評価をしていないつもりで評価している大人たち

tic-tac-toe-1777880_640

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事セレクション

不登校の卒業式:小学校、中学校不登校でも卒業できます

学校に行けないことが問題なのではなく、学校を選べないことが問題

「学校に行かないで将来はどのようにお考えですか?」とカウンセラーの先生に尋ねられて

デモクラティックスクール(サドベリースクール)/手記 ―子どもから教えられたこと―

 


 

amm

こんにちは、AI-amの星山まりんです。

子どもは、ほんとうにいつも、なめられています。
親から、大人から。
それ、自分の友だちやなんかにもおんなじことを言うんだろうか? と思う。

「すごいね」

たとえばよく聞く「すごいね」という言葉にもいろんな色があるけれど、大人たちは、決まって子どもに向かって、それを言う。
つまり、自分が感じた「すごい」が口から出た、というんではなく、「(あなたが)すごいね」と、言う。
それは、えらいね、というのとあんまり変わらない。自分の気持ちや感想をすっ飛ばした、評価そのものです。

ご飯をつくっているところに加われば「お手伝いしてえらいね」(子どもは「お手伝い」をしているわけじゃないのに)、好き嫌いなく残さずに食べて「えらいね」、親の言うことを聞いて「えらいね」、挨拶ができると「おりこうだね」など、など、など。

 

相手が子どもでなければ出てこない言葉

わたしは、そういう、「評価をしていないつもりで評価している」大人たちがきらいでした(いまも)。あ、ばかにされているなあ、と、感じる。

子どもにその言葉がすっと出てくるのは、相手を子ども扱いしているからです。
相手が大人であれば、そもそも言おうとも思わないだろうし、言えば失礼になるんじゃないか、くらいは考える(誰にでもほんとうに同じ態度をとるなら、それはそれで)。

tic-tac-toe-1777880_640

ひとを褒めるひとというのは、誰かに褒められたいひとじゃないでしょうか。
褒め返されたいがため、というわけではないだろうけど、そういう評価ってものが、からだにたっぷりと浸みこんでいます。
評価によって自分の価値が上下するということに慣れきってしまっているし、そこから安心を得ようとする。それがないと、つらくもなる。
それ以外の方法を教えられずにきたから、誰かにもおなじことをする。

好かれるのはうれしい。喜んでくれるのもうれしい。
それは褒められること(=評価)とは違っているということに気づいたら、とても楽になるんじゃないかな、と、思う。

 

ハッピーな親子のための、コミュニケーションのありかたを学びませんか?

親と子がハッピーになるコミュニケーション講座

「親と子ども」のために、お母さんが、コミュニケーションを学ぶ講座です。
叱ることも、褒めることもなく、ふたりがおだやかに過ごせる、健全でハッピーな会話を学びます。
子どもがおもちゃを片づけない、宿題しない、言うことを聞かない、というとき。 子どもを言い聞かせるのではなくて、叱るのでもなくて、ちゃんとすなおに、自分のおもいを伝えてみませんか。

2月の土日集中コースは25日・26日です! オンライン受講や、3月以降のお申し込みも受付中。
よっぴー流「教えない・奪わない・求めない」子育て講座 の1日集中コースは2月24日(金)です。
おひとりで、ご友人と、ご家族と、ご参加お持ちしています。

 

 


 

AI-amからのお知らせ・情報

お母さんのがっこう516 スケジュール

1702sc2

 

1703

最高の不登校の見つけかた(これからの学びについてのご相談)

これからの学びについてのご相談 】は、吉田・星山ふたりで、お話を聞いて、ご相談についてお答えしたり、ご相談いただいた方といっしょに考えていきます。

next

 

お母さんのがっこう516 授業

親と子がハッピーになるコミュニケーション講座

親と子がハッピーになるコミュニケーション講座 】は、聴きかた、それから話しかたをロールプレイで学び合い、双方がイヤではない解決の仕方も実践的に学んでいきます。

happy

 

よっぴー流 教えない・奪わない・求めない nai nai 講座

教えない・奪わない・求めない nai nai 講座 】は、方法を知ったり、スキルを磨くのではなく、本質に焦点をあてて、親と子がハッピーになる根っこの部分を学んでいきます。

nainainai

 

自分を知る読書会

自分を知る読書会 】(土曜日12:00〜14:00)は、みんなで同じ本を読みすすめ、そのあと自由にディスカッションしていく授業です。一冊の本を読み進めながら、正解を求めるのではなく、「自分を知る」ということを学びます。

book

 

その他

ワークショップ、教育ディスカッション、高認はげまし隊など詳細は 日替わり授業・催し をご覧ください。

 

お母さんのがっこう516 所在地

お母さんのがっこう516

大阪市中央区博労町4-6-17 第三丸米ビル 516号

大阪市営地下鉄
御堂筋線/心斎橋駅・本町駅から徒歩約5分
四つ橋線/四ツ橋駅・本町駅から徒歩約5分
長堀鶴見緑地線/心斎橋駅から徒歩約5分
中央線/本町駅から徒歩約5分

 

AI-amの2017年 講演等予定

・2月19日(日) 兵庫県姫路市《「子どもは小さな天才 育て方・育ち方」トークショー》
・4月30日(日) 山口県長門市
・5月予定 京都府亀岡市
・5、6月予定 長野県諏訪市
・9月予定 北海道
・日時未定 宮城県仙台市

連絡先
講演等依頼は、 講演・講座・取材等のご依頼について からお気軽にご連絡ください。
出張講座やおしゃべり会などのご依頼も随時受け付けています。

 

書籍案内

処女出版/『小さな天才の育て方・育ち方 小・中・高に通わず大学へ行った話』

親子で書き下ろす新しい教育書!
AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本『小さな天才の育て方・育ち方 小・中・高に通わず大学へ行った話』が6月29日に発売されました!
amazonでのご購入はこちら↓↓

 

サドベリースクール、デモクラティックスクール情報

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

【保存版】日本各地のあたらしいサドベリースクール

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

不登校はレインボー。学校に行っていないから将来が不安という方へ

デモクラティックスクール(サドベリースクール)/手記 ―子どもから教えられたこと―

 

おすすめ記事セレクション

不登校が絶対に治らない理由

不登校の卒業式:小学校、中学校不登校でも卒業できます

小中高に行かないことを選んだわたしが学校に思うこと

不登校は自分自身が幸福であるための生き方のひとつ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です