LGBTの戦後史、ETV特集『Love 1948-2018 ~多様な性をめぐる戦後史~』に不登校のありかたを見た話

pride

ammこんにちは、AI-am(アイアム)星山まりん です。

2018年6月16日、NHK・EテレでLGBTの特集が組まれました。
LGBTの戦後史をテーマにした、ETV特集『Love 1948-2018 ~多様な性をめぐる戦後史~』という番組です。

わたしはLGBT文化やそこに携わるひとたちにとても惹かれるのですが、それは、性がどうあるかということそのものへの興味じゃなく、

自分のことを誰より深く知り、知ろうとし、受け入れ、自分に対して正直になり、誇りをもち、社会との関わりをいちから考える、そういう生き方が好きだからです。

それでこの特集を観ていて思ったのは、いまよりもずっとマイノリティで、病気扱いされていた時代の言葉のどれもが、現代の不登校と重なるということ。

そしてLGBTも不登校(多様な学び)も、根っこは同じだということ。

 

「変わったひと」が強く生きるために

番組は、大塚隆史さんを軸に進みます。
1979年のTBSラジオ「それゆけスネークマン」での大塚さんの発言が、序盤で紹介されていました。

「さっき強く生きましょうって言ったけども、そのためにもまず自分を受け入れて、自分の気持ちに正直に生きようとする、そんな努力をできるだけ早いうちからすることが、いちばん効果のあることじゃないかしらと思うんだけれども、どうでしょうか。まあ、頑張りましょう」

(1979/8/29 TBSラジオ「それゆけスネークマン」)

これってなにも、ゲイやレズや、バイやトランスジェンダー、さまざまな性に限ったことではなく、あらゆる生き方に共通することです。

公の学校にうまく紛れられないとか、身体障害があるとか、いま「ふつう」とされているものとは違う、「変わった」人間であるとき。

 

同性愛も不登校も精神病のひとつだった

当時、同性愛は精神病のひとつでした。
不登校もそうです。

異性を愛せないことや、学校に行けないことは、病院へ行って検査し、治療することの対象だった。

いまも完全な理解があるわけではないし、バッシングの対象になることはあるけど、それでも時代は変化しつつあるし、「さまざまな性を認めることが人間として出来ていること」みたいな風潮も、(まあ良くも悪くも)以前より出来上がりつつあります。

日本の不登校も、ほんのちょっとはそれに近づいた。

 

1951年、同性を愛してしまうことにひどく追いつめられていた男性が、新聞に投稿した内容が放送されていました。

その、「将来と人生への疑惑に死さえ思い、悩んでいます」という相談を受けた医師からの返答は、

「性の発達が不十分なのです。感情や知の面では常人でも、発達的には異常者なのです。」
「これを治すには、原因が肉体的なものか心理的なものかをたしかめて、前者ならば医学的に、後者ならば異性を得て、その助力によって徐々に是正していくのです」

というものでした。

現代でも、子どもが不登校になって、心療内科へ連れて行く大人がいます。

学校に行きたくないから朝が起きられないだけのことを、「うちの子は起立性調節障害で」と言ったりもする(ホントにそう思っている場合もあれば、それを支えにしている場合もある)。

学校もカウセリングを勧め、スクールカウンセラーが援助をする。

1951年の医師の返答と、大した違いはありません。

 

すべてのひとの武器になる「プライド」

大塚さんは番組内で、ゲイであることをカミングアウトをするにはまず自分がそれをポジティブに捉えていなくちゃ、と言う。

ポジティブさは誇りとも結びつくもので、これらは、マイノリティに属する特権じゃないかと、わたしはときどき思います。

「プライド」という言葉は、日本ではあまりLGBTに結びつけられることはありませんが、「プライド」は、それこそ「誇り」という意味で、LGBTの用語としても使われます(LGBTのパレードを指すこともしばしば)。

 

2014年に公開されたLGBT映画で、まさにそのまま『Pride』というタイトルの映画がありました(邦題は『パレードへようこそ』)。

このタイトルには、誇りとしての意味と、パレードとしての意味を含んでいます。

画面も華やかだし、ユーモアにあふれていて、とてもテンポがいい映画ですが、1980年代のサッチャリズムにおける実話で、LGBTの文脈にある「プライド」も鮮明に描かれています。

これを観ると、沽券としてのプライドではなく、誇りとしてのプライドが、すべてのひとの武器なんだなと思います。

多様性を認めようとかなんとか言うけれども、まったく同じ人間がいない以上は、社会なんてはじめから多様の集合体でしかないし。

 

今年に流行った、『グレイテスト・ショーマン』なんかも、テーマとしてはちょっと似たものを持っているかもしれません。

「パレードへようこそ」「グレイテスト・ショーマン」は AmazonビデオU-NEXT
でも配信されています。

 

すべての学びは平等

こうしてLGBTと不登校を重ね見たとき、不登校に特有な点はふたつあって

まずひとつは、「頭がおかしい」「精神病」といわれる時代を経て、「かわいそう」と捉えられるようになったことです。

それからふたつめは、当事者が声をあげないこと

 

当事者というのは、不登校をしている、というか、公の学校に通わず、どこかでなにかを学んでいるひとたち自身のことです(ほんとうは、公の学校に通っているひとたちも含めての、学びの「当事者」)。

まわりの大人たちが支援とか援助といったものをすることは、もちろん理解がないよりはよっぽど好ましいことなんですが、そればかりというのは、奇妙だとも思う。

ふたつの点はちゃんと結びついていて、この奇妙さには、ひとつめの「かわいそう」という点が強く関わっています。

 

もちろん、声をあげないことが悪いことなのではないし、声をあげることが善いことでもないし、どちらにもそう変わりない。

けれどプライドをもっているかどうか、つまり(「ほかとは違った不登校であること」でなく)「自分に正直であり、自分の学びを肯定していること」にプライドをもっているかどうかは、ひとをまったく変えます。

 

個人を変え、家庭を変え、社会をゆるやかに滲ませていく。

LOVE&EQUALITY、すべての愛が平等(2018年東京レインボープライドのテーマ)というなら、すべての学びも平等です。

わたしたちの住むところは、そういう場所になると思う。そのうちに。

ETV特集『Love 1948-2018 ~多様な性をめぐる戦後史~』は、NHKオンデマンドで観ることができます
https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2018088886SC000/

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

よっぴー・まりんから学ぶ1泊2日の勉強会「あいしあってるかい」

1泊2日、まるまる24時間と少し。

よっぴー・まりんといっしょに過ごすことで、あらゆるものを学びとってください。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です