【不登校になったら】小・中・高と学校に行かなかった間にわたしが読んだ本から、小説5冊を。

girl-2771936_640

 

ammこんにちは、AI-am(アイアム)星山まりん です。

不登校になると(あるいは、学校へ行かなくなると)、いくらか自意識過剰になるものです。

それが正しい言葉かどうかはわかりませんが、少なくとも、なんの気なしに学校へ行っていたときよりも、自分を確認する時間が多くなる。

それから、自分の感性をなぞるようなものにふれる時間も、多くなります。

流行りが好きならそれに乗るのもいいけど、狭い教室をはなれたら、「仲間はずれ」なんていうくだらない現象を気にかけることもありません。

十二歳から十六歳くらいまでのあいだ、どれだけ情緒を振動させて、これと思うものに心をゆだねられるかが、ひとを形成していく。

それは音楽だったり、映画やテレビ、アイドルや歴史や釣り、なんでもありえるんだけれど、今回ここで並べるものは、本です。

「おすすめ」はきらいなのでしませんが、参考までに、わたしの好きな本です。
小学校、中学校、高校へ通わなかったあいだに読んでいた本の一部、でもあります。

不登校になれるような感性があるなら、ふたをしないほうがおもしろい(できる範囲でね)。

オン・ザ・ロード/ジャック・ケルアック

自由というのはこんなに楽しいものか。
20世紀半ば、『オン・ザ・ロード』は若者の解放宣言だった。
男二人、ニューヨークからメキシコ・シティまでのおしゃべり過剰の、気ままな、行き当たりばったりの旅にぼくたちは同行する。
出典:ぼくがこの作品を選んだ理由 / 池澤夏樹

なんだか複雑な気持ち良さのなかを、あっちこっちジグザグに進んでいくんだ

広いアメリカを何度も横断し、縦断する。目的地へ行くために移動するんじゃなく、移動するために移動をする。
狂乱、破天荒、享楽、熱気、自由、そういう言葉でこの作品をかたづけるのは惜しい。
紙と文字のあいだ、淋しさが地下水のように満ちていて、それがときどき文字の上まで上昇してくる。

「若いときに読んでいたら自分も旅に出ていた」と言うような大人は、もしほんとうに若いときに読んでいたって、旅に出たりなんかしない。
それにこの旅は、アメリカの短い歴史のなかでもほんのひととき、1940年代そのときにだけ叶えられた旅だった。でも、人はたいして変わらない。

自由というものがこの本にあるなら、淋しさはその根底で自由を支えているんだと思う。

これは、池澤夏樹氏の世界文学全集(全24巻の第1巻)。
わたしは文庫版じゃなくて、こっちで読んだ。装丁がいい。

 

春の嵐/ヘルマン・ヘッセ

少年時代の淡い恋が、そりの事故を機に過ぎ去り、身体障害者となったクーンは音楽を志した。
魂の叫びを綴った彼の歌曲は、オペラの名歌手ムオトの眼にとまり、二人の間に不思議な友情が生れる。
やがて彼らの前に出現した永遠の女性ゲルトルートをムオトに奪われるが、彼は静かに諦観する境地に達する……。
精神的な世界を志向する詩人が、幸福の意義を求めて描いた孤独者の悲歌。
出典:新潮社

暗い深みに隠れた心が黙している場合、往々私たちはより以上のことをすることができる

夜どおし、正体のないものについて考えて、突然なにもかも(身近にあるものも、遠くにあるものも)が厭わしくなったり、なにもかもに親切になったりする、そういう心がすっかりどこかに隠れてしまったころに読んだ。

忌野清志郎は、ヘッセの小説で描かれる主人公たちを「才能を持ちながら世の中に理解されず、神に近づいている」と表現し、そして「自分のことのような気がした」と語ったことがある。

「きみの心にも、『自分は孤立している、いかなる人間も自分には関係がない、いかなる人間も自分を理解しない』という妄想が忍びこんだのです。そうじゃありませんか」 という言葉に心あたりがあるなら、この本を読むことに価値があると思う。

 

モモ/ミヒャエル・エンデ

時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にとりかえしてくれた女の子のふしぎな物語。
時間に追われ、人間本来の生き方を忘れてしまっている現代の人々に、風変りな少女モモが時間の真の意味を気づかせます。
出典:岩波書店

なぜなら、時間とはすなわち生活だからです

6、7歳ごろに読んだ。
そのときは、「これは資本主義への批判だ」とも「貨幣(経済)システムへの批判だ」とも思わず、のちのち読み返すときまでおぼえていたひとつのことは、「どうこたえるべきか時間をかけて考え」、「たいていは二時間も、ときにはまる一日考えてからやおら返事をする」老人のことだった。

この本が「大人向けの児童書」と評されているのをよく見かけるけど、そうでもない。
大人が読むことにももちろん意味はあるけど、児童書は児童書だ。

大人はこんなものを失った、と、これを読んだ大人たちが気づいたところで、ひととき殊勝な顔をする以上のことはなく、それもまた消費されていく。
そういう姿に違和感と嫌悪感をいだくことのできる唯一の存在が、子どもたちだ。

 

フラニーとゾーイー/J.D.サリンジャー

アメリカ東部の名門大学に通うグラス家の美しい末娘フラニーと俳優で五歳年上の兄ズーイ。
物語は登場人物たちの都会的な会話に溢れ、深い隠喩に満ちている。
エゴだらけの世界に欺瞞を覚え、小さな宗教書に魂の救済を求めるフラニー。
ズーイは才気とユーモアに富む渾身の言葉で自分の殻に閉じこもる妹を救い出す。
ナイーヴで優しい魂を持ったサリンジャー文学の傑作。
出典:新潮社

回れ右をするたんびにきみの持ち時間は少なくなるんだ

『ライ麦畑でつかまえて』を読んで、「ちょっと読むのが遅かったな」と、格好つけてみたりする。そういうことをしているうちは、結局まだ青年期のさなかにいたんだなということに、あとから気づく。

焦燥にいくらか客観性がうまれて、まっとうな形(つまり、短絡的にいえば、死ぬことじゃなく生きること)の救済に抵抗がなくなってきたとき、フラニーの過敏さはちょうどいい温度になって、自分のもとへ帰ってくる。それは、うれしいことだと思う。

そのとき、ゾーイーのおしゃべりはやわらかい目じるしのようにも聴こえるし、彼もまた「きれいなもの」(野崎訳)の一部なのだと気づく。

ちなみに、村上春樹訳の『フラニーとズーイ』が出版されてから、野崎孝訳の『 フラニーとゾーイー 』が絶版になったとかなんとか(わたしは後者が好き)。

 

アデン・アラビア/ポール・ニザン

ぼくは二十歳だった。それがひとの一生でいちばん美しい年齢だなどとだれにも言わせまい──。
この冒頭の一句によって全世界の熱烈な共感をえた青春小説の傑作。
砂漠の地アデン、すべての虚飾をはぎとられた人間に見たものは何か。
1930年代、ヨーロッパの危機の時代をもっともラディカルに生き、戦争にたおれた鮮烈な青春がここによみがえる。
出典:晶文社

いつもの地下鉄の駅で降りなければいいだけの話だ

書き出し、「僕は二十歳だった。それが人生でもっとも美しいときだなんて誰にも言わせない。」というこの一文に、あるいはこの一文を読んで息をのむ瞬間のために、この一冊を手もとに置いておくのもいい。
逆にいえば、この一文に心をつかまれることがないなら、それ以上この本を読む必要もない。

幻滅と怒りから連なる、知性まみれの独白に独白に独白。
「1920年代フランスのエリート」という背景は、実感として理解できるわけもない。
でも、だからこそ、『オン・ザ・ロード』と『アデン・アラビア』とのような、時代も国も異なる、対照的な反抗のどちらもに心を寄せることができたりする。

物語(ストーリー)を重視するなら退屈きわまりないけれども、数々のことばは刺激になって、枝から落ちる感情の受け皿になる。
そして、この本が自分にとってその役割をはたすかどうかを判断するには、冒頭の一文だけでじゅうぶんという、うつくしさ。

 

さいごに

その本がふいに、視界にあらわれる瞬間がある。
タイトルを知っていようがいなかろうが、あるいはかつて読んだことがあってもなくても、それに手をのばすタイミングというやつには抗いようがない。

だから、「10代で読みたい小説」とか、「大学生のうちに読んでおくべき本」とか、そういうのは、うんざりする。とくに文学作品においては。

とはいえ、ひとりひとり違う人間だといっても、おなじ時代の人間である以上はだいたい似通っているところも多いもので、ある一定の期間に、ある一定の情動を起こす本は、やっぱり存在する。

ここに挙げたものはだいぶ偏っているけど、それはまあ、そういうことです。

幅広い知識をもっていることが良いことだと、学校では教えられるかもしれないけど、そんなことはありません。
好みが偏向するっていうのは、どんなものが好きだか自分でわかっているということで、最近だとそれは、案外貴重なことらしい(と聞く)。

知識の幅を広げることは(ある程度)いつでもできるけど、感性のおもむくままに掘り下げていくためには、まとまった時間とセンシティブさが必要です。

不登校は、そういう行為のために、最適な日々をくれる。

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

よっぴー・まりんから学ぶ1泊2日の勉強会「あいしあってるかい」

1泊2日、まるまる24時間と少し。

よっぴー・まりんといっしょに過ごすことで、あらゆるものを学びとってください。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です