多様性を認める

am3こんにちは、AI-am(アイアム) 吉田 晃子 です。

不登校のままで大丈夫なのか、という将来への不安と、

社会に出て適応していくための能力と、学校に適応できる能力は違うということと、

多様性について書いています。

将来への不安

行きたくないと言っているこどもを無理に行かせなくてもいい。という考えを持たれる親御さんが、ほんと多くなりました。

ただそれでもね、やっぱり想いは揺れ動きます。

 

こどもが学校に行かなくなって、

  • このままで大丈夫なんだろうか
  • 勉強だけはさせておかないといけないんじゃないだろうか
  • ゲーム三昧でもいいんだろうか
  • 学校に行かないで、人とうまく付き合っていけるだろうか
  • 就職できるだろうか

などから、

そうはいっても将来、社会に出て適応していくためには、学校に適応できる能力を身につけておかなければならないんじゃないですか?

こういった類のご質問が多いのも現状です。

 

子どもが学校に行きたくないと言ったときの不安の理由と解消法

2017.04.19

 

将来ということばは失敗への恐れから生まれてくる

2017.02.08

 

【学校を辞めたいのですが、辞めたあとが不安です】不安のあるところに自由がある

2018.06.25

 

社会は多様に満ちている

社会に適応するための能力?

そもそも、社会に適応するための能力ってなんだ? って話なんですが、そこは今回置いといて、これね、いつもおもうんです。

社会は多様だよ と。

 

学校に適応できる能力が身についている人も多様のひとつなら、学校に適応できる能力が身についていない人も多様のひとつじゃないですか?

 

学校は、社会に適応するための訓練場といわれます。

確かにね、学校は、社畜と呼ばれる会社員を育てる専門学校みたいなとこだけど、その訓練場を出たからといって、皆が皆、社畜になっているわけでじゃないですよね。

社畜・・・会社に飼い慣らされてしまい自分の意思と良心を放棄し奴隷(家畜)と化した賃金労働者の状態を揶揄したもので、「会社+家畜」から来た造語かつ俗語。

 

社会に出て適応していくために、学校に適応できる能力は、別にいらないよ、ということです。

 

学校って必要なの?教育は自ら選ぶ時代になった不登校の選択

2017.11.15

 

多様性のある社会

よくね、「多様な社会を」というけれど、

目指すのは、多様な社会ではなく、多様性を認める社会です。

 

矢印アイコン 下1

 

そのためには、多様性を認められる人間でなきゃいけません

多様性を「受け入れる」ではなくて、「認める」。認めるのと受け入れるのではまったく意味が違う

 

矢印アイコン 下1

 

多様性を認められる人間になるためには、

自分とは異なる考え方を認められる人間でなきゃはじまらない

 

矢印アイコン 下1

 

自分のなかの根底を覆う「判断の基準」を知り他者との「違い」や「異質」を認められるようになったとき、他者に対してちょっとは寛容な人間となりうるんだとおもうんです。

それこそが、おとなの役割なんじゃないのかな、とおもうんです。

 

自分と違う人

多様性を認めるということは、自分と違う人もいると理解することです。

その反対にあるのは、「自分と違う人は排除する」という排他的な考えです。

 

ガンジーのことば
自分とは異なる考え方を受け入れられないのも、暴力のひとつの形です。それでは真の民主的精神は、一向に育たない。

 

上の子は学校に行っていない。
真ん中の子は行っている。
下の子は行ったり、行かなかったり。

外で遊ぶのが好きな子。
ゲームが好きな子。

それもいいよね、あれもいいよね、といった具合。

多様性を認められることができるようになると、自分自身の幅が広がり、新たなアイデアや、行動が生まれやすくなります

 

でね、慣れ親しんだ環境で、同じ人間とばかりいると、新たな発想や行動は生まれないから、それぞれに異なる人たちのいる世界に行ってみるのも受容を高めます。

それこそアメリカやヨーロッパなどを旅していると、いろんな言葉が飛び交っているし、人種もいろいろで、すごくおもしろい。

 

前回の記事『 行き渋りや不登校の解決方法でしてはいけないこと!すべきこと!根性論・精神論ではなく考える 』で、「考える」について書いたけれど、

「考え」を生み出すためには、「行動」も同じように必要なんですよね。

ここはひとつ、奴隷力( 前回の記事参照 )を追っ払って、上司から休むことに慣れて、ちょいと海外にでも行ってみませんか?

休むことは罪じゃない。

休むことをマイナス的に捉える日本人の精神論から、いち抜けだー!

あそぼ、あそぼ。

よっぴーも、ベルギーに行ってきます♬

 

今日の本

ガンディーの言葉/マハートマ・ガンディー

非暴力・不服従でインドを独立に導いた偉人として知られるガンディー。彼はどんな言葉で自分の考えを人々に伝えてきたのでしょうか。少年時代のエピソードから、彼の思想の中心であるアヒンサーや、手紡ぎ車の思想、宗教観、教育観まで、やさしいイントロダクションと豊富な訳註でその言葉をたどります。

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

よっぴー・まりんと遊ぶ!「あいしあってるかい」 よっぴー・まりんとやりたいことをしよう!楽しいことをしよう! ふたりといっしょに過ごして、肌で、五感で、あらゆるものを学びとってください。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です