信頼は「する」ものじゃなく「ある」もの

hands-423794_640
amm

こんにちは、AI-amの星山まりんです。

子どもを信頼する、という言葉。
よく知りもしない相手ならともかく、自分の子どもに対して、「信頼する」というのは違和感があります。
信頼は、親子のあいだにずっと「ある」ものではないんでしょうか?

 

「子どもを信頼する」

親が子どもを信頼する、というような言葉にとても違和感があります。

もちろん、かんたんな文面では「信頼」という言葉を使うのがわかりやすいかもしれません。
わたしたちも本で使ったりもしたし(『小さな天才の育て方・育ち方-小・中・高に通わず大学へ行った話』)、でもあまりに乱用されているのをみると、なんだかヘンだなと思えてくる。

 

「信じる」「待つ」という行為のわざとらしさ

わたしは母親から信頼していると言われたことはないし、ついぞ会話にでてきたこともありません。
これは、「待つ」にも似ています。

子どもを信じること、待つことが大事、というのは確かです。
でも、「待っている」と親に示されると、急かされているのと大して変わらない。
「信じている」というのも、ちょっと。ほっといてくれ、という感じになる。

 

 

ほんとに信じているなら、信頼がそこにあるなら、あらたまって信じたりしなくていいし、わざわざ信じているなんて(子どもへも、ほかの誰かへも)言わなくてもいい。
疑いがほんのちょっとでも存在しているから、「信じる」ってことばが出てくるのかな、と思えます。信じたいから。

親と子どものあいだに必要なのは信頼行為じゃなくて、信頼関係です

夏は暑い、冬は寒い、そんなのはほとんど誰もが、言葉にする必要もないくらい信じている。
赤の他人同士ならむずかしくても、親子や家族って、そんなのができるものじゃないんでしょうか。

 

信じることと評価すること

hands-423794_640

「どうすれば子どもを信じられるか」っていうのは、とても行為的です。
それっていうのは、同時に、子ども自身ではなく、子どもの行為ばかりをみているような気がします。
いい評価をしてもらうためにやっているわけじゃないこと(大人とちがって)。

大人目線のわるいことをすれば信じてもらえない、いいことをすれば信じてもらえるなんて窮屈な関係のなかで、子どもがのびのびと過ごせやしないことくらい、すぐにわかります。

でも、それってある意味、すごくシンプルなことです。
スーパーやコンビニで見かける誰かならしかたなくても、自分の子どもくらい、行為なんて表面上のことでなく、そのひと自身を好きでいられたら。

サンタクロースからのクリスマスプレゼント-乳幼児の子どもから親へ

2016.12.21

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

よっぴー・まりんから学ぶ1泊2日の勉強会「あいしあってるかい」

1泊2日、まるまる24時間と少し。

よっぴー・まりんといっしょに過ごすことで、あらゆるものを学びとってください。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

1 個のコメント

  • 「信じる」について、私も今朝考えていたんです。
    あぁ、私って子どもを信じていないなって。
    でも・・・まてよ、結局、自分の中でこうなったら(子どもの姿が)よくって、こうなったらだめで、ってあることに気が付いて。
    子どもの状態を評価していたなって。
    例えば今のこの困った状態はだめだけど、本当はよい状態もある、そうなるときもあるから今は信じて待ってあげよう・・・
    じゃない!!
    今のその姿もその子のそのまんま!
    今がサイコーにいいんだから♪
    私がいちいち干渉することじゃないんだなって。
    だって自分だってそんな目で他人から見られていたらいやだもの。
    結局、自分が上になっているから、信じたり待ったりするんだろうなぁ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です