AI-am

  

「我」の世界と「我々」の世界を生きることのできる人間を育てることが必要

   

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

デモクラティックスクール(サドベリースクール)/手記 ―子どもから教えられたこと―

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

17歳になってから九九をおぼえるには1時間でいい

 

おすすめ記事セレクション

不登校が絶対に治らない理由

不登校で出席日数が欲しい方必見! 自宅に居て出席扱いになる方法と出席日数のもらい方

不登校の卒業式:小学校、中学校不登校でも卒業できます

小・中・高校へ通わずに18歳で大学へ

 


 

am3こんにちは、AI-amの吉田 晃子です。

文部科学省から出ている一文、『「我」の世界と「我々」の世界を生きることのできる人間を育てることが必要』の重要性について。

people-1435175_640

『「我」の世界と「我々」の世界を生きることのできる人間』

AI-amの星山まりんさんの 「学校に行かなくちゃいけない理由」の答え の記事内にあった一文、

教育の目的に関しても、『「我」の世界と「我々」の世界を生きることのできる人間を育てることが必要』という素晴らしい一文が文部科学省から出ています。

の、『「我」の世界と「我々」の世界を生きることのできる人間』というものについて、昨夜から もわぁっと おしゃべりしていました。

 

「我」の世界

文部科学省はいいこと言いますね。

しかし「我の世界」を生きることを教えることは容易なことではない。

「我の世界」を生きることを子どもに教えられる教師は、はたしてどれぐらい いるんだろう? とおもいます。

多くのおとなが「我々の世界」を生きるところまでしか考えていないのでは? 考えられないというか……。

 

「我の世界」を生きる力を奪われておとなになった者たちが「我々の世界」で表層的に生きています。

人間として深く伸びるはずの根は不安に犯され、虚像と実像の間で引き裂かれる「自己」はみえません。

 

「我々」の世界

だから「我々の世界」には他者が不在している。自分と語らう言葉を持たない自己不在の世界です。

自身のコアに「我の世界」が築かれていない不自由なオトナは、きょうも朝から疲れ果てて終わっている。

世の中でどう生きるかしか考えない無責任なオトナが、きょうも「我々の世界」で不在する。

文部科学省の、政治の、、企業の、、、財閥の、、、、灰色の思惑通り。

スポンサーリンク

ad1

学校教育のはじまり

明治18年(1885年)、初代文部大臣となった森有礼さんは、教育に経済の概念を入れました。
他国との激しい経済競争に打ち勝ち、富国を実現するためです。そのため教育制度がひかれ、学校が作られました。

そうして森さんが確立しようとした人材育成・経済主義教育は、いまもつづいています。

 

明治以降、世の中で偉くなることが教育の目標とする概念を、灰色は巧みに「我々の世界」に深く深く忍び込ませてきました。

 

「我の世界」を生きる力が根幹に必要

「我々の世界」の汚濁がすすめばすすむほど、それはおとなにではなく、「我の世界」を生きる子どもに蓄積されていきます。

「我の世界」を生きる力を子どもから奪いたくないのなら、子どもの発する信号に注意深く耳を傾けなければならない。

言うことをきかすのではなく、言うことを聴く。

 


 

AI-amの2016年 講演等予定

・7月3日(日)  神奈川県横浜市《出版記念対談&交流会》
・8月21日(日)  岐阜県郡上市《出版記念対談&交流会》
・8月25日(木)  福岡県福岡市《出版記念対談&交流会》
・8月25日(木) 長崎県佐世保市《夜食交流会》
・8月26日(金)  佐賀県鳥栖市《お茶会》
・8月27日(土)  福岡県久留米市《勉強会&お話会》
・8月29日(月) 熊本県球磨郡《出版記念対談&交流会》
・8月30日(火) 鹿児島県日置市《出版記念対談&交流会》
・8月31日(水) 大分県杵築市《昼食交流会》
・9月 1日(木) 福岡県苅田町《出版記念対談》
・9月 3日(土) 宮崎県高鍋町《出版記念対談&交流会》
・9月10日(土)  岐阜県多治見市《浅井智子さんとのトークライブ》
・9月22日(木)  鳥取県智頭町《出版記念対談&交流会》
・9月25日(日)  東京都渋谷区《出版記念対談&交流会》
・10月2日(日) 神奈川県茅ヶ崎市《出版記念対談&交流会》
・10月15日(土) 沖縄県宜野湾市《出版記念対談》
・10月16日(日)   〃《交流会》
・10月23日(日) 奈良県奈良市
・11月5日(土) 愛知県岡崎市
・11月6日(日) 愛知県名古屋市

【連絡先】
講演等依頼は、お問い合わせフォーム からお気軽にご連絡ください。
勉強会やおしゃべり会などのご依頼も随時受け付けています。

 

書籍案内

処女出版/『小さな天才の育て方・育ち方 小・中・高に通わず大学へ行った話』

親子で書き下ろす新しい教育書!
AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本『小さな天才の育て方・育ち方 小・中・高に通わず大学へ行った話』が6月29日に発売されました!
amazonでのご購入はこちら↓↓

 

サドベリースクール、デモクラティックスクール情報

全国にひろがる日本のサドベリースクール

日本各地のあたらしいサドベリースクール

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

17歳になってから九九をおぼえるには1時間でいい

学校に行けないことが問題なのではなく、学校を選べないことが問題

 

おすすめ記事セレクション

不登校が絶対に治らない理由

不登校の卒業式:小学校、中学校不登校でも卒業できます

小・中・高校へ通わずに18歳で大学へ

デモクラティックスクール(サドベリースクール)/手記 ―子どもから教えられたこと―

 

 - きょういく学, 学び、教育