斎橋駅・本町駅から徒歩約5分
四つ橋線/四ツ橋駅・本町駅から徒歩約5分
長堀鶴見緑地線/心斎橋駅から徒歩約5分
中央線/本町駅から徒歩約5分

 

AI-amの2017年 講演等予定

2月19日(日) 兵庫県姫路市《「子どもは小さな天才 育て方・育ち方」トークショー》終了しました
・4月30日(日) 山口県長門市
・5月予定 京都府亀岡市
・5、6月予定 長野県諏訪市
・9月予定 北海道

連絡先
講演等依頼は、 講演・講座・取材等のご依頼について からお気軽にご連絡ください。
出張講座やおしゃべり会などのご依頼も随時受け付けています。

 

書籍案内

処女出版/『小さな天才の育て方・育ち方 小・中・高に通わず大学へ行った話』

親子で書き下ろす新しい教育書!
AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本『小さな天才の育て方・育ち方 小・中・高に通わず大学へ行った話』が6月29日に発売されました!
amazonでのご購入はこちら↓↓

 

サドベリースクール、デモクラティックスクール情報

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

【保存版】日本各地のあたらしいサドベリースクール

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

不登校はレインボー。学校に行っていないから将来が不安という方へ

デモクラティックスクール(サドベリースクール)/手記 ―子どもから教えられたこと―

 

おすすめ記事セレクション

不登校が絶対に治らない理由

不登校の卒業式:小学校、中学校不登校でも卒業できます

小中高に行かないことを選んだわたしが学校に思うこと

不登校は自分自身が幸福であるための生き方のひとつ

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

お母さんのがっこう365 スケジュール

1709ok  

書籍案内

小さな天才の育て方・育ち方-小・中・高に通わず大学へ行った話

親子で書き下ろす新しい教育書! AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本『小さな天才の育て方・育ち方-小・中・高に通わず大学へ行った話』が2016年6月29日に発売されました!

amazonでのご購入はこちら↓↓

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

【保存版】日本各地のあたらしいサドベリースクール  

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧  

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧  

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です