AI-am

  

学校と刑務所と『ショーシャンクの空に』

   

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事セレクション

不登校の卒業式:小学校、中学校不登校でも卒業できます

学校に行けないことが問題なのではなく、学校を選べないことが問題

「学校に行かないで将来はどのようにお考えですか?」とカウンセラーの先生に尋ねられて

不登校はレインボー。学校に行っていないから将来が不安という方へ

 


 

am3こんにちは、AI-amの吉田 晃子です。

映画、『ショーシャンクの空に』。ショーシャンクの刑務所に、これまでの学校を重ねて観ています。

the-shawshank-redemption-640x360出典: theclassicshawshankredemption.weebly.com

「食えと言ったら食え、クソをしろと言ったらしろ! 分かったかクズ野郎! 」

ショーシャンクという名の刑務所が舞台の映画、『ショーシャンクの空に』を観たことありますか?

良作として人気のある作品だから、映画にあまり興味のない人でも「観たことある」って方は多いのではないでしょうか。

そして『ショーシャンクの空に』に、希望をみる方は多いとおもいます。

 

一方でこの映画に、「学校」をみる方もいるかとおもいます。学校ってまるで刑務所だ、と。わたしはそのひとりです。

刑務所側の人間(=学校側) > 囚人(=子どもたち)

この絶対的関係、支配と服従はまるで学校やん! とおもってしまいます。

 

囚人が暴動でも起こそうもんなら 殺されかねないですからね。

なめられたら言うことをきかなくなりますからね。

だから権威をふりかざして画一的に管理します。

 

「食えと言ったら食え、クソをしろと言ったらしろ! 分かったかクズ野郎! 」、刑務所のハドラー主任のセリフです。

だけど、子どもたちは囚人ではありません。

※以下、ネタばれを含みます。

 

「BROOKS WAS HERE」(ブルックスはここにいた)

長く刑務所暮らしを続けていたブルックス(主役のアンディが配された図書室の室長役)が、とうとう仮釈放に決まります。

やったーーー! ですよ。(尾崎豊じゃないけれど)支配からの卒業ですよ。

 

けれども仮釈放されて娑婆(しゃば)に出たブルックスは、アパートの鴨居で首を吊って命を絶ちます。梁に「BROOKS WAS HERE」と刻んで。

塀の中には仲間がいる。自分がやってきた仕事がある。居場所がある。…できれば刑務所に戻りたい。

死にたくて死んだのではありません。本当は生きたかった。自分の存在をこの手でつかみ取りたかった。。。

 

「刑務所の壁はおかしなものだ。最初は憎み、次にそれに馴れてゆく。長い月日の間に依存するようになってしまうんだ」

『ショーシャンクの空に』は無期刑の問題を問うている映画だとわたしはおもっています。

 

自分を由として生きたい。

しかし外界から隔絶した刑務所に長くいればいるほど、見知らぬ世界に対する不安と恐怖は増大し、元の世界へ戻れなくなっていきます。

塀に守られていないので不安になって怖くなる……。死にたくなる……。

 

「外の世界に出てなんになる? あの塀を見ろよ。最初は憎み、次第に慣れ、長い月日の間に頼るようになる」。

長過ぎる刑務所生活は刑務所に対する憎悪をかき消し、施設依存ともいえる精神状態を生みだしていきます。

 

「BROOKS WAS HERE , SO WAS RED」(ブルックスはここにいた。レッドもここに)

時が経ち、仮釈放されたレッド(主人公アンディの友人で調達屋)。

ブルックスがかつて住んでいた仮釈放された者が住む家に住み、ブルックスが働いていたスーパーで働きます。そうして娑婆(しゃば)に不安と孤独を感じるレッドもまた、自殺を図ります。

が、失敗におわり、犯罪を犯して再び刑務所に戻るか、どうするか、考える。

 

でも……。

レッドは、アンディ(主人公。脱獄者)の言葉が忘れられない。「希望はいいものだ、レッド」

 

アンディとの約束を果たそうと、仮釈放違反をする覚悟をして街を出ます。梁に「SO WAS RED」と遺して。

 

学校・教師が恐れているもの

学校と刑務所の共通点のひとつは、自由は有害であるとされているところでしょう。

 

学校は、国家に必要な思考を持つ国民に仕立て上げるための場所でもあります。

エラーーーい人から下ってきている指令に、管理職(校長・教頭)は従います。学校・教師が恐れているのは、生徒が、脱社会的人間ではなくて、反社会的人間になっていくこと。なってしまうこと。

 

ブルックスならいいけれど、レッドになられては困ります。アンディが居ては困ります。

だからアンディがしあわせに暮らしているとは、他の生徒には言いません。

レッドが希望に満ちていることは、保護者にも言いません。

言うのは、学校に行かなかったらブルックスみたいになるという脅しです。

スポンサーリンク

ad1

「希望はいいものだよ。たぶん最高のものだ。いいものは決して滅びない」

学校に行きたくはないのだけど、行かない、をしたらどうなるの? 勉強は? ぼくの(わたしの)将来は?

第一、「不登校」なんてカッコ悪い。「不登校」はよくないもの。……。

中学生ぐらいから上の年齢の子によくみる想いです。見知らぬ世界は怖いです。

 

受動態で生きるよう強制されている冷酷な現実は、塀の外に出ることに恐怖を与えます。

社会は常に悪者をつくります。

 

でもね、アンディは言っています。「希望はいいものだよ。たぶん最高のものだ。いいものは決して滅びない」

 

私的エピソード

16年前、アンディになった息子はわたしに、当たり前すぎて観えていなかったもの、思い込んでて疑うことすらしてこなかったものに気づかせてくれました。

天国から地獄へ突き落とされ、天と地がひっくりかえった! なんておもったものだけど、なんてことはない。もと いた場所が、塀の中であったにすぎなかったのでした。

 

学校を拒否する子どもがヘンなのではなくて、子どもが拒否する学校のあり方こそが問われたし、学校に行くことが当たり前になっている学校信仰の根深さが問い直されたのです。

そうして、社会通念に沿うた教育観や学校観? みたいなものが、わたしのなかでベルリンの壁のごとく崩れ去ったとき、そこにあったのは真っ白なキャンパスでした。

はじめっから形が縁取られ、ここは赤色で、こっちは青で、と決められている ぬり絵ではなく(学習指導要領とかね)。塀の外は、きらきらと輝く360度の世界がひらかれていました。

 

わたしは真っ白なキャンパスに、

「どーかしてるぞ!」と、学校批判する間があれば、、、

「なんとかしてくれ!」と、学校に頼ってる間があれば、、、

既製品に固執しないで、誰かがつくった常識なんかに縛られないで、自分の好みにあった自らの創造(オーダー)に全エネルギー注いでいきました。

 

学校ってなに? 教育ってなに? 自分はどうしたい? というところからスタートし、主役である子どもが、主役として学べるオルタナティブな道を模索し、やがて仲間とともに 「デモクラティックスクール」 の旗を掲げたのでした。

 

「必死に生きるか、必死になって死ぬか… 俺は生きるぞ!」

アンディが言っていた「希望」という言葉など耳にも貸さなかったレッドが、「希望」を持った瞬間の台詞です。

「必死に生きるか、必死になって死ぬか… 俺は生きるぞ!」

(「更正というのは国が作った言葉だ」この台詞も印象深く、のこっています)

 

アンディになった子どもが、レッドになった子どもが、一昨年だけで17万人以上います。

あなたはそれを絶望とみますか?

それとも希望とみますか?

 

平成26年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」について/平成27年9月16日(水)文部科学省初等中等教育局児童生徒課より

  • 小・中学校における、不登校児童生徒数は122,902人
  • 高等学校における、不登校生徒数は53,154人
  • 高等学校における、中途退学者数は53,403人
  • 小・中・高等学校から報告のあった自殺した児童生徒数は230人(小学校7人、中学校54人、高等学校169人)

 

 


 

AI-amの2016年 講演等予定

・7月3日(日)  神奈川県横浜市《出版記念対談&交流会》
・8月21日(日)  岐阜県郡上市《出版記念対談&交流会》
・8月25日(木)  福岡県福岡市《出版記念対談&交流会》
・8月25日(木) 長崎県佐世保市《夜食交流会》
・8月26日(金)  佐賀県鳥栖市《お茶会》
・8月27日(土)  福岡県久留米市《勉強会&お話会》
・8月29日(月)  熊本県球磨郡《出版記念対談&交流会》
・8月30日(火) 鹿児島県日置市《出版記念対談&交流会》
・8月31日(水) 大分県杵築市《昼食交流会》
・9月 1日(木) 福岡県行橋市《出版記念対談》
・9月 3日(土) 宮崎県高鍋町《出版記念対談&交流会》
・9月10日(土)  岐阜県多治見市《浅井智子さんとのトークライブ》
・9月22日(木)  鳥取県智頭町《出版記念対談&交流会》
・9月25日(日)  東京都渋谷区《出版記念対談&交流会》
・10月2日(日) 神奈川県茅ヶ崎市《出版記念対談&交流会》
・10月15日(土)  沖縄県宜野湾市《出版記念対談》
・10月16日(日)     〃《交流会》
・10月23日(日) 奈良県奈良市
・11月5日(土) 愛知県岡崎市
・11月6日(日) 愛知県名古屋市

【連絡先】
講演等依頼は、お問い合わせフォーム からお気軽にご連絡ください。
勉強会やおしゃべり会などのご依頼も随時受け付けています。

 

書籍案内

処女出版/『小さな天才の育て方・育ち方 小・中・高に通わず大学へ行った話』

親子で書き下ろす新しい教育書!
AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本『小さな天才の育て方・育ち方 小・中・高に通わず大学へ行った話』が6月29日に発売されました!
amazonでのご購入はこちら↓↓

 

サドベリースクール、デモクラティックスクール情報

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

【保存版】日本各地のあたらしいサドベリースクール

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

17歳になってから九九をおぼえるには1時間でいい

学校に行けないことが問題なのではなく、学校を選べないことが問題

 

おすすめ記事セレクション

不登校が絶対に治らない理由

不登校の卒業式:小学校、中学校不登校でも卒業できます

小・中・高校へ通わずに18歳で大学へ

デモクラティックスクール(サドベリースクール)/手記 ―子どもから教えられたこと―

 

 - 学び、教育, 学校