社会が求めている「自分」を見つけようとしていませんか?

antique-990367_640

 

am3こんにちは、AI-am(アイアム)の吉田 晃子です。

前回の記事、 子どもが変わる肯定的な言葉がけ!『言葉は現実化する』否定形の声かけは脳に伝わらない? のつづきです。

かえってきた言葉

スーパーのフードコートで、できあがったラーメンをお母さんに頼まれて取りに行った年長さんぐらいの男の子・Nくんが、転んで、ラーメンを落としてしまった。

1歳になったぐらいの娘さんに授乳中だったお母さんがそのとき言った言葉、↓↓

「なにやってんじゃ、このボケ! 役立たずか、お前は! こぼしなやって言うたやろママ。なんで言うこと聞けへんの! ほんっまアホかお前は! Nはそれ食うとけ!」

 

声も涙も出さずに泣いている人

咄嗟にわたしね、そのときね、

図々しくもそのお母さんを抱きしめてしまったんです。

 

「おばはん(←わたしのことネ)なんなん? なにすんねん?」といった驚きは感じた。

拒絶も感じた。

 

感じたけど、瞬間接着剤でくっつけられたみたいに離れられなくて、

抱きしめながら、なに言ったのか、なんも覚えていないけど、

そのお母さん、堰を切ったように泣き出した。

 

最初の涙がこぼれてしまうと、あとはもうとめどがなかった。

Nくんも、イスに放り出された娘さんも泣いているのだけど、お母さんがだれよりも赤ちゃんみたいに大きく口を開けて泣いた。

わたしも泣いた。

 

しつけられた わたしたち

からだのなかで泣いている人に、笑い方を教えようとするじゃないですか。

困っている人に、困らなくなる方法を教える教室がはやっているじゃないですか。

 

困らなくなる方法を教える前に、「『助けて!』と叫びなさい」となぜ教えなくなったのでしょうか。

人をつなぎ、

人の力を借りる「助けて!」という言葉は大切です。

 

しかし、不思議な「専門家」たちは、しつけられた社会をつくります。

 

そっくりな不平等

近くにいたおじいさんが言ったんです。「ちゃんと愛したれ」って。

 

このお母さんは、Nくんが取りに行こうと席を立ったときから、

注文したコーナーに向かうNくんの後ろ姿、

ラーメンを差し出したお店の人に何かを言われて(うれしくなる言葉だとおもう)笑みでうなづくNくんの表情、

ラーメンが乗ったお盆を両手でしっかり持った真剣さ、

その始終に母の愛情が注がれていた。

それは応援のまなざしだったんだよ。

 

百万人の盲人

「なにやってんじゃ、このボケ! 役立たずか、お前は! こぼしなやって言うたやろママ。なんで言うこと聞けへんの! ほんっまアホかお前は! Nはそれ食うとけ!」

五十歩百歩でわたしたちも言ってしまいますよね、こんなとき。

「なにやってるの!」って。

 

あのね、おじいさん。Nくんに本気で関わっているのは、

お母さんなんです。

 

怒りをつくれる人は怒らなくてすみます。

つくれない人が怒るのです。

 

※ 次回はこのうえで、自己肯定について書きたいとおもいます。

 

今日の本

子どもが育つ魔法の言葉

世界22カ国で愛読され、日本でも120万部を超えるベストセラーとなった子育てバイブル! 子育てでもっとも大切なことは何か、どんな親になればいいのかというヒントがこの本にあります。

 

ガープの世界

巧みなストーリーテリングで、暴力と死に満ちた世界をコミカルに描く、現代アメリカ文学の旗手J・アーヴィングの自伝的長編。

 

AI-amからのお知らせ・情報

お母さんのがっこう365 スケジュール

1711  
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書! AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

【保存版】日本各地のあたらしいサドベリースクール  

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧  

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧  

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です