AI-am

  

17歳になってから九九をおぼえるには1時間でいい

   

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

17歳になってから九九をおぼえるには1時間でいい

デモクラティックスクール(サドベリースクール)/手記 ―子どもから教えられたこと―

学校に行けないことが問題なのではなく、学校を選べないことが問題

 

おすすめ記事セレクション

不登校が絶対に治らない理由

小中不登校だった僕から、小学校不登校で中学へ進学する方へ

不登校の卒業式:小学校、中学校不登校でも卒業できます

小・中・高校へ通わずに18歳で大学へ

 


 

ammHello! AI-amの星山 まりんです。

今回は、小・中・高校へ通わなかったわたしが、高卒認定試験をつかって現役の18歳で志望大学に入学した、そのつづきです。実際に算数の勉強に取りくんだときの話。

 

小学校が勉強に6年間かける理由

time-371226_640ふつう、学校では、クラス全員のペースにあわせて、ゆっくり勉強が進められていきます。
とくに小学校は、6歳や7歳の子が理解できるように、ゆっくりと進めていくからこそ、6年という長い月日が費やされる。

ひとはみんな生まれたときからひとりの人間であるとはいえ、やっぱり年齢を重ねると、頭での理解力には違いがあります。

だから、6歳では毎日ゆっくりでなければわからなかったことも、17歳になってからはじめてやってみると、すごくあっけないものだったりします。
まして、子どもがみずから望むわけでも、やりたくてするわけでもない学校の勉強と、自分が自分のために進んでやる勉強は、まるでちがう。

 

6年間の算数は20時間でおわる

たとえば算数。
わたしの場合、九九は1時間くらいでおぼえられました。

足し算・引き算はなんとなくでできる、という状態でしたが四則計算もすぐにできるようになりました。これもたしか、1時間くらい。
それはわたしが特別だとかいうんではなくて、ほんと、すごく自然なことです。

スポンサーリンク

ad1

算数はいつ必要になるか?

shopping-879498_640学校で四則計算や九九をおぼえる年齢のときというのは、だいたいにおいて、日常的に計算をほとんど必要としません。どう役にたつのか、とわかる実体験はやっぱり少ないものです。

そういう状態でただ頭をつかって取り組まなければならないのは、つらい。解くことが楽しいというのでなければ、やっぱり自分の好きな遊びがしたくなります。

けれど17歳にもなれば、生活のなかでたびたび計算が必要になってきます
わたしはそのたびに指おり数えていました。そういうひとが勉強すると、滑らかに算数を吸収することができる。それはやっぱりすごく自然なことだと、わたしは思っています。

 

九九は「便利」なものにすぎない

九九はたしかに、便利なものです。
ちょっと数の多い計算をするたびに指で数えていたわたしにとって、それはとてもよくわかりました。ああ、これはたしかに覚えておくといいなあ、と。

そうは思ったけれど、でも九九を知らないままで、ふつうに生きてくることができました。

もちろん知っているに越したことはありません。
でも、将来必要になるから!といって、子どもが遊びたい時間を削って、あたまを痛めて、みんながみんなおなじタイミングで覚えなきゃいけないってことは、ないと思うのです。

あとになって、おなじ苦労をすることになるのならともかく、数年後にやれば、ものの1時間で終わってしまうことならなおさら。

 

まとめ

算数以外にも言えることではありますが、生活で必要になるちょっとした計算というのは、あらたまって勉強しなくても身についていくものです。
算数の問題がりんごとかみかんに例えられているように、街で見かける親御さんが子どもに時計で数を説明をしたり、スーパーで買い物をしながら計算を教えようとするように。

17歳にもなれば、足したり引いたりすることの理屈は自然と理解できています。
だから、計算が必要になってもなんとかなる。そして、日常でなんとかしてきた経験が、あとになってはじめて算数を勉強してみても、かんたんに吸収することができる理由のひとつになります。

 

 


 

AI-amからのお知らせ・情報

お母さんのがっこう516 所在地

お母さんのがっこう516

大阪市中央区博労町4-6-17 第三丸米ビル 516号

大阪市営地下鉄
御堂筋線/心斎橋駅・本町駅から徒歩約5分
四つ橋線/四ツ橋駅・本町駅から徒歩約5分
長堀鶴見緑地線/心斎橋駅から徒歩約5分
中央線/本町駅から徒歩約5分

 

お母さんのがっこう516 スケジュール

1612sc2

 

171sc2

 

お母さんのがっこう516 授業

親と子がハッピーになるコミュニケーション講座

親と子がハッピーになるコミュニケーション講座 】は、聴きかた、それから話しかたをロールプレイで学び合い、双方がイヤではない解決の仕方も実践的に学んでいきます。

happy

 

よっぴー流 教えない・奪わない・求めない nai nai 講座

教えない・奪わない・求めない nai nai 講座 】は、方法を知ったり、スキルを磨くのではなく、本質に焦点をあてて、親と子がハッピーになる根っこの部分を学んでいきます。

nainainai

 

自分を知る読書会

自分を知る読書会 】(毎週木曜日12:00〜14:00)は、みんなで同じ本を読みすすめ、そのあと自由にディスカッションしていく授業です。一冊の本を読み進めながら、正解を求めるのではなく、「自分を知る」ということを学びます。

book

 

その他

ワークショップ、教育ディスカッション、高認はげまし隊など詳細は 日替わり授業・催し をご覧ください。

 

最高の不登校の見つけかた(これからの学びについてのご相談)

これからの学びについてのご相談 】は、吉田・星山ふたりで、お話を聞いて、ご相談についてお答えしたり、ご相談いただいた方といっしょに考えていきます。

next

 

AI-amの2016年 講演等予定

・7月3日(日) 神奈川県横浜市《出版記念対談&交流会》
・8月21日(日) 岐阜県郡上市《出版記念対談&交流会》
・8月25日(木) 福岡県福岡市《出版記念対談&交流会》
・8月25日(木) 長崎県佐世保市《夜食交流会》
・8月26日(金) 佐賀県鳥栖市《お茶会》
・8月27日(土) 福岡県久留米市《勉強会&お話会》
・8月29日(月) 熊本県球磨郡《出版記念対談&交流会》
・8月30日(火) 鹿児島県日置市《出版記念対談&交流会》
・8月31日(水) 大分県杵築市《昼食交流会》
・9月 1日(木) 福岡県行橋市《出版記念対談》
・9月 3日(土) 宮崎県高鍋町《出版記念対談&交流会》
・9月10日(土) 岐阜県多治見市《浅井智子さんとのトークライブ》
・9月22日(木) 鳥取県智頭町《出版記念対談&交流会》
・9月25日(日) 東京都渋谷区《出版記念対談&交流会》
・10月2日(日) 神奈川県茅ヶ崎市《出版記念対談&交流会》
・10月10日(月・祝) 和歌山県岩出市《出版記念対談会》
・10月15日(土) 沖縄県宜野湾市《出版記念対談》
・10月16日(日)    〃《交流会》
・10月23日(日) 奈良県奈良市《出版記念対談会》
・11月5日(土) 愛知県岡崎市《出版記念対談会》
・11月6日(日) 愛知県名古屋市《出版記念対談会》
・12月11日(日) 宮城県仙台市《出版記念対談会》

 

AI-amの2017年 講演等予定

・2月19日(日) 兵庫県姫路市《「子どもは小さな天才 育て方・育ち方」トークショー》
・春(日時未定) 北海道
・春(日時未定) 宮城県仙台市
・春(日時未定) 長野県諏訪市
・春(日時未定) 山口県長門市
・春(日時未定) 京都府亀岡市

連絡先
講演等依頼は、 講演・講座・取材等のご依頼について からお気軽にご連絡ください。
出張講座やおしゃべり会などのご依頼も随時受け付けています。

 

書籍案内

処女出版/『小さな天才の育て方・育ち方 小・中・高に通わず大学へ行った話』

親子で書き下ろす新しい教育書!
AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本『小さな天才の育て方・育ち方 小・中・高に通わず大学へ行った話』が6月29日に発売されました!
amazonでのご購入はこちら↓↓

 

サドベリースクール、デモクラティックスクール情報

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

【保存版】日本各地のあたらしいサドベリースクール

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

不登校はレインボー。学校に行っていないから将来が不安という方へ

学校に行けないことが問題なのではなく、学校を選べないことが問題

 

おすすめ記事セレクション

不登校が絶対に治らない理由

不登校の卒業式:小学校、中学校不登校でも卒業できます

小中高に行かないことを選んだわたしが学校に思うこと

不登校は自分自身が幸福であるための生き方のひとつ

 

 - 勉強、成績, 学び、教育, 暮らし