勉強する意味

myanmar-1822564_640

 

こんにちは、ヨシダノです。

今回は『勉強する意味』について書いていきたく思います。

勉強する意味はあるのか

子どもが抱いてる事のベスト10には入ってきそうな、勉強する意味はあるのかという疑問ですが、勉強する意味はあります

国語力を鍛えて損をする事はありませんし、計算力を鍛えて損をする事もありません。

歴史を学ぶのも良いでしょうし、科学を学ぶのも良いでしょう。文系でも理系でも自らの力になってくれます。

 

ただここで重要なのは、今の日本において「勉強する意味がある」=「 将来安泰」ではないと、理解する必要がある という事です。

勉強を意味あるものにするには、活かせる環境に飛び込む必要があります。

 

過去と現在の定義の違い

昭和の高度成長期から平成のバブル期までであれば、とにかく言われた通り勉強すれば、成功がある程度、保証されていたはずです。

しかし2017年現在は大手企業でも、業績不振や倒産危機の報道がニュースを賑わしています。

これまで続けてきたやり方が通用しなくなり、新しい時代に適応出来ない企業は淘汰されていきます。

そんな時代において闇雲に「勉強しなさい」と言われても、その行為に意味はあるのか? と思うのは当然の流れです。

 

親より子どもが先を行く時代

「勉強しなさい」と言う以上は説得力を持たせなければ、耳を貸そうとはしません。

小学校低学年ぐらいならまだしも、高学年や中学生にもなると、親より子どもの方が情報量が多いことも珍しくありません。

その多くはネットから得たものですが、目まぐるしい速さで新しい情報が提供され、子どもは次々に吸収していきます。

親が望む形で勉強して欲しいなら、まずは子どもが納得するだけの理由が必要で、それを行うには情報量が最低でも親と子どもが、対等になる必要があります。

 

当然の話ですが、親が子どもに追いつくのが前提です。

子どもが情報を得る機会を失わせる方に舵をとれば、勉強する意味の有無以前の話になります。

 

勉強=机に向かうではない

勉強と言っても、国語や数学(算数)など学校で教えてくれる教科だけが、勉強というわけでもありません。そのことを子どもは既に理解しています。

自宅で 机に向かって教科書を見ながらノートを書いていれば、勉強してるんだなと親は思う はずです。

逆に ゲームをしていたり、YouTubeを観ていたりすると、「遊んでばっかりして全然勉強しない」と思う 方がたくさんいるはずです。

 

しかしその中で子どもがどういうゲームをしていて、どういう動画を観ているか、しっかり把握してる方の割合は、ガクッと下がるのではないでしょうか。

本格的に学ぼうと思えば専門的な書物や受講が必要になりますが、それは教科書での勉強でも同じことです。

 

ゲームやYouTubeも勉強ツール

大きくゲームと言っても、冒険して物語を進めていくゲーム、野球・サッカーなどのスポーツゲーム、歴史上の人物を操作するゲームもあれば、

ゲーム上の予算を使って架空の会社を経営したり、街の運営をしたりする様なシミュレーションゲームもあります。

挙げていくとキリが無いので、いくつかだけジャンルを紹介しましたが、例えば会社の経営をするゲームを子どもがやっていたとします。

 

「ゲームばかりして!」と思うかもしれませんが、そのゲームがきっかけで興味を持ち、自ら進んで勉強をした結果、起業して社長になるかもしれません。

YouTubeに関しても単純に笑えるものから、専門的な知識を得れる動画まで、様々な動画が投稿されています。

子どもがソファーで横になりながら、スマホ片手にYouTubeを観ていたとしても、実は 教科書では学べない様な知識を得てる かもしれません。

単純に笑える動画を観ていたとしても、それを 観ることで満たされるもの があるなら、そこに価値はあるはずです。

直接的に勉強へ繋がっていなくても、間接的に繋がることもあります。

 

また、ゲームの大会で賞金を稼いでプロ として生計を立ててる人や、YouTuberとして動画再生回数による広告収入を得てる 人も大勢居ます。

もはや何が勉強で、何が勉強でないのか、これまでの物差しでは定義出来ないのが、今の現代社会です。

 

まとめ

勉強する意味はあります。

ただし子ども自身は机に向かう向かわないに関わらず、勉強したものを活かせる環境に身を置くことが条件です。

そうでなければ生活レベル以上の意味はありません。

 

親は子どもが抱いている疑問に対して、勉強する意味があることを納得させるだけの理由が、かならず必要 です。

その為にはまず 時代の流れを理解する事 が大前提。

もちろん全てに共通して言える事として、意味があるものにするには、本人に『学ぶ』意識が必要 です。

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書! AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

【保存版】日本各地のあたらしいサドベリースクール  

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧  

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧  

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です