価値観の違う人との会話で得れる能力

people-1099783_640
am3

AI-amの吉田 晃子です。

異なる価値観の人とのおしゃべり。コミュニケーションを上手に取れると見えてくるのはむしろ自分という人間の欲求です。

 

people-1099783_640

 

価値観の違う人との会話

自分と違った意見や、異なった価値観を持つ人と話しをするのはおもしろいですね。自分は持ち合わせていなかった視点や、感じ方、考え方を知れるじゃないですか。

自分と同じ価値観の人からだと少ない驚きも、「ああ、なるほど〜。そういうふうにおもうのかあ」とか、「そういうふうな見方があるのか」と、いろんな世界を見せてもらえ、視野を広めてくれます。

なんていうのかな、居ながらにして世界旅行に連れていってくれるかんじ。異国の文化を知っては、「へえ〜」、「わあー」の連続です。

 

価値観に正解はない

事実はひとつだけど解釈は無限大だなあ、とおもいます。

だれもが世界をあるがままに見ているのではなく、自分なりの解釈で、あるがままに見ている。

だから「自分のあるがまま」に置き換えた正しさを押し付けたり、「相手のあるがまま」を否定したりしないで受け入れることができたとき、コミュニケートは質の高いものとなっていきます。

 

価値観の洗い出し

でもさらにおもしろいなとおもうのは、異国の文化を知れば知るほど見えてくるのは、むしろ自分という塊です。
海外を旅すると日本が見えてくる、なんて言いますが、それと似ているなあとおもいます。

 

価値観の異なる人とのおしゃべりは、自分という人間の欲求を明らめます。

自分はなにを心地よいとかんじ、なにを不快とかんじるか。なにをよろこび、なにを苦痛にかんじるか。子どもやパートナーになにを求め、どんなときに充実した気持ちになるのか。

自分がみえてきて、「自分にとってのしあわせってなんだろう」ということが明確になってきます。

 

会話は学びの主要な要素

おしゃべりは学びの主要な要素です。洞察力のほかに、物事を深く見通し、本質をとらえる、すぐれた判断力も育ちます。

自分の考えや望むことがしっかり見えてくると、皆がこうするから自分もこうしなければならないという基準では動かなくなります。

周囲の枠はちゃんと認識したままで、自分の思考や感じたことを基準に行動していく自信がうまれるのです。それが「自分が確立していく」という実感なのでしょう。

 

自己確立が成したもの

毎日の何気ないおしゃべり、たのしんでいますか?
子どもとの会話だって5時間はつづきますか?

 

娘は、小学校、中学校、高校には行かないで高卒認定を通して大学に行きました。いっさいしていなかった小・中・高12年間の勉強を、2ヶ月半で習得してです。

関連記事→ 12年間の勉強が2ヵ月半?〜小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

どうしてそんな驚異的なことができたのですか? どうして大学に行けたのですか? といった質問をよく受けます。

そのこたえは「実力」でしょう。実力を発揮できる自己が確立していたからだとおもいます。おしゃべりはその要因のひとつです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です