星山海琳のいまの気持ち

IMG_5172

ammAI-amの星山まりんです。

今日から一週間後、6/29に本が発売されます。(『小さな天才の育て方・育ち方-小・中・高に通わず大学へ行った話』←amazonに飛びます)

 

初の出版

ほんとに、ほんとうにうれしくて、すごくすごく楽しみなんです。
初の出版で、amazonに掲載されたのもはじめてで笑、おもしろいことが世の中にはたくさんたくさんあるんだな、とあらためて実感しています。
よっぴーとふたりで「うれしいね」「たのしいな」と言い合ってばかりです。

わたしは、ほんとにこれまでずっと、やりたいことだけやってきていました。今も。
「やりたくないことはやらない」と決めていたのでもなくて、ただ、やりたいことだけを。
学校や勉強はわたしにとって、それを妨げるものだったから興味がなかったし、デモクラティックスクール(サドベリースクール)は、生活がより楽しくなるものだったから、好きでした。

学校に行かなかったら、やりたいことや好きなことだけをやっていたら、大人になれないなんて、それはもう、デマです。

 

20歳になって

20歳になって、自分のことを大人だとは思わないけど、あきらかな子どもという存在でもなくなって、なんとなくちょっと不思議な感覚でいます。
いつの間にか、これまでのことたちが「結果」みたいなものになっていて、それが、だれかの気持ちを軽くしたり、勇気になったり、もしかしたら希望になったり、するのです。
自分では意識しなかったことだから不思議だし、びっくりするけど、それはこんなにうれしいことなんだなと、教えていただきました。本当に、ありがとうございます。

IMG_8034

わたしは別に善人でもないし、奉仕精神にあふれているわけでもありません。でも、わたしがなにかを伝えたり、今までもこれから先も、やりたいことをやっている姿が誰かのなにかになるのなら、できるだけたくさんのことをしたい。
軽さとか勇気とか、そればかりじゃなくて、反感をもってもらってももちろんかまわないから、小中高へ行かなくたってなんでもできるってことや、家庭のことなどを、知ってもらえたらうれしい。
他人がいて自分がいるように、ほかのなにかを知らなくちゃ、なにも選べません。

 

親子で本を書く

そして、わたしの基盤のすべてになっているのは、もちろん家庭です。家庭というか、母親です。
だからこうしてふたりで発信できていることがうれしいし、ふたりでやる意味があるんだな、と思います。わたしたちが幸せでなくちゃ、幸せな気分はきっと届きません。それは、楽しい大人をみて育つ子どもが楽しい大人になるのと、おなじことです。

本は、ふたりで書きました。それもたぶん、すごく意味があることです。
ほんとうに純粋に、ひとりでも多くの方に届いてほしいと、思っています。そのなかで、100人のうちたったひとりでも、いい気分になってくれたら、うれしい。

 

これを書いているいま、amazonの、本・子育てジャンルランキングで51位(!)になっています。ほんとうに、ありがとう。ありがとうございます。

それから、みなさんにお願い(?)です。
吉田晃子と星山海琳の対談を企画してくれる方いませんか?
書籍発売後の7月3日は東京にいけます。直近ですが、ぜひどなたかわたしたちの対談を企画してくれませんか。
もちろん、東京以外でも、全国各地、お呼びいただけたらどこでも行きます。
ご興味あればぜひぜひ、ご連絡ください。お問い合わせフォームから、もしくは、aiam.life365@gmail.com まで。

(追記:すでに全国数カ所でお話をもらって、とってもうれしいです。ぜひ!)

IMG_5172

いろんなこと、どうぞよろしくお願いします。

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

よっぴー・まりんから学ぶ1泊2日の勉強会「あいしあってるかい」

1泊2日、まるまる24時間と少し。

よっぴー・まりんといっしょに過ごすことで、あらゆるものを学びとってください。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

2 件のコメント

  • こんにちは。
    先日横浜でお話を聞かせて頂いたみきです。(「どないしはるんやろ?」の関東弁翻訳を質問した者です)

    本、先ほど読み終わりました。終わっちゃった~という感じです。

    吉田さんの「人間も生き物。だから余計なことしなければ、絶対おてんとさんに向かって伸びていく」という言葉が、私にとって核だなあと思いました。

    この言葉を、誰かから、聞きたかったんだ。このことを誰かに断言してほしかったんだなあ。と思いました。どこかで同じことを思いながら、それを信じ切れなかった。だから不安が勝ってしまっていたなあ、と納得しています。

    ありがとうございました。

    ぜひまた、どこかで!

    • 木下美樹さま

      コメントありがとうございました。
      先日はご参加くださり誠にありがとうございました。
      本も読んでくださったんだあ〜。ありがとうだらけだ、ありがとう!!

      なんどでも言うよ。
      でっかい声で言えるよ。
      だってほんとにそうなんだもの。

      とってもうれしくなるコメントをほんとにありがとうございます!
      おてんとさんに向かって微笑んでいる美樹さんを想像しています。

      はいです。ぜひまた、どこかで♪
      (9月25日東京で対談します(◍•ᴗ•◍))

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です