KGBジェノサイド博物館【バルト三国リトアニア・ヴィリニュス】

20081130045010

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事セレクション

不登校の卒業式:小学校、中学校不登校でも卒業できます

学校に行けないことが問題なのではなく、学校を選べないことが問題

「学校に行かないで将来はどのようにお考えですか?」とカウンセラーの先生に尋ねられて

不登校はレインボー。学校に行っていないから将来が不安という方へ

 


 

am3こんにちは、AI-am(アイアム)の吉田 晃子です。

旧ソ連の秘密警察KGBが総本部として使っていた建物(現、リトアニアKGB博物館)の画像と、KGB博物館に行ってかんじた尊厳と自由の大切さについて書いています。

20081130045010

KGB博物館

KGBとは1954年からソ連崩壊(1991年)まで存在した旧ソ連の秘密警察(秘密謀報機関 NKVD、後にKGB)のことをいいます。

リトアニアの首都ヴィリニュスにあるKGB博物館は、KGBが実際に1940年から1991年の50年間、総本部として使っていた建物で、博物館自体がもと収容所でした。

 

多くのパルティザン、政治犯、聖職者、知識人から普通の人まで…、旧ソ連領となる前からKGBに監視されていたリトアニアの人々は、KGB本部(現、KGB博物館)に連れて来られ、拷問を受けたり、シベリアに送られたりしていました。

(リトアニアを占領後すぐに、同じくバルト三国のラトヴィアとエストニアも占領され、シベリア奥地への大量流刑も開始された)

 

そのときの拷問や虐殺、銃殺が行われた部屋や道具などが保存されていて、一般公開されています。

[Website]http://genocid.lt/muziejus

 

拷問、虐殺が行われたまま残っている地下室

20081201032344

各部屋ごとに、英語とリトアニア語で、パネルや説明文が記されています。
(わたしは英語もリトアニア語もわからないので読めませんが^^;)

 

 

20081202234021

KGB博物館の表には「虐殺犠牲者の博物館」と書かれたプレートが掲げられています。

1階入り口でチケットを購入して道順通りに階下に降りて行くと地下室への扉があります。

 

 

20081202235303

地下室への扉、その扉を開けた瞬間…

そこに漂う温度や臭い(におい)、空気の不気味さに足がすくみました。

冷たく(訪ねたのが冬だったのでことさらに寒かったのだとおもいます)、かび臭く、薄暗い長い廊下の左右に部屋が並びます。

新しく連れられた政治犯の写真撮影室、看守の詰め所、椅子・机が床に固定された訊問室、収容室などです。

 

それらの部屋が並ぶ前、入ったところすぐに、なんとか立っていられる? ぐらいのスペースしかない拘禁室、立ち牢があります。

まず入ってきた政治犯は、ここでトイレに行くことも許されず、何日間かを過ごす。(略)

つまり、数日間、ここで過ごす。

足を折って過ごすこともできない狭さなので、疲れて足を折ると、そこが圧迫されて鬱血し、足の血の巡りが悪くなる。長くなれば、足を切断することになるかもしれない。

政治犯は、自分の汚物の臭いが充満した部屋で、座ることも許されず、人間性を否定されて抵抗する意思をそがれるのだという。

http://hhj.blog.so-net.ne.jp/2015-09-01より引用

 

 

20081201033138

拷問室の扉。
苦痛の叫びが外に漏れないように、吸音材や防音材として分厚いクッションが貼られています。

 

 

20081201032959

天井、壁全面に張り巡らしたクッションには、血のにじんだ痕が残っています。

奥に見える黒いものは、骨が折れるほど強く体を締め付けるための囚人服。と、「地球の歩き方」に書かれてあります。

 

 

20081201032852

この拷問室は、水責めにする拷問室です。

部屋の中央に直径30センチ程の丸い台があり、政治犯は裸にされて、そこに立たされ、それ以外の周りは冷たい水で満たす。

凍るような冬場、ずっとその上に立っていなくてはならない。眠れば凍った水に落ちるので、眠ることはできない…。

 

 

20081201032722

説明文の英語が読めないのでわからないのですが、たぶんこのタイプの部屋は収容室なんじゃないのかなとおもいます。

いったいここに何人の人が入れられたのだろう…。

 

 

20081201033350

トイレは1日1回、1度に皆で使わなければならなかったと、これまた「地球の歩き方」に書かれていました。

しかも使用時間は5分だけ。

和式風便器が3つ。仕切りはありません。

 

 

20081201033433

シャワーは月に1度だけだったそうです。

 

 

20081203004506

各部屋を過ぎた先、地下2階に、この画像の部屋があります。

画像の奥が、銃殺が行われた暗殺室です。無数の銃痕と、こびりついて取れないのでしょう、血痕が一面びっしりでした。

暗殺の状況を知ることができるビデオが流されているのですが、数秒しか居ることができません。映像がきついとかなんとか言う以前に、臭いがムリなのです。ここまで通ってきた臭いとは比ではなかったです。

遺体は見せしめにと広場などにも放置されたそうです。

床がガラス張りの展示になっている画像の部屋は、眼鏡や靴、歯や人骨などが保存されています。

 

 

20081201033735

見ての通り、毒ガスマスク。

1階、2階は、ほかにもたくさんのあらゆる物や手紙、写真パネルなどが展示されています。

盗聴機室など当時のままの部屋も見れます。

 

 

20081204020939

KGB博物館、虐殺犠牲者の博物館の前にある犠牲者を追悼したモニュメント(左に見える建物が博物館)。

 

通りに面した場所に石をたくさん積み上げた慰霊碑があり、そこでしばらく立っていたのですが、女性がひとり、お花を飾っていました。わたしに気づくと「ラシアン、パンパンッ!」と言って右手で自分の頭を撃つ仕草をしました。緊張しました。女性が話しはじめます。

通訳さんによると、或る日突然、KGBが来て家族全員シベリア送りにされたそうです。お父さんがリトアニア軍将校だったことと、お母さんが知識人として有名な人だったことから12歳のお姉さん、9歳のお兄さん、そして2歳だった彼女もシベリアに。苛酷な労働と激烈な環境の下、両親が亡くなり、姉、兄も若くして亡くなり、末娘の彼女だけが生き延びて苦難の連続の人生だと言います。

リトアニア各地から届けられた石を積み上げたこの慰霊碑に、毎月お参りし、お花を供えて「ここで、亡くなった家族と話をしてるの」と優しい顔で言った時、聞いていたわたしの胸は張り裂けそうでした。

出典:マガジン9:http://www.magazine9.jp/

上記は、マガジン9/ 木内みどりさんのコラム「人間の鎖」 より引用させてもらったものです。このあと3・11のこと、政治や社会参加について、感じていること、気になっていることを 「本音」で綴られています。

国立ユダヤ博物館と杉原千畝

20081203220353

近年の歴史を辿りたく、KGB博物館を訪ねる前に、国立ユダヤ博物館にも行きました。

リトアニアは1940年6月ソ連の侵攻により独立を失います。その後、第二次世界大戦中はナチスドイツに占領され、1944年に再びソ連支配下におかれ、文化も母国語も奪われます。

ナチスドイツに支配占領された4年間、ユダヤ人の大量殺戮が行われ、20万人もの命がナチスドイツによって奪われました。

その一つひとつが詳細に調査され、7万人近いユダヤ人の写真と資料が国立ユダヤ博物館に展示されています。

[Website]http://www.jmuseum.lt/index.aspx

 

第2次世界大戦中にナチスに迫害されたユダヤ人にビザを発給し、命を救った駐リトアニア領事代理の杉原千畝さんの名も刻まれています。

[Website]http://www.sugiharahouse.com/jp

 

粛清の恐怖

KGB博物館はこわかったです。

でもそれは画像にあげた部屋や暗さ、血痕がこわかったのではなく…。

歴史上最大の殺戮者といわれるヨシフ・スターリンの狂気、でもなく…。

そうではなく…。

自分と同じ人間が実際に行ったという事実。

人間は人を愛しながら、人を殺せる生物だという事実。

平和を望んで戦争できる生物だという事実。

 

人を人ともおもわず、人間の尊厳を侮辱し、下等な存在と考える。

この思い込みのパワーこそが、虐殺の原動力の一部となるのでしょう。

支配欲を断ち切れない人間は、いかに残酷になれるかを知ったことがこわかったです。

戦争のおそろしさではなく、戦時下の人間がいかに残酷になれるかを知ったことがこわかったです。

スターリンは死んでこの世にもういませんが、子どもを下等な存在と思い込んでいるおとなは、21世紀になった今もごまんといます。

わたしたち おとなは、残酷なことを平然とやってしまいます。

 

自由の大切さ

ソ連支配下の中でいかにリトアニア人が犠牲になったか。英語もリトアニア語もわからないけれど、写真や風刺画は解説を読まなくても、伝わります。

エストニアから、ラトビア、リトアニアの国民が手をつないで、独立を訴えた「人間の鎖」の写真は心を強く打ちました。

 

遠い遠い昔のことじゃない。

最後のロシア軍がエストニアから撤退したのは1994年です。

「僕は死にません。あなたが好きだから」が流行語大賞となったドラマ、『101回目のプロポーズ』がやっていたころです。KGBは絶対的恐怖を持って市民を支配していました。

 

建物の外周、外壁には、KGBの地下室で殺された人々の名前が刻まれています(トップの画像)。

名前とともに生没年も刻まれています。1927-1946、1925-1946…。

100回フラれることは自由の証なんですね。その永眠、あまりに若い。

 

20081129225907合わせて読みたい
 
バルト三国「人間の鎖」200万人が手をつないで取り戻した自由 :吉田晃子

 

 


 

AI-amの2016年 講演等予定

・7月3日(日)  神奈川県横浜市《出版記念対談&交流会》
・8月21日(日)  岐阜県郡上市《出版記念対談&交流会》
・8月25日(木)  福岡県福岡市《出版記念対談&交流会》
・8月25日(木) 長崎県佐世保市《夜食交流会》
・8月26日(金)  佐賀県鳥栖市《お茶会》
・8月27日(土)  福岡県久留米市《勉強会&お話会》
・8月29日(月)  熊本県球磨郡《出版記念対談&交流会》
・8月30日(火)  鹿児島県姶良市《出版記念対談&交流会》
・8月31日(水) 大分県杵築市《昼食交流会》
・9月 1日(木) 福岡県行橋市《出版記念対談》
・9月 3日(土) 宮崎県高鍋町《出版記念対談&交流会》
・9月10日(土)  岐阜県多治見市《浅井智子さんとのトークライブ》
・9月22日(木)  鳥取県智頭町《出版記念対談&交流会》
・9月25日(日)  東京都渋谷区《出版記念対談&交流会》
・10月2日(日) 神奈川県茅ヶ崎市《出版記念対談&交流会》
・10月15日(土) 沖縄県宜野湾市《出版記念対談》
・10月16日(日)   〃《交流会》
・10月23日(日) 奈良県奈良市
・11月5日(土) 愛知県岡崎市
・11月6日(日) 愛知県名古屋市

【連絡先】
講演等依頼は、お問い合わせフォーム からお気軽にご連絡ください。
勉強会やおしゃべり会などのご依頼も随時受け付けています。

 

書籍案内

処女出版/『小さな天才の育て方・育ち方 小・中・高に通わず大学へ行った話』

親子で書き下ろす新しい教育書!
AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本『小さな天才の育て方・育ち方 小・中・高に通わず大学へ行った話』が6月29日に発売されました!
amazonでのご購入はこちら↓↓

 

サドベリースクール、デモクラティックスクール情報

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

【保存版】日本各地のあたらしいサドベリースクール

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

17歳になってから九九をおぼえるには1時間でいい

学校に行けないことが問題なのではなく、学校を選べないことが問題

 

おすすめ記事セレクション

不登校が絶対に治らない理由

不登校の卒業式:小学校、中学校不登校でも卒業できます

小・中・高校へ通わずに18歳で大学へ

デモクラティックスクール(サドベリースクール)/手記 ―子どもから教えられたこと―

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

お母さんのがっこう365 スケジュール

1709ok  

書籍案内

小さな天才の育て方・育ち方-小・中・高に通わず大学へ行った話

親子で書き下ろす新しい教育書! AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本『小さな天才の育て方・育ち方-小・中・高に通わず大学へ行った話』が2016年6月29日に発売されました!

amazonでのご購入はこちら↓↓

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

【保存版】日本各地のあたらしいサドベリースクール  

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧  

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧  

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です