AI-am

  


「仕事が楽しくない」は当たり前のことではない

   

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事セレクション

不登校の卒業式:小学校、中学校不登校でも卒業できます

学校に行けないことが問題なのではなく、学校を選べないことが問題

「学校に行かないで将来はどのようにお考えですか?」とカウンセラーの先生に尋ねられて

デモクラティックスクール(サドベリースクール)/手記 ―子どもから教えられたこと―

 


 

amm

こんにちは、AI-amの星山まりんです。

子どもは働くことが好きなのに、大人になるとそうではなくなっている。
働くということの楽しさを親や大人たちにうばわれるから、「仕事」がいつしか「労働」になるから。
でもそれって当たり前でしょうがないこと、ではない。

 

子どもは洒落た外車よりも「はたらくくるま」が好き

IMG_9637

行きたくて行きたくてしょうがなくて毎日学校へ通っている子どもがほとんどいないように、働きたくて働きたくてしょうがなくて就職して、通勤しているひとは、どちらかといえば少ない。

子どもは働くことが好きだ。
たとえばなにか家事(料理やそうじや、縫いものや)に名乗りでるときにも、子どもは「お手伝い」ではなく「仕事」をしようとしている。
けれど年齢をかさねるにつれ、働くことを敬遠したがるようになる。
働くとはつらいこと、という観念がしみついていく。
お金を稼ぐということを楽しんでいるわけでもないのに、仕事という労働の対価がお金である、そういう考え。

スポンサーリンク

ad1

これってたぶん、そういう大人が、世のなかにたくさんいるからだ。
仕事はつらいけど暮らすために耐えなければいけないこと、と、くたびれた姿に教えられたりする。
うーん、ほんとに、そうか。そうかなあ。

 

大人が楽しそうにしていれば世の中は変わる

IMG_3727

親や大人は子どもが仕事をしようとするのを「ごっこ遊び」と言ったり、「お手伝い」だと言って、「えらいね」と言って、子どもを、さも子どものように扱う。
もちろん「お手伝い」をするときもある(それが「えらい」のかどうかはまた別として)けれど、子どもは働くということに対してとても純粋で、働くことの本質みたいなものを知っている。
その姿を「お手伝い」と呼ぶのは、ずいぶん子どもを冒涜しているよなと思うし、そうやって子どもがもっている、働くことの楽しさを奪っていってしまうように思う。

大人の「働く」は、「労働」という言葉に近いかもしれない。
労働という言葉にあんまりいいイメージはない。おそらくは「労」という字のせいで。
苦労とか、労うとか、ご足労、とかか。やっぱりどれもしんどそうだ。

子どもはまだ現実がわかってないから(実際の子どもはいつも現実に生きている)、お金を稼ぐ必要がないから、だから労働をする必要はなくて、仕事をするにも楽しいだけでいられるんだと言うひとが、いるかもしれないな。
いや、でも、仕事が楽しくないということって、すごい問題じゃないんだろうか。
労働すること、を選んでいるのは、誰なのか。
やっぱりたくさんの大人が楽しそうにしていたら、世の中はぐっと変わると思う。

そういえば、赤ちゃんにだけは「泣くのが赤ちゃんの仕事」と言ったりする。
多少は比喩にせよ、そういう視点がないこともないということで、じゃ子どもはなにが仕事かと言ったら、「学校へ行くこと」らしい。
これって、一気になにかがすり替わっていて、おもしろい。

 

3/24(金)
「よっぴー流子育て 教えない・奪わない・求めない nai nai 講座」

教えないこと、奪わないこと、求めないこと。そうすることで育ちつづけていくものは、天才性だけではありません。
子育ては目指すものじゃなく、楽しむもの!
3月の1日集中講座は、24日(金)開催です。

 

3/25(土)・26(日)
親と子がハッピーになるコミュニケーション講座

縁があって親子になれたふたりだからこそ、「仲良く」ではなく「仲良し」でいたいもの。
ハッピーな親子のための、コミュニケーションのありかたを学びます。
3月の2日間集中講座は、25日(土)・26日(日)で開催します!

☆どちらの講座も、週1回オンラインで受講いただくこともできます!
また、出張講座も承っています。お気軽にお尋ねください。

 

お問い合わせ、ご参加は、
メール aiam.life365@gmail.com へお気軽にご連絡ください(*☻-☻*)

スポンサーリンク

ad1

 


 

AI-amからのお知らせ・情報

お母さんのがっこう516 スケジュール

1703sc2
最高の不登校の見つけかた(これからの学びについてのご相談)

これからの学びについてのご相談 】は、吉田・星山ふたりで、お話を聞いて、ご相談についてお答えしたり、ご相談いただいた方といっしょに考えていきます。

next

 

お母さんのがっこう516 授業

親と子がハッピーになるコミュニケーション講座

親と子がハッピーになるコミュニケーション講座 】は、聴きかた、それから話しかたをロールプレイで学び合い、双方がイヤではない解決の仕方も実践的に学んでいきます。

happy

 

よっぴー流 教えない・奪わない・求めない nai nai 講座

教えない・奪わない・求めない nai nai 講座 】は、方法を知ったり、スキルを磨くのではなく、本質に焦点をあてて、親と子がハッピーになる根っこの部分を学んでいきます。

nainainai

 

自分を知る読書会

自分を知る読書会 】は、みんなで同じ本を読みすすめ、そのあと自由にディスカッションしていく授業です。一冊の本を読み進めながら、正解を求めるのではなく、「自分を知る」ということを学びます。

book

 

その他

ワークショップ、教育ディスカッション、高認はげまし隊など詳細は 日替わり授業・催し をご覧ください。

 

お母さんのがっこう516 所在地

お母さんのがっこう516

大阪市中央区博労町4-6-17 第三丸米ビル 516号

大阪市営地下鉄
御堂筋線/心斎橋駅・本町駅から徒歩約5分
四つ橋線/四ツ橋駅・本町駅から徒歩約5分
長堀鶴見緑地線/心斎橋駅から徒歩約5分
中央線/本町駅から徒歩約5分

 

AI-amの2017年 講演等予定

2月19日(日) 兵庫県姫路市《「子どもは小さな天才 育て方・育ち方」トークショー》終了しました
・4月30日(日) 山口県長門市
・5月予定 京都府亀岡市
・5、6月予定 長野県諏訪市
・9月予定 北海道

連絡先
講演等依頼は、 講演・講座・取材等のご依頼について からお気軽にご連絡ください。
出張講座やおしゃべり会などのご依頼も随時受け付けています。

 

書籍案内

処女出版/『小さな天才の育て方・育ち方 小・中・高に通わず大学へ行った話』

親子で書き下ろす新しい教育書!
AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本『小さな天才の育て方・育ち方 小・中・高に通わず大学へ行った話』が6月29日に発売されました!
amazonでのご購入はこちら↓↓

 

サドベリースクール、デモクラティックスクール情報

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

【保存版】日本各地のあたらしいサドベリースクール

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

不登校はレインボー。学校に行っていないから将来が不安という方へ

デモクラティックスクール(サドベリースクール)/手記 ―子どもから教えられたこと―

 

おすすめ記事セレクション

不登校が絶対に治らない理由

不登校の卒業式:小学校、中学校不登校でも卒業できます

小中高に行かないことを選んだわたしが学校に思うこと

不登校は自分自身が幸福であるための生き方のひとつ

 

 - 働く, 学び、教育, 家庭, 暮らし