不登校はいいけどシングルマザーだから、共働きだから、留守番させられなくてお困りのママ必見!こんな方法はいかが?

hands-105455_640

 

am3こんにちは、AI-am(アイアム)の吉田 晃子です。

子どもが不登校になったのは、まあべつにいいのだけれど、

子どもはまだ1年生(または低学年)で、でもって、離婚してシングルマザーだから、、、共働き夫婦だから、、、

だから家にひとりで置いておくわけにはいかないから、まだ留守番はムリだから、、、

だから「不登校」にさせてあげられなくて、騙し々学校に行ってもらってて…… という方へ。

子どもと話し合う

学校に行かないで済む方法はあります。

行かないで済む方法を見つけるまで考えぬけば、あります。

 

まずは、お子さんと話し合う

騙し々学校に行ってもらってて…… って親御さんは言うのですが、そんな安直な理不尽なことはせず、

わが子を 子ども扱いするのではなく、ひとりの人として敬意をこめて、対等に話し合ってみて はいかがでしょうか?

「不登校」はするものであって、させてあげるものではありません。

 

自分(親)が不利にならないように丸め込むとか、

都合の悪いことは言わないとか、

高圧的に話すとか、

なにかで釣るなど条件付けもしないで。真正直に

 

なにを言っても怒らない・怒られない安心、非暴力の安全のなか

尊敬し、支え合い、助け合える子どもと話し合えたとき、想像もしなかったアイデアや考えがでてきます。

※「 親と子がハッピーになるコミュニケーション講座 」では、「聴き方」「話し方」「話し合い方」などを学んでいます。

 

あわせて読みたい

頭ごなしに怒るのはNG!自分に正直に生きる勇気が奪われる

 

まだ無理だから

それから、

まだ1年生だから、、、とか、まだお留守番はムリだから、、、と言う親御さんがいますが、この「まだムリだから」の言葉は、もう死語 にしませんか?

聞いていて悲しい気持ちになります。

言い訳にきこえます。

 

子どもがなにかをやろうとしている(今回だったら「学校に行かない」がやりたい)ときに、本人ではない親のほうが先に、否定とか、決めつけの言葉を投げかけて、

子どもの「やりたい」にブレーキをかけるということは、子どもの「学び」「育ち」を奪っているってことです。

失敗する自由をも奪っています。

それは子どもの人生です。

 

どうせ無理だから

それって、

「どうせムリだから…」の子どもを育ててしまいます。

「どうせムリだから…」と思い込んでいるから、「どうやったらできるか」を考えてみることをしてみたりはしません。

 

子どもの「やりたい」にブレーキをかけるということは、こうやって

「やってやる!」から「どうやって?」という、「自分という人間の欲求を解放する」ことから「考える力」ひとつをも奪ったってことです

 

こうやって、なによりも大切な、子どもの「好奇心」を曇らせていくんです。わたしたち親は。

好奇心を曇らされ、自分のことなのに何がやりたいのかもわかんなくなった、わたしたち親が。

 

無気力な、無関心な、無感動な、かつ、依存心は強い 人に育っていきます。

 

ゲームばかりして困ってるんです…… と言われる親御さんの子どもさんは、もしかしたら、「ぼくも卵焼き作ってみたい!」と言っていたのかもしれません。

「ゲームをつくりたい!」と言っているのかもしれません。

 

「まだムリだから」、

「どうせムリだから」と、

からだより頭で生きているわたしたち親は、見えるものしか聞こうとしないだけで。

 

方法やアイデア

話が少しばかり逸れてしまいました。

たとえばこんな方法やアイデアがあるんじゃないかなあって思いつく案を 2、3、書いてみます(あとは子どもさんと考えてくださいね)。

 

ひとりで家に居る

  • 子どもさんと話し合って、子どもさんが「ひとりで家に居る」または、「学校に行くぐらいだったら、ひとりで家に居る」って言うんなら、それが◎。

あとは、ひとりで家に居る間のあれこれを決めればいいですね(ピンポーンには出ないとかそういうこと)。

スカイプやZOOMをつなげっぱなしにしておくのも、安心がアップするのではないでしょうか。

 

フリースクール等に行く

  • フリースクール等に行きたいって言うんなら、それが◎。

いろいろ探してみればいい。
>>>>> 全国のフリースクール一覧【随時更新】
>>>>> 日本のオルタナティブスクール一覧/不登校はもう古い!フリースクールや学校以外の選択

家から通えるところ、という発想でスクール等を探すほか、「このスクールに行ってみたい!」から探す方法もあります。

デモクラティックスクール(サドベリースクール)では引っ越しされてくる方は珍しくありません。

 

家で誰かと居る

  • 「家がいい。でもひとりはイヤ」であれば、家に来てくれる誰かをさがすのが◎。

祖父母、友人、知人をはじめ、たとえば何らかのこと(たとえばヨガとか)をしたくてスペースをさがしている人に、昼間、部屋を提供するのも手。

シッターさんに来てもらうのもありですね(ちなみによっぴーはこのバイトをしてました)。

家庭教師(勉強がメインでもいいし、遊んでくれる人でもいいし、これもまた子どもさんと話し合って決めてくださいね)に来てもらう。

経済的に、もしくはここにお金は出したくないのであれば、ボランティアを募集してみてもいいですね。

海琳さんがイタリア語を話せるようになりたいってなったとき、当時9歳だった彼女は、大学やイタリアンレストランなど、イタリア人がいそうなところに募集の紙を(作って)配りに行ってました。

 

あるシングルマザーの場合

以前、ご相談を受けられた、あるシングルマザーのお母さんは、正社員の仕事を辞め、近所の歯科医院の受付けをされるようになりました。

子どもさんを保育所にあずけられていたのですが、行きたくない! ってなって…… 、途方に暮れられて……。

 

お母さんにも、そして(いっしょにご相談に来られていた)子どもさんにも、「これから、どうしたいですか?」と尋ねると、「いっしょにいたい」とふたり。

だったらそのやりたいこと=「いっしょにいたい」をどうしたらやれるか、ふたりともがイヤじゃない方法を考えればいいだけです。

※ わたしたち吉田・星山の個別相談では、親と子がハッピーになるために今後どのようにすればいいのか、関わればいいのかを考えて、積極的にアドバイスもします。
>>>>> 最高の不登校の見つけかた(これからの学びについての個別相談)

 

そうしたらね、その帰り道、駅から家への途中にあるその歯科医院の貼り紙が目にはいったそうです。

事情を話すと、こころよく「同伴出勤」をOKしてもらえたそうで、子どもも歯科医院で、みんなで「いま」を暮らされています。

 

今日の本

「超」育児

<11/16・宮崎>『親と子のハッピーなコミュニケーション』よっぴー&まりんトークライブレポート でも書いたことなのですが、4歳以上の子どもは「子ども」ではありません。

ひとりの大人です。

四歳よりも上の子にとって、成熟するとは何なのでしょう?
成熟の最も大事な要素は分別(判断力)です。

子どもは四歳になるまでに、問題をどのように解決したらいいか、どんなふうに判断したらいいか、あるいはそろそろ自分の理解の限界に達したか——と、自分なりに判断するセンスを十分、発達させます。
しかし、私たちの社会は、この事実をなかなか信じようとしません。分別はもっと後の年齢になって付くものと、大半の人は考えています。それが十三歳か十六歳か、十八歳か二十一歳か、見方はさまざまですが……。

私の見るところ、四歳より上の年齢層で分別が急につく、ということはありません。
四歳、五歳、六歳児の決断にも、四十歳での判断プロセスのすべてを見ることができるのです。
疑問・情報・経験を考え合わせながら進めていく子どもの判断プロセスは、大人とまったく同じであって完全に成熟したものです。

年齢によって違いがあるとすれば、それは判断の際に使う知識、経験、学習の量でしょう。しかし判断のプロセスの質的側面は、あらゆる年齢に共通しています。
このことはしっかり覚えておきましょう。
五十歳の人にしろ、新しい状況で厳しい決断を迫られたとすれば、子どもたちと同様、どうしていいか分からなくなるはずです。

こんな言い方があります。大人が難しい状況に陥って、どうしたらいいか分からないとき、必ず呟く「まるでガキみたいなものだ」という言い方が…。
言葉は、社会的な偏見を映し出すものです。

引用:「超」育児

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書! AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

【保存版】日本各地のあたらしいサドベリースクール  

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧  

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧  

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です