LGBTの戦後史、ETV特集『Love 1948-2018 ~多様な性をめぐる戦後史~』に不登校のありかたを見る話

ammこんにちは、

AI-am(アイアム)星山まりん です。

 

2018年6月16日、NHK・EテレでLGBTの特集が組まれました。

LGBTの戦後史をテーマにした、ETV特集『Love 1948-2018 ~多様な性をめぐる戦後史~』という番組です。

この特集を観ていて思ったのは、現在よりもマイノリティへの風当たりが強く、病気扱いされていた時代の言葉のどれもに、現代の不登校と重なる部分があるということ。

「変わったひと」が強く生きるために

番組は、大塚隆史さん を軸に進みます。
1979年のTBSラジオ「それゆけスネークマン」での大塚さんの発言が、序盤で紹介されていました。

「さっき強く生きましょうって言ったけども、そのためにもまず自分を受け入れて、自分の気持ちに正直に生きようとする、そんな努力をできるだけ早いうちからすることが、いちばん効果のあることじゃないかしらと思うんだけれども、どうでしょうか。まあ、頑張りましょう」

(1979/8/29 TBSラジオ「それゆけスネークマン」)

 

これはゲイやレズ、バイやトランスジェンダー、さまざまな性的指向・性自認の方のための言葉ですが、あらゆる生きかたにも共通することでもありますよね。

たとえば公の学校にうまく紛れられないとか、障害があるとか、「ふつう」とされているものとは違う、「変わった」人間であるとき。

同性愛も不登校も精神病のひとつだった

当時、同性愛は精神病のひとつでした。不登校もそうです。異性を愛せないことや、学校に行けないことは、病院へ行って検査し、治療することの対象だった。

現代でさえ、不条理なバッシング、差別の対象になることは多々あるけれど、それでも時代の表向きは変化しつつあります。
幸運にも差別を受けてこなかったマジョリティ側の人びとのなかにも、「多様性を認めることが人間として立派なこと」みたいな勘違いを含んだ風潮が、良くも悪くも、以前より浸透して、表向きの差別は少なくなりました。

日本の「不登校」も、ちょっとそれに近づいた。

 

同性を愛して「しまう」ことにひどく追いつめられていた男性が、1951年、新聞へ投稿した内容が番組で取り上げられていました。

この方の「将来と人生への疑惑に死さえ思い、悩んでいます」という相談を受けた医師からの返答は、

「性の発達が不十分なのです。感情や知の面では常人でも、発達的には異常者なのです。」
「これを治すには、原因が肉体的なものか心理的なものかをたしかめて、前者ならば医学的に、後者ならば異性を得て、その助力によって徐々に是正していくのです」

というものでした。

 

ごく最近でも、子どもが学校に行けなくなると、心療内科をすすめたり、あわてて連れて行く大人がいますね。
学校側もカウセリングを勧め、スクールカウンセラーが援助をする。

1951年の医師の返答と、大した違いはありません。

すべてのひとの武器になる「プライド」

大塚さんは番組内で、ゲイであることをカミングアウトをするには まず自分がそれをポジティブに捉えていなくちゃ、と言う。

 

2014年に公開された映画で、まさに『Pride』というタイトルの映画がありました(邦題は『パレードへようこそ』)。

「プライド」という言葉は、日本ではまだ、LGBTとの結びつきがあまり意識されていないかもしれません。
「プライド」はLGBTの人びとの誇り、肯定的な精神をあらわす用語で、世界中で行われるパレードの名称にも使われていますし、毎年6月を「プライド月間」とも呼びます。

 

1980年代のサッチャリズムにおける実話をもとにした映画ですが、これを観ると、沽券としてのプライドではなく、誇りとしてのプライドが、LGBTの人びとをはじめとした、すべてのひとの武器であることを感じます。

多様性を認めようとかなんとか言うけれども、まったく同じ人間が存在しないこの世では、社会ははじめから多様の集合体でしかない。

すべての学びは平等

こうしてLGBTと不登校を重ね見たとき、不登校に特有な点はふたつあります。

まずひとつは、「頭がおかしい」「精神病」といわれる時代を経て、「かわいそう」と捉えられるようになったこと。
それからふたつめは、ほとんどの当事者が声をあげていないこと

 

当事者というのは、不登校をしている、というか、公の学校へは通わずに、どこかでなにかを学んでいるひとたち自身のことです(ほんとうは、公の学校に通っているひとたちも含めて、学びの「当事者」ですが)。

まわりの大人たちが支援とか援助といったものをすることは、もちろん理解がないよりはよっぽど好ましいことなんですが、そればかりというのは、奇妙だとも思う。

ふたつの点はちゃんと結びついていて、この奇妙さには、ひとつめの「かわいそう」という点が強く関わっています。

 

セクシュアリティにせよ、不登校にせよ、「声をあげないことが悪いこと」では決してありません。

けれどプライドをもっているかどうか、つまり「自分に正直であり、自分の学びを肯定していること」にプライドをもっているかどうかは、ひとを、人生を、まったく変えます。

 

個人を変え、家庭を変え、社会を変えていく。

LOVE&EQUALITY、すべての愛が平等(2018年東京レインボープライドのテーマ)、同時にすべての学びも平等です。

わたしたちの住むところは、そういう場所であるべきだと思う。

[aside]ETV特集『Love 1948-2018 ~多様な性をめぐる戦後史~』は、NHKオンデマンドで観ることができます
https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2018088886SC000/

[/aside]

 

投げ銭はこちら

Paypal.Meの画面を移行後、「送信」よりお進みください。
金額はおいくらでも、と言いたいところなのですが、手数料が差し引かれてしまうため、すみませんが300円〜でお願いします。

この記事がよかった役に立ったオヤトコ発信所を支援したい・応援したいと思ってくださった方は、よろしければ投げ銭をお願いします!

心の支えにさせていただくとともに、これからの活動に役立てていきます。