【勉強はどうしてするのか?】子どもに「なぜ勉強するの?」と言われたときに応えたこと

children-studying-670663_640

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事セレクション

不登校の卒業式:小学校、中学校不登校でも卒業できます

学校に行けないことが問題なのではなく、学校を選べないことが問題

「学校に行かないで将来はどのようにお考えですか?」とカウンセラーの先生に尋ねられて

デモクラティックスクール(サドベリースクール)/手記 ―子どもから教えられたこと―

 


 

am3こんにちは、AI-amの吉田 晃子です。

子どものころから毎日「勉強しなさい」って言われてきたけど、「なぜ」勉強しなきゃいけないんだろう? 7月30日(日)、東京サドベリースクールで行われた『東京サドベリースクールの元保護者と一緒に考える「横並びの親子関係とは?」』に参加してきました。そのレポートと勉強について。

children-studying-670663_640

答のない問いについて考えましょう

東京サドベリースクールで、「親と子の対等な関係」について話す会を開きます。最初から結論ありきではなく、みんなで話しあいながら、各自が自分で考えていけるような流れにしたいと思います。

↑↑ の、「みんなで話しあいながら、各自が自分で考えていけるような流れ」の一文に魅かれて、「親子の対等な関係」について考える会に行ってきました。

 

時間の都合で最後までは参加できなかったのですが、「勉強はどうしてするのか?」と、「親ってなに?」という正解のないことについて、参加者のみなさんの考えや想いを知れたこと、勉強になりました。(わたしたち(吉田・星山)が帰ったあとラストは「子どものしあわせってなに?」だったようです)。

 

帰り道も学びはつづき、 星山海琳 さんと「勉強はどうしてするのか?」を、バシバシ(笑)ディスカッションしあってました(⇒ サドベリー話になる)。

 

企画してくださった東京サドベリースクールの元保護者・簑田雅之さん、ありがとうございました。

日本一こどもの友だちが多いお金の専門家・渡辺剛徳さん、ありがとうございました。

勉強はどうしてするのか?

なぜ勉強するのか?

おもしろいテーマですよね。これ。

なぜ勉強しないのか? って考えてみたら、また異なるものがみえるしね。

 

この日、東京サドベリースクールで開かれた会でも、たくさんの考えや意見が飛び交いました。

  • 同調からはずれないため
  • 仲間はずれにならないため
  • 自分をほりさげるため
  • 楽しいから
  • 勉強は自分のため(だから褒めたり叱ったりはしない)
  • 小学4年生までの勉強(足し算とかかけ算とか)は大事だからクリアーしろ! それ以降は言わない
  • 高校に行くため
  • 好きなことが見つかるまでは勉強はやりなさい
  • いろんな勉強を知ることによって、いろんなことを考えられるから勉強は必要
  • 本人が考えること
  • なりたい自分になるためのベース
  • etc

教養と知識は別物

勉強はどうしてするのか?

そもそも「どうしてするのか?」の前に、「勉強」とはなにかですよね?!

仮に勉強が、豊かな生活を送るため、だなんて言いだしたとしたら、じゃあ、その豊かな生活ってなんだ? ってことになっちゃって(笑)。豊かな生活なんて、ほんと定義が曖昧です。

でまあ、勉強とは何かという点で、ここで「勉強」の定義から話し合わないとズレが生じるけれど、言いたいのはそこじゃないから、いまから書くことは学習指導要領に沿うた教科勉強の「勉強」とします。

 

学校の勉強をした人はみんな幸福になれて、勉強をしない人はみんな不幸になる、とはおもって いなかった からなのか(学校の勉強はしてこなかったけれど「いま自分はしあわせだよ♡」と言う人がまわりにかなり居た)……、

東大卒のフリーターもいて、中卒の社長がいることも知っていたからなのか……、

はたまた、自身が小中高の学校の勉強で持った感想は、人の感性や思考を狭量にするように教えるものとおもっていたからか……、

理由はさておき、わたしは子どもに「勉強しなさい」と言ったことはなかった。

息子 がまだ小学校に行ってたころも「勉強しなさい」とか、「宿題はしたの?」とかとか言ったことはなくて、こころの底から学校の勉強の成績はどーでもよかった。

 

(教科外の)勉強はすでに、いつだって、どこでだって、してたから。

学力(=学ぶ力)はあったから。

学校の勉強と、「学ぶということ」の本質はちがう と考えていました。

「なぜ」という疑問が、「学び」なのだ

海琳さんと「勉強はどうしてするのか?」をバシバシとディスカッションしあったのは15年ぶり? 彼女が小学校に入学したとき以来だったかもしれません。

「なんで勉強せなあかんの?」

わたしに聞いてきたときの、リビングに差してた光のやわらかさや、流れていた音楽… それらの景色を鮮明に覚えています。

息子もいて、3人で、あ〜でもない、こ〜でもないと喋ってました。夜になってパートナーが帰ってきてからは家族で語り合ってさ。

 

「なぜ」という疑問がわいて、考える。それは「学び」です。

なぜ勉強しなきゃいけないの? という問いを発した人は、もうすでに学びつつある。

学ぶことによろこびを感じることのできる場面。その場面は、自分の能力を発揮できるものを学ぶときだとおもっています。

だからそんなときは、立ち止まって、ゆっくりと、気がすむまで、考えるのがいい。

 

そのとき親ができることは、子どもが安心して悶々できる時間と空間をじゃましないこと。

安心安全な場のなかで、「自分で考え、自分で答えのようなものを見つけ出していく」ことを大切に してきました。サドベリースクール(デモクラティックスクール)同様、わが家でも。

 

考える習慣を身につけることの大切さ

本を読むのもいいですよね。

東京から戻ってきてすぐに手にした本(笑)↓↓

学問のすすめ 現代語訳 (ちくま新書)学問のすすめ 現代語訳 (ちくま新書)

 

 

人はなぜ勉強するのか―千秋の人 吉田松陰人はなぜ勉強するのか―千秋の人 吉田松陰

 

 

老子 (岩波文庫)老子 (岩波文庫)

 

 

君たちはどう生きるか (岩波文庫)君たちはどう生きるか (岩波文庫)

 

 

モモ (岩波少年文庫(127))モモ (岩波少年文庫(127))

 

8月18日(金)「これからの学びを考えよう会」

学校ってなんだろう、勉強ってなんだろう。
親ってなんだろう。
大人ってなんだろう。子どもってなんだろう。
教育って、社会って、なんだろう。

お母さんのがっこうでも開催します!

正解を求めるのではなく、ひとそれぞれに持つ正解や、どれだけ話しあっても正解の出ないことを、考えませんか。
教育は生すべてにつながっている、と思っています。
いつもはひとりで頭のなかで考えていることを声に出して、みんなの話もきいて、遊びましょう。

性別・職業などにかかわらずぜひお越しください!

8月18日(金)20:00〜22:00
参加費 / オフライン・オンラインともに3000円

オフラインは「お母さんのがっこう365」にて開催します。
お母さんのがっこう365 … 大阪府東大阪市荒本北1丁目(最寄駅/大阪市営地下鉄中央線荒本駅)


 

AI-amからのお知らせ・情報

最高の不登校の見つけかた(これからの学びについてのご相談)

これからの学びについてのご相談 】は、吉田・星山ふたりで、お話を聞いて、ご相談についてお答えしたり、ご相談いただいた方といっしょに考えていきます。

soudanlogo

 

お母さんのがっこう365 スケジュール

1708a 1709

※ オンラインによるnai nai 講座、ハッピー講座の受講は、日中はじめ早朝や深夜でも随時受け付けています。お気軽にお問い合わせください。

 

お母さんのがっこう365 講座

【よっぴー流子育て/「教えない・奪わない・求めない」nai nai 講座】

教えない・奪わない・求めない」nai nai 講座 は、方法を知ったり、スキルを磨くのではなく、本質に焦点をあてて、親と子がハッピーになる根っこの部分を学んでいきます。オンラインでの受講もできます。

nainailogo

 

【親と子がハッピーになるコミュニケーション講座】

親と子がハッピーになるコミュニケーション講座 は、聴きかた、それから話しかたをロールプレイで学び合い、双方がイヤではない解決の仕方も実践的に学んでいきます。オンラインでの受講もできます。

happylogo

 

お母さんのがっこう365 おしゃべり会

【ブログでは書けない、学校との付き合い方こっそり教えます会】

ブログでは書けない、学校との付き合い方こっそり教えます会 は、不登校のこと、PTAのこと、給食費のことなど、聞いたり、ぐちったりもして、おしゃべりしています。オンラインからもご参加できます。

bloglogo

 

【家庭でサドベリー】

家庭でサドベリー は、ご家庭にデモクラティックスクール・サドベリースクールのエッセンスを取り入れていくために、いろんなことを語りあったりしています。オンラインからもご参加できます。

sudblogo

 

AI-amの2017年 講演等予定
・2月19日(日) 兵庫県姫路市《「子どもは小さな天才 育て方・育ち方」トークショー》 終了しました

・4月30日(日) 山口県長門市《子どもを100%信じる子育て法』トークライブ》 終了しました

・5月13日(土) 東京都目黒区《岩切弥生 × 吉田晃子トークライブ「流動と不変(生まれてきてくれてありがとう)」》 終了しました

・5月27日(土) 京都府亀岡市《「小さな天才の育て方・育ち方」よっぴー&まりんちゃんトークライウ》 終了しました

・6月15日(木)・16日(金) 沖縄県南城市/沖縄県宜野湾市《よっぴー&まりんちゃんトークライブ》 終了しました

・7月8日(土) 福岡県福岡市《小さな天才の育ち方育て方トークライブ》 終了しました

・7月9日(日) 熊本県熊本市《あなたはこどもを100%信じられますか?》 終了しました

・7月10日(月) 宮崎県宮崎市《「親と子のハッピーなコミュニケーション」よっぴー&まりんトークライブ》 終了しました

・7月29日(土) 東京都目黒区駒場《伊藤史織 × 吉田晃子 + 濱口瑛士 + 星山海琳トークライブ「異才、発見! 子どもの才能をつぶさない子育て」》 終了しました

・8月27日(日) 大阪府堺市《よっぴー&まりんちゃんトークライブ~大阪 堺~》

・9月9日(土) 北海道岩見沢市《吉田晃子☆星山海琳 親子トークライブ 岩見沢》

・9月10日(日) 北海道札幌市《吉田晃子☆星山海琳 親子トークライブ 札幌》

・9月23日(土)兵庫県美方郡《「遊びこそ学びのすべて」よっぴーさんとまりんちゃん講演会&座談会in新温泉町》

・9月30日(土)青森県

・10月8日(日) 栃木県栃木市《子どもの学び育ちはみんな違う!!~小中高に行かず大学へ行った話~》

・秋 滋賀県甲賀市予定

連絡先
講演等依頼は、 講演・講座・取材等のご依頼について からお気軽にご連絡ください。
出張講座や対談などのご依頼も随時受け付けています。

 

書籍案内

小さな天才の育て方・育ち方-小・中・高に通わず大学へ行った話

親子で書き下ろす新しい教育書!
AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本『小さな天才の育て方・育ち方-小・中・高に通わず大学へ行った話』が2016年6月29日に発売されました!
amazonでのご購入はこちら↓↓

 

サドベリースクール、デモクラティックスクール情報
デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

【保存版】日本各地のあたらしいサドベリースクール

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

【必見】通信制高校学費と定時制高校学費の比較

【保存版】N高等学校、鹿島学園高等学校、ヒューマンキャンパス高等学校、さくら国際高等学校東京校、NHK学園高等学校、飛鳥未来きずな高等学校、飛鳥未来高等学校、第一学院高等学校の概要

【参考】通信制高校の資料一括請求ができる「ズバット通信制高校比較」を利用した感想

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

不登校はレインボー。学校に行っていないから将来が不安という方へ

デモクラティックスクール(サドベリースクール)/手記 ―子どもから教えられたこと―

 

おすすめ記事セレクション

【保存版】子どもが学校に行きたくないと言ったとき親がすべき1つのことと12のNG

子どもが自己肯定感を育むにはどうしたらよいのか?親の役割は何か?

小学1年から学校に行かない行きたくないとき先生に何て言えばいい?

「学校に行かなくちゃいけない理由」の答え

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です