「自分らしく生きる」というけど、いま生きているのは自分じゃないの?

look-2201142_640

ammこんにちは、AI-am(アイアム)星山まりん です。

「自分らしく生きる」っていうけど、その「らしさ」というやつは誰がつくるものだろう?

いま生きているのは、自分じゃないんだろうか。

「らしさ」とは?

自分らしく生きるってなんだろう。

「生きる」は、日々を暮らしていくことだ。
過ごしていくこと、生命活動を続けていくこと。

「らしさ」。

① …としての特質をよくそなえている,いかにも…の様子である,…にふさわしい,などの意を表す。「男らしい」「子供らしい」「学者らしい」など。
(スーパー大辞林)

特質(あるいは特徴)とは、なんだ?

 

「男らしさ・女らしさ」とか、「子どもらしさ」とか

辞書に載っている用例は、どれも他人の目から見たもののように思う。

普段、わたしが目にしたり、交流したりするひとたちの観念では、「男/女らしさ」は疑問視されていることが多いから、この言葉はもう廃れたんじゃないかという気になる。

でも、世間をみると、案外そうではないらしい。

たとえば女性のファッションにまつわる「ボーイッシュ」とか「メンズライク」とか、一見受容されているような言葉にも、明確な性差がある(そんなところに性差を設ける必要は、あるだろうか?)。

そして、「子どもらしさ」は、わたしにとっては疑問の範疇を抜けて、きらいなものに位置している。
子どもは子どもであって、「子どもらしい子ども」なんて存在を作り出すべきじゃない。

でも、「らしくある」ことを、子どものころから、みんな要求され続けているんだと思うと、「自分らしく」という言葉にも納得がいく。

 

「自分らしさ」をつくるのは誰か

国とか、社会とか、民衆とか、そういうものたちが形成したイメージが「らしさ」。

じゃ、「自分らしさ」は誰がつくったのか
自分の特質、特徴、いかにも自分らしい自分。

つくったのは、自分であり、他人であり、社会であり、その集合体なんだと思う。

うーん、そうだな、それは、自分というやつの外側シルエット、そんなもののような気がする。
剥いて中身をのぞくと、どんなものであれ、自分はいる(自分の思う自分ではなかったにせよ)。

 

「自分を生きる」というけど、いままでは自分じゃなかった?

以前に比べると、「自分らしく生きる」より「自分を生きる」という言葉のほうをよく耳にする。

「らしく」よりは好きだけど、でも、自分を生きるぞ、と声高らかにやるのは、わたしにとっては不思議な感じがする。
いままで、そしていま生きているのは、自分じゃないんだろうか

「ほんとうのわたし」も、「ほんとうのわたしでいられないわたし」も、「わたし」であることには変わりない。

 

今日の本

ハックルベリー・フィンの冒けん

洋々たるミシシッピーの流れに乗って筏の旅を続ける陽気な浮浪児ハックと逃亡奴隷ジム。
辺境時代のアメリカの雄大な自然と活力溢れる社会をバックに、何ものにもとらわれずに生きようとする少年と、必死に自由の境涯を求める黒人の姿をユーモラスに描く。

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

よっぴー・まりんから学ぶ1泊2日の勉強会「あいしあってるかい」

1泊2日、まるまる24時間と少し。

よっぴー・まりんといっしょに過ごすことで、あらゆるものを学びとってください。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です