大阪南船場と博労町とお母さんのがっこう

typewriter-1062697_640

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事セレクション

不登校の卒業式:小学校、中学校不登校でも卒業できます

学校に行けないことが問題なのではなく、学校を選べないことが問題

「学校に行かないで将来はどのようにお考えですか?」とカウンセラーの先生に尋ねられて

最高の不登校の見つけ方

 


 

こんにちは、AI-amです。

みなさんのご寄付のおかげで、お母さんのがっこうのための建物を大阪・南船場にて借りることができました。そのご報告。

typewriter-1062697_640

お母さんのがっこうをつくります

10月3日に、

お母さんの学校をつくります

という記事を投稿しました(下記に全文記載あり)。

 

 

つづいて 10月7日に、

2日目39万円が集まりました!お母さんの学校を創ります

の記事をあげました。

 

 

この お母さんのがっこう、

いつでも来られる、会える、おしゃべりができる場所

おもいっきり泣くことのできる安心、おおきな声で笑うことの豊かさが実る場所

自分自身に必要なこと、子どもに必要なこと、これからの時代に必要なあれやこれをいっしょに学んでいける場所

お母さんが、ハッピーでいること
お母さんが人生を楽しんでいること

のための建物の鍵、

本日、わたしたちの手のひらにやってきます!! (※10月20日 記)

 

大阪 南船場

建物そのものもですが、まずは建物がある場所に妥協をしませんでした。

毎日、通うところが大好きなところだと、楽しいじゃないですか。

山派? 海派? と訊かれたら、間髪入れずに「街派」とこたえるであろう わたしたち。そう、街が好きなんですね。英語でいう「downtown」の意味あいの街。(山や海がきらいなわけではないよ)

 

だから、街。

で、どの街?

吉田・星山の「大好きな街」でなきゃ いやだったんです。

 

余談ですが、パーマ屋さん(いまどきはヘアーサロンと言うのかな)を選ぶときも、パーマ屋さんそのものの前に、好きな街にあるパーマ屋さんに行きます。

髪型がステキになって、ちょっとばかし浮かれて、好い気分でいるのに、パーマ屋さんから出たときの景色が(自分にとって)魅力的じゃない街だとつまんないんです。洋服屋さんとかもそう。

 

でまあ、南船場(みなみせんば)と相なりました。

大阪で大好きな街、南船場。

東京と比べると、大阪はハナクソほどのものですが、それでも、まあ、キタ(梅田)があって、ミナミ(難波)があって、、、

堀江、新町、京町堀、、、中崎町や中津もありますね。それぞれ特色ある街のなか、二人とも南船場が好みです。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%882016-10-20-9-56-43%ef%bc%89

出典:Googleマップ

 

ミッドセンチュリーなビル

物件さがしをして知ったのですが、SOHOオフィス(「スモールオフィスホームオフィス」の略。パソコンやインターネットを駆使して個人や中小企業がビジネスを展開する自宅や小規模の事業所のこと)のマンションタイプで、不特定多数の人(いわゆるお客さん)が来てもOKの物件は、めっちゃ少ないのですね。

不特定多数の人が来てもいい物件となると貸店舗になってしまいます。

そのうえ、AI-amをはじめたのは今年なもんだから、確定申告等の証明があげられなくて、家賃を払っていける者かどうかの審査ができない。どこの馬の骨や? お前ら? ですよ。家主さんから見れば。

 

そんなだから物件探しは苦労して、、、ません。

いま起きている出来事はすべて完璧なタイミングでできているってやつです。即効で決まりました。

 

お母さんのがっこうはマンションタイプの雑居ビルの一室です。

部屋を見せてもらいに行ってるとき、「あのビル、いいなあ」とおもったビルが、お母さんのがっこうとなるビルでした。

道路に面している各部屋のアルミサッシの窓がね、四角ではなくて、角に丸みをもたせて建設されているんです。「なんて贅沢な!」「見事にミッドセンチュリーやん」などとおもっていたら、「ここですよ」だって。

ミッドセンチュリーの家具やインテリアが好きな よっぴー。「うわぁ〜マジでかあ」ですよ、ほんと、もう。

昭和39年に建てられた古いビルで、とにかく好い。テンション上々。

 

そして部屋。

部屋ヤバいのなんのってね、もうね、ワクワクMax!!

ものごとを選ぶときの基準は「ここちいいかどうか」、「ワクワクしてるかどうか」のAI-amのふたり。いまもワクワクセンサーはMaxをふりきっていて、余計なこと考えないで自分のワクワクセンサーに従わせてくれた物件。惚れた物件。

 

大好きな街で、ワクワクする部屋で、いっしょにあそぼう ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶ おいでーーー!!

 

大阪 博労町

てっきり南船場だとおもっていました。

さっきの地図 ↓↓

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%882016-10-20-9-56-43%ef%bc%89

出典:Googleマップ

 

この やじるしの 凹 とへこんでいるとこ、ここが お母さんのがっこうがあるビルの所在地。つーことは、、、

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%882016-10-20-9-56-43%ef%bc%89

出典:Googleマップ

 

南船場じゃない?!

 

お母さんのがっこう のあるとこ

大阪市中央区博労町4-6-17 第三丸米ビル 516号

 

通信の回線工事をお願いするときに、「住所なんやったっけ?」と まりんさんに聞いたんですね。すると まりんさんはこう言いました。

「博打のばくに、苦労のろう」と。

 

まちがってはいません。センスのちがいでしょう。笑。

わたしは、広く行き渡る.という意味の「博」に、心やからだを使ってやさしく接する。大事にする.の意味の「労」で、「ばくろ」(または、「ばくろう」)と読むことにします。笑。

 

お母さんのがっこう の住所 【保存版】

大阪市中央区博労町4-6-17 第三丸米ビル 516号
おおさかしちゅうおうくばくろまち4-6-17 だいさんまるよねびる 516ごう

 

※あらためて詳細書きます。

 

お母さんのがっこう つくりのためのご寄付、ありがとうございました

このたびは、お母さんのがっこう つくります活動にご寄付いただき、ほんとうに有り難うございました。

わたしたちの想いをご理解いただき、みなさんからお寄せいただいたご好意に、吉田・星山、深く感謝いたしております。

おかげさまで、たくさんの方々から温かい 愛 をいただき、目標額の半分 約50万円をいただくことができました。

 

みなさんからいただいた 愛 は、広く行き渡る「博」と、心やからだを使ってやさしく接する。大事にする「労」のばくろまちに、必然として空いていた一室を、AI を育む場所として誕生させてくださいました。

みなさんのおかげで生まれることができた この場所は、みなさんとなおいっそうに つながって、来られた方みんなの悲しみとか喜びとかを、あるがままにいっぱい受けとめた、ゆたかな場所にしていきます。安心できる場所で、相談をしたり、おしゃべり、ワークショップ、セミナー、勉強会などを通して、自分に還る場所にしていきます。

各授業等の詳細は、また、別途ご案内させていただきます。

 

自然をくらす

吉田の私的なことでありますが、何回目かの口唇口蓋裂の手術をしていた幼少のとき、麻酔がきれ、生命にかかわる大量の失血をしたそうです。

時代はまだ献血制度へ移行する前。たくさんの、たくさんの、真たくさんの人の血をわけていただいて、わたしがあります。

母に「あんたが家族のだれにも似てないのは、あの輸血のせいや。あんたは よその子や」と事あることに言われてましたが、ある意味そうだなあとおもいます。

岩のような部分、木のような部分、風のような部分、川のような部分、土のような部分、草のような部分、花のような部分もある。それらすべてて わたし。

岩のような人、木のような人、風のような人、川のような人、土のような人、草のような人、花のような人もいる。それらすべてて ひとつ。

みんながそろうと木々は歌い、岩の上にも花が咲いたり、、 川の中にも草が育ったり、、 風が土を鳴らしたり、、 そんな風景が いいなぁ~ と子ども時代からおもっていました。

川だけよりも、、 土だけよりも、、 花だけよりも、、 豊かだなぁ〜 とかんじます。

 

 

いま、真たくさんの人の AI をわけていただいた、がっこうがあります。

分別化されない この がっこう、Rockじゃないわけないやん!

ほんとうにありがとうございました。

今後ともお力添えを賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

 

 

10/3にあげた記事【お母さんのがっこうをつくります】

子どもの自立、しあわせは、親がみんな望むことです。
どうしたら勉強ができる子になる?
どうしたら自分を生きることができる子になる?
もし学校に行かなかったら、将来は? 友だちは、仕事は?

答えが見えなくて、不安になるお母さんがたくさんいらっしゃいます。
お母さんは、毎日めいっぱい仕事をして、家事をして、育児をして、世間の目とも向き合わなければいけない。
多くご相談をうけるようになったり、ふたりで各地に呼んでいただいてお話ができたり、いただいたメッセージを読んだりしていて、ぼやあっと感じていたことが、やっと形になりました。

お母さんのがっこうをつくります。
いつでも来られる、会える、おしゃべりができる、お母さんのフリースクール。
そこで、これからの子どもに必要なこと、自分自身に必要なこと、そういうことをいっしょに考えたり学んでいきたいと思っています。

これまで「世界中のお母さんがしあわせに」というコンセプトで固定舎をもたずに活動してきたわたしたちは、お茶会や勉強会を開催するとき、いつもカフェやレンタルスペースをお借りしていました。先日受けたとあるご相談も、カフェで。

でもその方もやっぱり、カフェでおもいっきり泣くことって、できませんでした。
泣くことってほんとうに偉大です。おおきな声で笑うことも。
感情は、ぜーんぶぜんぶ吐きだしてから、きれいになります。

そのためにいま、学び舎が必要なんだと、心から感じました。

このがっこうはきっと、来られた方みんなの悲しみとか喜びとかを、あるがままにいっぱい受けとめた、ゆたかな場所になります。
そういう安心できる場所で、相談をしたり、ワークショップ、セミナー、勉強会など、つながって、学んで、おしゃべりができるようにしたいと思っています。そしてわたしたちからもまた、安心を伝えられたら。

お母さんが、ハッピーでいること。
お母さんが人生を楽しんでいること。

これからの時代に必要なあれやこれをいっしょに学び、お母さんがしあわせになっていく場所です。

また、オフラインスクールとしてのみではなく、この学び舎には来れないひとも学べるように、オンラインスクールとしても機能させていきます。

そのためのだいじな最高の部屋を、大阪に見つけました。
いまは、お金だけが足りません。

開業資金(物件習得費(賃借)、設備工事費、備品等費)として160万円〜程度をみています。
そのうちの一部、およそ100万円を望んでいます。

吉田晃子と星山海琳から、みなさまへお願いです。
学び舎の設備資金のために、お金をください。

よろしくお願いいたします。

 

***

 

《お振込先》

三井住友銀行
小阪支店
普通口座 6909363
アイ アム,ヨシダ アキコ

 

ゆうちょ銀行
記号 14110
番号 12804541
デモクラティックフィールドノラネコ

*ご寄付くださった方は、ご一報いただければ大変ありがたく思います。

 


 

AI-amの2016年 講演等予定

・7月3日(日)  神奈川県横浜市《出版記念対談&交流会》
・8月21日(日)  岐阜県郡上市《出版記念対談&交流会》
・8月25日(木)  福岡県福岡市《出版記念対談&交流会》
・8月25日(木)  長崎県佐世保市《夜食交流会》
・8月26日(金)  佐賀県鳥栖市《お茶会》
・8月27日(土)  福岡県久留米市《勉強会&お話会》
・8月29日(月)  熊本県球磨郡《出版記念対談&交流会》
・8月30日(火)  鹿児島県日置市《出版記念対談&交流会》
・8月31日(水)  大分県杵築市《昼食交流会》
・9月 1日(木)  福岡県行橋市《出版記念対談》
・9月 3日(土)  宮崎県高鍋町《出版記念対談&交流会》
・9月10日(土)  岐阜県多治見市《浅井智子さんとのトークライブ》
・9月22日(木)  鳥取県智頭町《出版記念対談&交流会》
・9月25日(日)  東京都渋谷区《出版記念対談&交流会》
・10月2日(日)  神奈川県茅ヶ崎市《出版記念対談&交流会》
・10月10日(月・祝)  和歌山県岩出市《出版記念対談&交流会》
・10月15日(土)  沖縄県宜野湾市《出版記念対談》
・10月16日(日)     〃《交流会》
・10月23日(日)  奈良県奈良市《出版記念対談》
・11月5日(土)  愛知県岡崎市《出版記念対談》
・11月6日(日)  愛知県名古屋市《出版記念対談》

【連絡先】
講演等依頼は、お問い合わせフォーム からお気軽にご連絡ください。
勉強会やおしゃべり会などのご依頼も随時受け付けています。

 

書籍案内

処女出版/『小さな天才の育て方・育ち方 小・中・高に通わず大学へ行った話』

親子で書き下ろす新しい教育書!
AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本『小さな天才の育て方・育ち方 小・中・高に通わず大学へ行った話』が6月29日に発売されました!
amazonでのご購入はこちら↓↓

 

サドベリースクール、デモクラティックスクール情報

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

【保存版】日本各地のあたらしいサドベリースクール

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

17歳になってから九九をおぼえるには1時間でいい

学校に行けないことが問題なのではなく、学校を選べないことが問題

 

おすすめ記事セレクション

不登校が絶対に治らない理由

不登校の卒業式:小学校、中学校不登校でも卒業できます

小・中・高校へ通わずに18歳で大学へ

デモクラティックスクール(サドベリースクール)/手記 ―子どもから教えられたこと―

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です