学校に行っててもPTA退会できますか?不登校だからPTA加入しなくていいですか?

watercolour-2168655_640

 

am3こんにちは、AI-am(アイアム) 吉田 晃子 です。

役員選出の時期と重なっているからでしょうか。

今年に入り、立てつづけにPTAに関するご相談を受けます。

 

  • 子どもが不登校なのにPTAに入らなくてはいけないんですか? やめられますか?
  • 不登校ではなくて学校に行ってるんですが、PTAに加入しなくてもいいですか?
  • お願いしたのですがPTAを退会させてもらえないんです。やっぱり無理なのでしょうか?
  • どのように言えば良いのでしょうか?

と。

 

そのたびお伝えさせていただきます。

入らなくてもいいよ。

無理じゃないよ。

反論されない部分を言えばいいよ。

と。

 

PTAは任意加入の団体

PTAは義務だと思っている方もいらっしゃいますが、そうではありません。PTAは任意加入の団体 です。

しかし、まだまだ多くの学校では、強制加入になっているのが実態ではないでしょうか。

「あなたはPTAに入会しますか?」とは聞かれません。入会申込書はありません。

子どもが小学校(幼稚園や中学校も)にあがると同時に、任意加入であることの説明を十分に受けることなく自動加入となっています。

 

それって、知らないうちに「山登りサークル」に入れられてるようなものですよね。

「山登りサークル」に入りたいか、入りたくないか、とは聞かれず、いきなり、A山とB山とC山、、、どの山に登りますか? と迫られます。

 

一般社会でだったらそんな乱暴なことは許されないのに、ことPTAは、暗黙に強制参加させる暴力性を持ちます。

保護者には入会の自由があります。退会もです!!

 

強制加入だと思っていた場合の加入は無効

加入義務がないのに、十分な説明を受けなかったことで加入義務があると勘違いして、PTAに入会していた場合どうなるのか?

 

この場合、加入者の錯誤(勘違い)において重大な過失がないかぎり加入は無効となり、元からPTAに加入していなかったことになります。

出典:ベリーベスト法律事務所

 

「加入義務がないにもかかわらず義務があるかのように騙しPTA会費を交付させた場合」は、詐欺罪(刑法246条)に該当する可能性があります。

出典:ベリーベスト法律事務所

 

入会の自由と同様に退会の自由もありますから、「退会の自由がないかのように騙して退会を阻止した場合」も、同様に違法性があります。

出典:ベリーベスト法律事務所

 

PTAの “大前提” が忘れられている

法律上は任意参加でありながら、全員参加が暗黙の了解になっていることが多いPTA。

役員決めの参加強制だって違法です。

強制がいっさいないのがPTAです。

 

PTAは入退会自由な任意加入の団体

 

この原則が知られていないために、多くの保護者はPTAへの参加を嫌がりますが、嫌なら入らない、または 退会すればよい のです。

 

PTAへの自動入会に疑問を感じないで、なぜ「義務」だと思ってしまうのか?

PTAが任意であり、学校や幼稚園とはまったく別組織であり、加入義務がないことをなぜ公表しないのか? その理由は想像がつきますが、

長い間、保護者たちが、加入の意思を問われないまま入会することに疑問をもたなかったのは、PTAの活動場所が「学校」だからではないでしょうか。

 

入った覚えのない「山登りサークル」の会費が毎月引き落とされていたら、「えっ? なにこれ?」となるかと思うのです。

しかし入学と同時に学級費・給食費と一緒に自動で落とされているPTA会費にいたっては、そのようにはとらえません。

PTA行事が学校の時間割に組み込まれていたりもしますしね。

 

学校と同じように、PTAも「行きたくなくても、行かなければいけないもの」と思いこんでいるのかもしれません。

子どもたちが学校に行く義務はないのと同じで、任意団体の加入に義務はないのにです。

 

2012年1月15日の朝日新聞より

岡山市北区の市立西小学校では、2012年から、PTAの入退会を自由 とし、7部門を廃止 し、残したい 学校行事のたびにボランティアで参加者を募る ことにされました。

入会率は94%で、1日だけ参加でもOKのベルマーク集めでは50万円分の収益、餅つき大会などのイベントには延べ500人以上の保護者の協力があったそうです。

2012.01.15.asahi.kiji-2

 

2012.01.15.asahi.kiji

 

 

PTA改革に取り組む小学校

上記の岡山市立西小学校のほかにも、任意加入を周知し入退会を自由にして、自主的なボランティア で行っている学校があります。

 

  • 千葉県習志野市立秋津小学校
  • 札幌市立札苗小学校
  • 東京都大田区立嶺町小学校
  • 那覇市立識名小学校

 

PTAは自由に変えていけばいいなあと思います。

やらされるんじゃなくて、やりたい人がやる。

「あ、その行事、やりたい!」とか、「その日だけなら参加できる!」とか。

やりたいって思っている人たちがつくるイベントだよ。大人も子どもも楽しい!

やりたくない人はやらないのがいい。

◯◯の理由でできないんです……と言うんじゃなくて、理由なんてどうでもよくて、「嫌です。やりません。」が通る風土がいいなあ、と思います。

 

※ ほかにもこういった学校がありますようなら、教えてください。

 

既成概念から脱却する

「人様に迷惑をかけないように」と育てられてきました。それに加えて、出る杭は打たれます。

前例のないことに取り組む人をたたく傾向があるなかで、前例をつくっていくには、パワーと、知識と、コミュニケーション力(愛)が要るでしょう。

 

任意加入でもめている方は、まず学校側に、「同意なしに個人情報を第三者に提供してはいけないですよね? どうしてPTAが名簿をもっているんですか?」というのがいいのかもしれません。

個人情報の保護は、注意深く取り扱わなければならない鋭敏な問題だから、「名簿」は効きます。

PTAの運営は、名簿を学校から提供してもらうのが当たり前になっていますが、学校が勝手に子どもの名簿を流すのはいけないんです。

自動加入というのを合法的にできるはずはなく、本来は 入会申込書を書いてもらって、それをもとにPTA名簿をつくらなければなりません

 

2017年5月30日からは改正個人情報保護法が施行され、5000件の制限が撤廃されました。その結果、すべてのPTAが個人情報保護法の適用を受けることになります。そのため、PTAが学校から生徒や保護者の同意を得ず、かつ正当な理由もなく名簿の提供を受ける行為は、違法な行為になります。

 

よっぴーの場合

子どもさんが学校に行っている、行っていない、に関わらず、

「PTAを退会したいとお願いしたのですが、やめさせてもらえないんです…」と言われる方が結構いらっしゃいます(子供会や給食などの場合も)。

これね、お願いするからですよ!

 

わたしの場合はどうしたか、参考になればよいのですが・・・。

 

わが家の場合は、校長先生とPTA会長宛に、書面で「PTA非加入通知」として伝えました。

なんどもいいますが、PTAは入退会自由な任意加入の団体 です。だれかの許可が必要なものではないので、「PTA非加入通知」という表現にしました。

 

PTA非加入通知 とトップのまんなかに書き、そのあとは、手紙の基本構成に沿うて、書き綴りました。

 

スクリーンショット(2018-02-09 15.48.22)

 

理由など感情的なことは書かず、簡潔に! 知的に! まあるく、まあるく、愛をこめて 書きました (∩❛ڡ❛∩)

だからかどうかはわからないことですが、「PTA非加入通知」を出したあと、そのことで電話がかかってきたり、呼び出されたり、、、は一度もなかったです。

 

入会申込書がきちんとある学校であれば、入会申込みをしなければいいだけなので、非加入通知を出す必要はありません。

また、退会の場合は、PTAに対し「退会します、私の個人情報は削除してください」という点のみ伝えれば、充分かと思います。

 

今日の本

PTA再活用論―悩ましき現実を超えて/川端 裕人

「親」どうし、顔を見て、一緒に仕事をするというのは、すごく健全なことだ(著者)。大変化を迎えた公教育の一断面をリアルに見すえた力作。忘れられた「PTA」を蘇らせる処方箋とは。

 

PTAをけっこうラクにたのしくする本/大塚玲子

「保護者の義務だからしょうがない」「これまでの慣例だから……」それ、ホント? 「役員にかかる大きな負担を前提としたやり方」「意義の薄い活動」をキッパリやめ、ラクに参加できるようにしたPTAが続々登場。個々の活動を支える小さ なくふうから、しくみをばっさり変える大改革まで、実現のためのコツがわかります。 みんなが求める活動をつくるためのアンケートや、予算執行ルール、決算書など、実務に役立つ文例も掲載。 知って、勇気づけられて、動き出せる。PTAを自分たちでつくる人のための実用書。

 

PTA、やらなきゃダメですか?/山本 浩資

こんな組織、もういらない!
「自動的に加入させられた」「会費を強制徴収された」「子どもの在学中に、一度は役員か委員をやらなければならないと言われた」――まるでブラック組織並 みの強権集団に成り下がっているPTA。そのすべての原因は、PTAに参加することが義務であるかのように思われていることにある。
しかし本来、PTAはボーイスカウトなどと同じ任意団体で、加入しなくてもいいし、役員を押しつけられるいわれもない。ただ、PTAを牛耳っている人たちにも悪意はなく、前例を後生大事に守っているだけなのだ。
こうしたPTAの“常識”から自由になれば、生徒にとっても保護者にとっても学校は楽しいところになる。“経営学の父”ドラッカーのビジネス書『マネジメ ント』にヒントを得て、小学校のPTAから役員会や委員会をなくし、完全ボランティアでの運営を実現させてメディアからも注目を集めている山本浩資氏が、 そのポイントと“脱PTAのススメ”を説く。

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

よっぴー・まりんから学ぶ1泊2日の勉強会「あいしあってるかい」

1泊2日、まるまる24時間と少し。

よっぴー・まりんといっしょに過ごすことで、あらゆるものを学びとってください。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

【保存版】日本各地のあたらしいサドベリースクール

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です