「みんなと一緒」は安心できることか?

IMG_9153

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

デモクラティックスクール(サドベリースクール)/手記 ―子どもから教えられたこと―

学校に行けないことが問題なのではなく、学校を選べないことが問題

 

おすすめ記事セレクション

不登校が絶対に治らない理由

小中不登校だった僕から、小学校不登校で中学へ進学する方へ

不登校の卒業式:小学校、中学校不登校でも卒業できます

小・中・高校へ通わずに18歳で大学へ

 


 

ammAI-amの星山まりんです。

多数派のなかにいると安心、少数派のなかにいると不安、という人がいます。
社会のなかで少数派と呼ばれる人たちが、楽しく暮らすことについて。

 

「みんな」の安心・「ひとり」の不安

finger-924109_640

人は、いくつかの区別に分かれるとき、数の多いほうにいると安心することがある。
その安心、そして数の少ないほうにいるときの不安てのは、なんだろう?

大多数が乗る船がたとえ沈みゆく船だとしても、勇気をもってひとりで海へ飛び降りるより、みんなと一緒に船に乗ったままでいることを選んだりする。
前に、そういうジョークがありましたが。

ようは、うしろゆびをさされたくないわけです。それはどうしても、避けたい。
いつも友だちと仲良く一緒にいたい人もそれと似ているかもしれない。
ひとりでいることへの奇妙な偏見にみんなうしろゆびをさすから、自分はさされる側にはなりたくない。
ひとり飯とか、ひとり映画とか、わざわざ強調しなきゃなんないことではないのに。
別に、誰かと行かなきゃいけない場所だなんてこと、少しもないのに。

 

うしろゆびをさされることを恐れる必要はない

たとえば、学校に通わない子どもは、通っている子どもの数よりも、少ない。
ここで人々は、多数派少数派に分けられます。ごく単純に。

そういえば近ごろ、「不登校」を「容認」する大人たちが少しずつ増えているのは、学校へ通わない(あるいは通えない)子どもの数そのものが増えたからだろうなとわたしは思っています。
だって、文科省が発表した数だけでも12万人いる。数で勝つことはなくても、ちょっとした安心材料にはなる。なって、しまう。

IMG_9153

自分がこれだと思ったものや、自然といた場所がたまたま多数派だったら、とくに問題はないはずです。
それが少数派ということになると、人はいろんな行動をとる。
不自然でもちょっと無理をしてでも多数派のほうに紛れこんだり、なるべく姿を見られないようにしたり、あるいは進んで非難されにかかって、自分の正当性を主張したりもする。
そのどれも、個人的にはあんまり好きではありません。

うしろゆびをさされることを恐れる必要はないし、いざ衝突してしまったならともかく、日ごろから真っ向に喧嘩を売るようなのもなんかな、という感じがする。
じゃ、わたしはどうしようかというと、こっちはこっちで楽しくやってよう、と思うわけです。

 

「楽しい」のエネルギー

天岩戸神話のように、楽しげなものは、気になる。ちょっと、覗いてみたくなる。
少数派に属するという人たちが、めちゃめちゃ楽しげにそれを謳歌していたら、少なくともしかたなく多数派に紛れこんでいった人たちは、揺らぐ。あるいはうらやましいし、ねたましい。あるいは、じゃそっちへ戻るか、ということもある。

これは、少数派を多数派にしようってことではありません。
数を求めるなら、どっちがどっちになったところで、それほど大差はない。

楽しくやりたい。
社会がいつかわたしたちにうしろゆびをささなくなるのを待っているうちに、楽しい時間は流れ去っていってしまう
少数派や多数派があるのは、当然のことです。いくつかの種類にわけたら数に違いがでるのは、当たり前。
そのどれもが非難されることなく共存することも、そんなのは言うまでもないことのはず。ほんとは。

そういう社会になったらいいなと思うなら、そういう気持ちで、暮らす。
なんだかみんな楽しげに暮らしている日々がきてほしいと思うなら、そう思う人たちが、いまから楽しむ。

楽しく、やろう。
楽しく、やってます。

 


 

処女出版/「小さな天才の育て方・育ち方 小・中・高に通わず大学へ行った話」

処女出版/「小さな天才の育て方・育ち方 小・中・高に通わず大学へ行った話」

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本「小さな天才の育て方・育ち方 小・中・高に通わず大学へ行った話」が6月29日に発売されます!
amazonでは予約がもう開始されています!

親子で書き下ろす新しい教育書!乞うご期待!

 

サドベリースクール、デモクラティックスクール情報

全国にひろがる日本のサドベリースクール

日本各地のあたらしいサドベリースクール

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

17歳になってから九九をおぼえるには1時間でいい

デモクラティックスクール(サドベリースクール)/手記 ―子どもから教えられたこと―

学校に行けないことが問題なのではなく、学校を選べないことが問題

 

おすすめ記事セレクション

不登校が絶対に治らない理由

小中不登校だった僕から、小学校不登校で中学へ進学する方へ

不登校の卒業式:小学校、中学校不登校でも卒業できます

小・中・高校へ通わずに18歳で大学へ

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

お母さんのがっこう365 スケジュール

1710  

書籍案内

小さな天才の育て方・育ち方-小・中・高に通わず大学へ行った話

親子で書き下ろす新しい教育書! AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本『小さな天才の育て方・育ち方-小・中・高に通わず大学へ行った話』が2016年6月29日に発売されました!

amazonでのご購入はこちら↓↓

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

【保存版】日本各地のあたらしいサドベリースクール  

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧  

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧  

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です