AI-am

  


『印度放浪』ガンジス川バラナシの火葬場で見た死と生の感想と写真

   

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事セレクション

不登校の卒業式:小学校、中学校不登校でも卒業できます

学校に行けないことが問題なのではなく、学校を選べないことが問題

「学校に行かないで将来はどのようにお考えですか?」とカウンセラーの先生に尋ねられて

デモクラティックスクール(サドベリースクール)/手記 ―子どもから教えられたこと―

 


 

am3こんにちは、AI-amの吉田 晃子です。

ガンガー(ガンジス川)が流れる、インドヒンドゥー教の大聖地として有名な死出の地・バラナシ(Varanasi)。このバラナシの感想と写真と、火葬場を通して異文化を理解することを知った藤原新也著書『印度放浪』のことを書いています。

IMG_7029

 

『印度放浪』

もっとも古い本の記憶はどんなのですか?

 

1972年、当時10歳だったわたしは、入院していた病院の図書室で、藤原新也著書『 印度放浪 (朝日文庫) 』と出逢いました。

4歳? 5歳? ころから地図を見るのが好きで、このときも「インド」が目に付いたんだとおもう。

『印度放浪』で、14歳の “バル” というあだ名の少年のことが書かれている章、「少年」があるんですね。

この「少年」の章を読んだとき、ひとりでに涙が湧くように溢れ出て、堰を切ったように泣いたことを鮮明におぼえています。

 

バルと藤原新也

「少年」の章で、

じっとたたずむバルの後ろ姿は、いつものように滑稽には見えなかった。そこには、妙に人の気持をそそる、何かがあった。ぼくはその時、その少年の後ろ姿を見ながら、何だか自分の後ろ姿を見ているような錯覚に、とらわれたのだった。

引用:『印度放浪』

と書かれた箇所があるんですね。

 

泣きやむまでにどれぐらいかかったのだろう。

バルの後ろ姿を見ながら、自分の後ろ姿を見ているような錯覚にとらわれた藤原新也の、その後ろ姿を見ている自分がいました。

藤原新也さんは、 8歳で子どもをやめたわたし が、はじめて認めた “おとな” だったんだとおもいます。

藤原新也さんに救いを求めたかったんだろうな。けれどもそれは、病室の、あまりに小さい窓からでは届かなかった。

 

バルが、バルの構築した小さな世界から、小さな鉄砲をかつぎだして、屋上を走り回ったように、わたしはわたしの構築した小さな世界の片隅に、藤原新也さんとインドを棲ませて、明日を走り回っていた。

インド放浪 (1972年)

 

「火葬」

はじめ、写真を見たとき、それが何を意味しているのかわからなかった。

↓は、『 印度放浪 』に載せられている藤原新也さんの写真です。

IMG_2403写真:『印度放浪』

 

『印度放浪』の「火葬」の章がリアルにかんじられたのは、実際にバラナシに行ってです。

一日中、焼かれたり、流されたりする死体を眺めていた。一個の肉体から灰になっていくまでずーっと。匂いもかぐ。

 

IMG_6998この写真は洗濯屋さん(ドービー)で、このすぐ横が、囲いすらも一切ない火葬場

 

異文化を理解することは容易なことではないです。

文化には、見える側面(食事の仕方、建築物など)と、見えない側面(価値観、人生観など)があるけれど、そもそも目に見えている文化でさえ、自分が持つ常識に縛られていては、理解ははるか遠い。

理解を深めるためには、なにはともあれ、自分を客観的な立場に置く必要があります。まずは他者の行動を観察すること。これって子育てとおなじですね。

日本では隠されているものが、無い、ここバラナシはそれを可能にしてくれました。

管理下に置かれた日本で消されてしまった「生」と「死」。

スポンサーリンク

ad1

わたしがみたバラナシ/感想

遺跡に寺院、朽ちた家々、ゴミ、うんこ、嘔吐物、聖人、怪人、凡人、死に人までも、すべては、同等に悪びれることなく、おてんとう様の下にさらされている。それら一つひとつを切り分けるなんてことはできない。

たとえば、キリスト教が美術館を移動できる絵だとしたら、ヒンドゥー教というのは、その場から動かせない壁画みたい、と思った。だから他の宗教のように世界に飛び火しなかったのだろうか。聖なる河・ガンガー(ガンジス河)がそこにある限り。

 

死出の地・バラナシ。「火葬場が町のために存在するのではない。町が火葬場のために存在するのである」

聖なる地を流るるガンガーで死んだ者は、輪廻から解脱できると考えられているため、インド各地から多い日は百体近い遺体が運び込まれる。また、インド中からこの地に集まり、ひたすら死を待つ人々もいる。

火葬場はガンガーの河辺、野外にあり、「人が死んで、焼かれたら、煙と灰と骨になる」というシンプルな事実を見せる。シミひとつない真っ白な世界がつくられた施設で、密閉した炉に入れられた肉体が、次に見るときは、骨に変わっている日本とは違う。

薪を校に組み、その上に、ガンガーで洗い清めた遺体を載せる。そして親族の代表が薪に点火する。人一体が完全に燃えるには、およそニ、三時間かかり、必要な薪の量は、二百から二百五十キログラムほどだそうだ。

用意した薪がすべて燃えてしまうと、川の水をかけて火を消す。そして骨はガンガーに撒かれ、流れていく。自然に還る。それでおしまい。お墓はない。

お金が足りなくて燃え尽すだけの薪が十分に買えない人は、その分だけが焼かれ、骨になる前、黒い塊が、河に流される。まったく買えない人は、火葬されず水葬となる。また、人生を充分に生きていない子どもや、その子どもを宿している妊婦さん、サドゥーなども、そのままガンガーに沈められる。

 

野良犬が、焼け残った足首の肉片を食べている。上空ではカラスが狙っている。野良牛に野良山羊も残骸を食べにきた。焼き場の男はそれを追い払うでもなく、なすがままにしていた。

傍でボール遊びをしている子どもたち。ボールが時折、炎に包まれている死体のところに飛んでくる。そのうちのひとりが取りに来て、仲間に投げ返す。何事も無い。遊びは続く。誰も咎めなどしない。

後ろからも笑い声。たのしそうなおしゃべりをしている大人たち。

火葬場のすぐ隣は、 さん(洗濯屋さん)が洗濯をしている。洗った衣類は、河辺の地面に干していく。その横では、牛が、日がな一日、河に浸っている。そのまた横では、人が、沐浴し、体を洗う。河水を飲む。立ちションをしている。

生活排水、ゴミ、糞尿。あらゆる生き物の死体までもが浮いている。ガンガーに流れていないものはないのじゃないか。断絶がない。死が生の彼岸ではなく、同じ岸辺に存在していた。

 

 

町を奏でる音。大地の上で響き渡るヒンドゥ語、けたたましいクラクション、鐘の音、鳥の鳴き声……。

町を漂う匂い。人々の脂と汗の体臭、牛糞、横たわる死体、生ゴミ、性を誘うジャスミン……。

耳は麻痺し、鼻はひんまがり、大仰な砂煙で目はいかれ、安オイルの排気ガスは喉も撃ち、五十度ちかい気温が追い打ちをかける。それでも五感はフル活動する。

 

好奇心に身を任せて、あちらこちらと漫歩く。大通りから一歩小径に曲がると、無数の細い路地が入り組んでいた。路地には、
犬も
猫も
猿も
牛も
鳥も
虫も
鼠も
菌も
神も
人も
暮らし、住む。

人が “生き物”として生きている。人の感動や、喜びを解放するだけではなく、痛みも、悲しみも解放されている。

「精神」から「数字(物)」へと、価値の対象を変えたこの国では、ニンゲン様気取りでモノ言うが、多くのインド人は、人間のことを、まったくダメな生きものだと思っていて、そして自分たちのことを、そんな生きものであると知っていて、だから、覚悟して人間をのびのびと勤めている……。

 

バラナシには年間百万人を超える参拝客が訪れるそうで、今日も、ガンガーのほとりに並ぶガート(沐浴場)では、日の出前から沐浴し、祈りを捧げている。

神の存在を誰もが信じている。その姿、真摯さは、あまりに美しく、眺めているうちにぽろり涙がこぼれた。

善い悪いではなく、何かを信じること。信じきること。信じると力が出る。信じないと力がでない。信じるという強さ。 信じるという安らぎ。 信じられるというしあわせ。

スポンサーリンク

ad1

写真

IMG_6770

 

 

IMG_6725_1

 

 

IMG_6039

 

 

IMG_5859

 

 

IMG_6916

 

 

IMG_6750_1

 

 

Varanasi

 

 

IMG_13

 

 

IMG_6766

 

 

IMG_7228

 

 

IMG_6454

 

 

IMG_6674

 

 

IMG_7309

 

 

IMG_6992

 

 

IMG_7165

 

 

IMG_7029

 

 

IMG_7167

 

 

IMG_7415

 

スポンサーリンク

ad1

 

 


 

AI-amからのお知らせ・情報

お母さんのがっこう516 スケジュール

1703sc2
最高の不登校の見つけかた(これからの学びについてのご相談)

これからの学びについてのご相談 】は、吉田・星山ふたりで、お話を聞いて、ご相談についてお答えしたり、ご相談いただいた方といっしょに考えていきます。

next

 

お母さんのがっこう516 授業

親と子がハッピーになるコミュニケーション講座

親と子がハッピーになるコミュニケーション講座 】は、聴きかた、それから話しかたをロールプレイで学び合い、双方がイヤではない解決の仕方も実践的に学んでいきます。

happy

 

よっぴー流 教えない・奪わない・求めない nai nai 講座

教えない・奪わない・求めない nai nai 講座 】は、方法を知ったり、スキルを磨くのではなく、本質に焦点をあてて、親と子がハッピーになる根っこの部分を学んでいきます。

nainainai

 

自分を知る読書会

自分を知る読書会 】は、みんなで同じ本を読みすすめ、そのあと自由にディスカッションしていく授業です。一冊の本を読み進めながら、正解を求めるのではなく、「自分を知る」ということを学びます。

book

 

その他

ワークショップ、教育ディスカッション、高認はげまし隊など詳細は 日替わり授業・催し をご覧ください。

 

お母さんのがっこう516 所在地

お母さんのがっこう516

大阪市中央区博労町4-6-17 第三丸米ビル 516号

大阪市営地下鉄
御堂筋線/心斎橋駅・本町駅から徒歩約5分
四つ橋線/四ツ橋駅・本町駅から徒歩約5分
長堀鶴見緑地線/心斎橋駅から徒歩約5分
中央線/本町駅から徒歩約5分

 

AI-amの2017年 講演等予定

2月19日(日) 兵庫県姫路市《「子どもは小さな天才 育て方・育ち方」トークショー》終了しました
・4月30日(日) 山口県長門市
・5月予定 京都府亀岡市
・5、6月予定 長野県諏訪市
・9月予定 北海道

連絡先
講演等依頼は、 講演・講座・取材等のご依頼について からお気軽にご連絡ください。
出張講座やおしゃべり会などのご依頼も随時受け付けています。

 

書籍案内

処女出版/『小さな天才の育て方・育ち方 小・中・高に通わず大学へ行った話』

親子で書き下ろす新しい教育書!
AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本『小さな天才の育て方・育ち方 小・中・高に通わず大学へ行った話』が6月29日に発売されました!
amazonでのご購入はこちら↓↓

 

サドベリースクール、デモクラティックスクール情報

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

【保存版】日本各地のあたらしいサドベリースクール

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

不登校はレインボー。学校に行っていないから将来が不安という方へ

デモクラティックスクール(サドベリースクール)/手記 ―子どもから教えられたこと―

 

おすすめ記事セレクション

不登校が絶対に治らない理由

不登校の卒業式:小学校、中学校不登校でも卒業できます

小中高に行かないことを選んだわたしが学校に思うこと

不登校は自分自身が幸福であるための生き方のひとつ

 

 - ライフ, , 書籍