【依存と自立】ふたつの願いを持って生まれてくる子どもの成長と親の役目

cat-1165112_640

am3こんにちは、AI-amの吉田 晃子です。

ふたつの願いを持って生まれてくる子どもの成長と親の役割について。2008年に「デモクラティックフィールドのらねこ」をつくったときに書いた、9つの「おもうこと」のなかから、「依存と自立」「信頼がカギ」の転載です。

 

親の役割

親の役割。それは親に対して依存状態の子どもを自立へと育てること。これに尽きるでしょう。

どんな時代にあっても、どこの国であっても、子どもにしあわせであってほしいとおもうのは共通の願いだとおもいます。

そして、子どもの成長。これもまた、いつの時代も万国共通だとおもいます。

 

子どもの成長 ー 人はふたつの願いを持って生まれてくる

赤ちゃんは、ふたつの願いを持って生まれてきます。

ひとつめは、くっついていたい、甘えていたい、頼っていたいという依存(所有的精神)です

生まれてから1年くらいのあいだは、100パーセント親に依存していないと生きていけません。

そのあとも下降線を辿りつつも長い年月、依存状態は続きます。

 

ふたつめの願いは、自らが学んでいきたい(創造的精神)とする自立です

子どもは、この依存と自立のあいだを、ジグザグに行ったり来たりしながら、自立への道のりを歩いていきます

思う存分に依存できることで自分の中から安心感を生み、探検へと一歩踏み出していく。何かあると戻ってくる。また出かける。戻る。この行き来を繰り返しながら成長していきます。

 

合わせて読みたい記事 ↓↓

4歳というのは、母と子が入れ替わる時

自立の始まり

自立の始まりは、手を口に入れようと持っていこうとしはじめたとき です。

手があることを発見し、その手を動かすことができることを発見したのです。

やがて 移動の自立です。寝返りをうてるようになり、座れるようになり、歩けるようになります。

食べることの自立も始まります。自分で手づかみで食べようとするのは、ひとり立ちへの大切な要です。

同じく、「まんま」などとしゃべるようになるコミュニケーションの自立(会話)もまた、生涯を通じて学びの柱となります。どれも重要な骨子です。

 

親は裁判官や批評家に変身しなくていい

子どもに、依存することを止めさせると、自立はできません

子どもが依存したくて戻ってきたときは、痛み(時に喜び)を共有して、ぎゅうっと抱きしめてあげる(共存)。(少年期以降であれば真摯に向き合って話を聴く)

逆に、自立しようとしているときには、手出し・口出しはしません。手を口に入れようとしているのをやめさせてはいけません。

このときに干渉すると、子どもを依存へと後退させてしまいます。(甘やかすと甘えさせるの違い)

 

子どもが、自分で手づかみで食べたがるのを、何らかの理由により阻止して親が食べさせたり、自分の足で歩きたがっているのを、時間がないなどの理由で抱っこやベビーカーに乗せたり、一生懸命ボタンをかけようとしているのを、「ママ、して~」という前に親がしてしまったり…。

口もでます。このときの親が吐く言葉は、概ね相手を否定した言い方や、指図、干渉。

もしくは「えらいね」など評価をくだした言い方です。

支配愛(親の愛)は、裁判官や批評家に変身させます。

 

最大なる親の役目

人間の基本的な信頼感というのは、乳幼児期に形成される ものだとおもいます。

子ども自身の育ち(依存と自立)のペースに、親が歩調を合わせ、他者といっしょに生きることで得る共鳴や共感の体験を通し、呼応や協調や創造の喜びを子ども自身が自分の体に刻んでいけるよう勉めることが、最大なる親の役目ではないでしょうか。

 

親は、子どもの「好き」を、自由にやりたいだけやれる安心な環境つくりに徹し、親の期待に反する思考や行動を取ったって、あなたはダメな子じゃないあなたはあなたのままそのままで素晴らしいあなたはあなたのままで、かけがえのない価値がある、尊い存在なんだ。と、子どもがほんとうの自分のままで生きていけるよう(天職を生きる)、いつ・いかなるときも子どもを肯定し、尊敬の眼差しを贈りつづける

親が子どもを信じないのなら、子どもは親を信じられません

 

信頼がカギ

自立に向けての道幅は、子どもの年齢が上がるにつれてどんどん広がっていきます。

親や社会の常識など、他者の価値観などで決めてしまう生き方や、いい学校に入ることや、社会的成功をおさめることに目標を置く生き方ではなく、自分で人生の道を切り開き、自分の生き方に自尊心を持ち、自ら創りだす能力が自分を幸福にさせることを知り、愛とよろこびに満ちた豊かな人生を生きていって欲しいと願うのであれば、一切の学び(自立)を子ども自身に任せる ことです。

 

子どもたちは大人に指図や規制されなくとも、自分で学び、成長することができる」それはなぜか?

人は自らが自らを成長させる力を誰もが生まれながらにして持っている からです。自然摂理です。

自由・自律・自治、権威主義の排除は、その力が健全に育つのをまもります。

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

よっぴー・まりんから学ぶ1泊2日の勉強会「あいしあってるかい」

1泊2日、まるまる24時間と少し。

よっぴー・まりんといっしょに過ごすことで、あらゆるものを学びとってください。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です