「いい歯医者」「悪い歯医者」の選び方見分け方のポイントは「説明」と「質問」だ!

am3こんにちは、AI-am(アイアム) よっぴー です。

何度も削ったり、埋めたり、歯科医のされるがままの患者。

歯医者に行って「抜きましょう」に簡単にハイという患者。

 

待って!

腕や足、指だったらどうですか?

簡単にハイなんて言わないよね?

ちがう病院に行ってみたり、自分でもいろいろと調べたりするとおもうんですね。

なぜ歯は違うんだろう?

 

削りたがり、抜きたがりの歯医者さんがいます。

歯医者さんのなかには、カネ儲けのため、患者にとっては必要のない治療をする人がいることも確かだそうです。

 

虫歯だからといって、「削りましょう」「抜きましょう」と言われて、

診察台のうえのまま、すぐさま治療がはじまるような歯医者さんに通っているなら、一度歯医者さんを変えてみてはどうでしょうか?

 

いい歯医者さんの見分け方でもありますが、

いい歯医者さんは、「どこがどう悪いのか」「なぜ抜く必用があるのか」をしっかりと説明してくれます。

ほかの歯にどのような影響が出るかを予測し、どんなリスクがあるか、どんな治療法があるかについても答えてくれます。

治療の提案が行われ、なにより、虫歯の原因」を説明してくれます

 

学校と一緒です。

賢くなって、納得のいく歯医者さんを選びませんか?

からだは正直

なおしてもらいたい箇所があって、1年ほどまえから歯医者さんに行きたい… とおもっていた。

おもってはいたけど、痛みがないもんだから、ついつい先延ばしにしていた。

 

んな先週。なおしてもらいたいとおもっていた箇所のひとつ、奥歯の銀のかぶせ物が土台ごと取れた。

 

からだは正直だよね。

からだが「歯医者さんに連れてって」と言っていたのに、歯医者さん選びをめんどがっていたもんだから、その奥歯1本、なくしちゃった。

 

後悔上等!

しゃーない。ゆるせ、自分さん。

 

歯医者選びは重労働

てなわけで、いい勉強になった今回、まずは歯医者さん選びからはじめました。

・・・って、コンビニより多いといわれる歯医者さん。この歯医者さんを選ぶのが大変なんですよね。

なにせ予備知識がないから、選ぶ基準もわかんない。

美容院とかだったらね、「ここ、イヤー! もう来ない!」なんておもったとしても、まあ、また髪の毛は伸びてくれるけれど、歯はそうはいかない。

 

お人柄はどんだけ好きでも、処置に対する考え方や、やり方に同意できるかどうかは別だし、

もう20年とか通ってて信頼している… となっちゃうと、そこ以外の歯医者さんを「知る」、「調べる」といったことと無縁になるしで、

歯医者選びは、ほんと大変です。

そして、大切です。

 

ネット上の口コミは参考までにする

今はなんだってインターネットで調べられる時代。

飲食店などを探すときに見る、口コミ。

あの、「口コミはどうかな? 口コミがいいのはどこかな?」は、歯医者さんもおなじです。

 

ただ、ネガティブな情報は、検索エンジンの特性を利用して検索順位を下げることもできるし、

事前知識がないと、Google検索って、実は難しいんですよね。

 

実際ね、以下のような口コミ↓↓

  • 「医師の態度が悪い」
  • 「患者を大事にしない。患者の意見を聞いてくれない」
  • 「予約したにもかかわらず、待たされた」

こういった口コミは主観はなはだしくて、「先生の態度が悪いとおもわれる人もいる歯医者さんなんだな」と参考までにするしかないです。

先生の態度はよくても、すぐに歯を削ったり、抜かれたりする先生だったら、わたしならイヤなわけだし。

 

クリニックの紹介サイトや、商業化したまとめサイトより、

実際に行かれたりした個人の方が運営されているブログの記事のほうが信用できたりしますね。

 

歯科治療の現実と、従来の治療に代わる新しい歯科治療が知れる本

上述した
> 予備知識がないから、選ぶ基準もわかんない。

だったらまずは情報を収集して、知識を得ればいいですよね。

 

よっぴーは、今の歯科医療に疑問を持っている方には興味深い内容となっている次の3冊を読んで、まずは予備知識をつけました。

 

いい歯医者と悪徳歯医者をどう見分けるのか? 患者はどうすれば自分の歯を守れるのか? 失敗しない歯医者選びの7つのポイントも載っている『やってはいけない歯科治療』の本↓↓

 

 

ドックベスト療法のことや、虫歯というよりは体全体の健康に役立つ貴重な情報のほか、優秀とされる「全国の歯科クリニック一覧」も載せた『名医は虫歯を削らない 虫歯も歯周病も「自然治癒力」で治す方法』の本↓↓

 

 

MI治療をはじめ、虫歯や歯周病の治療方法がたくさん紹介されていて、症状の進行具合によって適するものや、症例報告が掲載される『歯を削らない、抜かない、だから痛くない、むし歯・歯周病の治し方』の本↓↓

 

 

あとね、気になったので、『「歯みがき」するから歯は抜ける 』も読みました^^

 

わからないことは、わかっている人に訊く

本を読み、

数ある歯医者さんのなかから、キーワードで絞り、最終は勘で「ここの歯医者さんに行ってみよう」と決め、

で、実際に行って、話だけきいて質問はたくさんして、レントゲン撮影等以外の処置はしないで、いったん帰ってきました。

 

聞いてきた話のなかで、腑に落ちないことや、生じた疑問、異なる見解、その他の選択肢の有無や情報など、さらに知りたくなったことは、宮原歯科医院の院長に訊きました。

宮原歯科医院 は、福岡県久留米市大石町で自由診療をされていて、skypeや、facebookのビデオ通話を利用した有料相談もできるんですよ。

院長の宮原さんは、むし歯のキモチ歯ならびのキモチなどのテーマで、各種お話会も開催されています。

 

facebookメッセンジャーのビデオ通話を利用しての相談、よかったですー。

歯の相談だからね、映像は必須で、

前もって、レントゲン(歯医者さんで撮影したレントゲンをスマホで撮ってきたやつ)と、箇条書きにした質問を送り、それらに添うて丁寧にこたえてくださいました。

でね、質問にこたえてくれるだけじゃなくって、たくさんの情報をも知れて、自分にとっていいとおもう歯医者選びの基準がはっきりとしました。

 

facebookメッセンジャーのビデオ通話をしているところ〜↓↓

 

宮原歯科医院より

保険診療とは、国民に平等に医療を提供できる素晴らしいシステムです。

けれど、歯の「良い状態・悪い状態」というのは、あなたの考えに関係なく決められていて、「悪い状態」というのは当然悪いことになっています。

更に「悪い状態」を「良い状態」にする方法も、材料も決められているため、個々の希望が聞き入れられることはありません。

 

「自由診療」ってご存知ですか?

保険が利かない高額治療だと思っている人も多いと思います。

セラミック治療やインプラント、特殊な入れ歯、歯列矯正などがそれにあたるでしょう。

けれど、「自由診療」の言葉の意味を考えてみてください。

「自由な診療」です。

診療という以上、それなりの医療行為を指しはしますが、「自由」とはどういう意味でしょう?

 

例えば、奥歯に小さなむし歯が見つかったとします。

保険診療であれば、保険の利く銀歯か、プラスチック(レジン充填)になるでしょう。

銀歯がイヤで、丈夫な白い歯にしたければ、保険適用外のセラミック治療でしょう。

けれど、あなた自身は痛くもかゆくもないし、心を入れ替えて(?笑)一生懸命手入れするから治療をしたくないと思ったとします。

 

そもそもなぜ同じように磨いているのに、隣の歯でなくその歯がむし歯になったのか?

治療しないのであればその原因を知って、どんなケアをしていけばいいのか?・・・

そんな話をじっくりやれば、1時間くらではとても足りません。

あなたもあの人も、話だけで終わる患者さんが増えては医院は困るのです。

治療をしないという選択をした患者さんに割く時間はないし、あまり質問攻めだと不機嫌になる歯医者もいるとかいないとか?

 

あなたは削りたくはない。

けど保険診療では、むし歯であれば削って埋めるのは大前提。

金属の見た目や材質を気にするのであれば保険の利かないセラミック。

・・・・これって「自由」でしょうか?

 

昨今は、「銀歯は身体によくないから全部外して、セラミックに換えましょう」と、自由診療を勧める歯医者もいるそうです?

「自由」を押し付けられて、これほどの「不自由」はありません。

僕から見ると世の自由診療といわれるもののほとんどは、削って何かしら人工物をあてがうという概念そのものが保険診療と同じです。

それらは「自費診療」「保険外診療」というものであり、「自由診療」とは概念が違います。

むし歯の原因は、当の患者さん本人にはわからずじまい。

対処法もよくわからないけど、高額だったから高級な治療なんだろう? と。

 

むし歯の原因は奥が深いんです。

むし歯菌や食べ物を悪者にしてフタをするだけの不自由さに、歯医者側も気付いていないのかな?

 

浮世離れ歯医者のブログ
「歯から全身へ~全身から宇宙へ」
https://ameblo.jp/miyahara-dc

 

病院を選ぶ。治療を選ぶ。

歯医者選びも、学校選びも、一緒

宮原さんのお話より
> 保険診療とは、国民に平等に医療を提供できる素晴らしいシステムです。
> けれど、歯の「良い状態・悪い状態」というのは、あなたの考えに関係なく決められていて、「悪い状態」というのは当然悪いことになっています。
> 更に「悪い状態」を「良い状態」にする方法も、材料も決められているため、個々の希望が聞き入れられることはありません。

 

上の文章を「教育」に置き換えて読むと、わかりやすいとおもうのだけど、

宮原さんのおはなしを聞いて、、、

本を読んで、、、おもったことは、歯医者さん選びも、学校選びも、いっしょだなあ、でした。

 

だからこそね、

こんな処置があるんだ、、、

こんな教育があるんだ、、、と、まずは数ある選択肢があることを知ること

いろんな処置のしかた(治療法)について、知っているのと知らないのとでは、選択肢に大幅な違いが生じます。

 

予備知識をつけたら受診しに行ってみる

で、近所だから…

駅前だから… じゃなくって、「ここがいいかなあ」と気になる歯医者さんに行ってみる。

歯医者さんだって選択して受診する時代です。

 

そうしてね、訊ねたことに対して、歯医者さんの先生が、意を尽くして説明してくれるかどうか。

質問をぶつけ、歯医者さんの「考え」と「質」をできるだけ見極めてみようとするのがいいとおもいます。

(これは、よく質問にいただく「どこのデモクラティックスクール・サドベリースクールがいいの?」と同じだな)

 

基礎知識の重要さ

質問したことで嫌な顔をされたり、

たとえば、保険内でできる入れ歯についてはデメリットを重点的に話し、保険外のインプラントのメリットを重点的に話して、インプラントを勧められたり、

また逆にね、インプラントを勧めない先生に、インプラント処置を頼んでも、良い結果は期待できないですよね。

「不登校を治す」という考えがないよっぴーまりん に、どうやったら不登校しているこどもを学校に戻せますか? と相談されても、期待にこたえられないのと同じで)

そんなときは、価値観のちがいを知ったということで、さっさと歯医者さんを変えたらいいだけです。

 

歯科には

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 矯正歯科
  • 口腔外科

といった各専門性をもった領域があります。

 

で、一般歯科のなかでも

  • 歯周病の治療
  • 歯の根の治療をする「歯内療法」
  • 入れ歯やブリッジなど失った歯を補う「補綴治療」

など、さまざまな専門領域があります。

治療計画を聞き、専門領域をチェックすることもポイントだとおもいます。

 

歯の知識がなくて、

先生に疑問をしっかりとぶつけることもしないで、

歯医者さんにされるがままの「まな板の上の鯉」になるのはやめよう、とおもうんでありました。

 

知識を手に入れるための知識をつんでいく

> 予備知識がないから、選ぶ基準もわかんない。

 

ある程度、知識をもって歯医者さんに接しないと、歯をぼろぼろにされます。

「当たり前」を崩して、いろんな治療法についての情報を知っていく。

でもって、自分はどうしたいか?

 

1軒目の歯医者さんでね、奥歯1本なくしちゃったよっぴーは言ったんです。

骨のズイまでゴキゲンマン
歯、なんも入れないって選択もアリですよね?

 

「白色」にこだわるのってネガティブな発想からきてるよね、という話しになった宮原さんには、こう言ったんです。

骨のズイまでゴキゲンマン
歯って「白」にこだわる必要ないとおもうんですよねえ、ピンクとかイカすやん〜

 

週明け、3軒の歯医者さんに行ってきます。

で、「ここ、いいなあ」とおもうところでお世話になりたいとおもっています

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

映像で学ぶ「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

母の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です