なぜ、22歳になったら社会人として働きはじめますか。

white-background-2970216_640

 

ammこんにちは、AI-am(アイアム)の星山まりんです。

日本では、小学校・中学校の義務教育を終えたら高校へ行き、多くは大学や専門学校へ行き、就職するという流れが一般的です。

でも、あなたはなぜ、それをするんでしょうか。

「一般的」は悪いことではない

小学校・中学校の義務教育を終えたら高校へ行き、多くは大学や専門学校へ行き、就職する。
その間に、空白期間は一切なし。

一般的なケース、基本的なケースというものがあることは、悪いことじゃありません。
もちろん、それに沿うことも。

「そうでなければならない」「そういうもの」と固まった概念をもつことも、それ自体は別に問題ではありません(どんなことにせよ、固定概念というものがわたしは好きではありませんが)。

けれど、それに(ほとんどが無意識に)沿っているひとたちに、苦痛とか、虚無感といったものが起こることが、あまりに多い。

果ては自殺してしまうとか、精神を病んでしまうとか。
まあ軽度なら、みんな病んでいるようなものです。月曜日と金曜日では顔つきが全然違うとか。

それは、そのひとたちにとって、「一般的なケース」とか「基本的なケース」のなかで、問題とか、無理が生じているということにほかなりません。

 

「働きたくはないが働かなければいけない」

場合によっては小学校からはじまって、日々の登校や勉強に謎をもったり、謎がしだいにグチに変わったりします。
「なぜ」から、「そういうもの」とあきらめることによって。

そこから数年すれば、「働きたくはないが働かなくてはいけない」という思考が、うまく働くようになります。
これは学校教育(と、それによって成り立つ社会のありよう)の賜物ですね。

それで、個人によって中卒なり高卒なり、大卒なりといった時点から、仕事をはじめるわけです。

すりこまれてきた、学校に「行かなければならない」という状況が、会社などで「働かなければならない」にスライドしていくだけ。

(ちなみに、これは、仕事に生きがいや楽しみを見出していたり、人生(生き方)と仕事とがつよく結びついた本来の「働く」「仕事」ではなく、ただ「そういうもの」として働いている場合、ごくごく一般的に用いられる「仕事」の意のはなしです。)

 

滑稽なのは、そこに意思がないこと

わたしはいま大学四年生で、今年の春で卒業(の予定)なのですが。
現代の大学四年生の様式というものを実際に間近で見られて、とてもおもしろかったわけです。

四年制大学の学生にとって、最後の一年はほとんど就職活動のためにあるらしい。

明確な意思があるならともかく、それもなくて、「ずっと学生でいたいね」とか言いながら、なんとなく、でもなにかに急かされるようにして、就活をしている。

滑稽なのは、職種でも働き方でもなく、そこに意思がないこと、です。

雇われて働くことがばかばかしいとか、非正規雇用ではだめだとか、わたしにとってはどうでもいいことです。
いずれにせよ、それに納得しているかどうかが重要であって。

でも、ほんとうに納得するためには、意思が必要でしょう。

 

学校を自由につかうように、社会も自由につかう

なぜ6歳になったら学校へ行って、なぜ22歳になったら社会人として働きはじめますか

必要になったとき、必要なだけ、必要な学校に行けばいいし、それと同じように、就職をすればいい。
もちろん、そのときが来ないこともありますが。

苦痛や虚無感は、やめたくてもやめられない(と思っている)から、やってくるもののような気がします(わたしにはその体験がないので、言い切ることはできませんが)。

自分の意思でもって選んだことなら、たぶんそうはならない。

やめたければ、やめることだって選べるし、やっぱり今は続ける、ということもしっかり選べる。
空虚に向かって不平不満をぶつけるような、そんな真似はせずに済みます。とても健康なことに。

 

わたしは就活も就職もしなかったわけですが(今後は未定)、くるしい思いをすること大人になることだとか、一人前になること、自立することだというなら、
わたしはそんなものにはなれなくていい、できなくていいと、はっきり言えます。

それに、それがほんとうに大人であること、一人前であること、自立していると胸を張れる状態だとは、とうてい思えないし。

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

よっぴー・まりんと遊ぶ!「あいしあってるかい」 よっぴー・まりんとやりたいことをしよう!楽しいことをしよう! ふたりといっしょに過ごして、肌で、五感で、あらゆるものを学びとってください。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です