学校に行くのがしんどいのはそこに愛がないから。サドベリースクール・デモクラティックスクールと公の学校で過ごしてきた子の違い

girl-3141766_640

am3こんにちは、AI-am(アイアム) 吉田 晃子 です。

昨日、 星山海琳 さんとともに、 デモクラティックスクール(サドベリースクール) のOGとお喋りを楽しんでいました。

でね、話を聞いてて、またひとつ、「ああ、そういうことなのかな」って面を見っけたことがあったんです。

デモクラティックスクール・サドベリースクールで過ごしてきた子と、いわゆるふつーの学校で過ごしてきた子の違いって、とどのつまり、愛を知ったか、いなかなのかなと。

愛のある場所にあるもの

愛のない場所に行きたい! とは思いません。だれだって。

行きたくなるのは、行きたい! と思って行っているのは、愛のある場所です。

超ハードスケジュールな日々を過ごされている人気スターでも、時間をつくって、愛する人のもとへ通われているようじゃないですか。

愛のある場所にあるものって、自分のことを愛してくれる人がいるんですよね。

 

愛 × 愛

自分のことを愛してくれる人というのは、その人自身、われを愛しています。

われを愛する者たちが、惚れ込んだ教育理念を愛して、働いている。

愛で成り立つそんな学校(デモクラティックスクール・サドベリースクール)で過ごしていれば、そりゃあ、愛は澄んだままですね。

 

現在進行形

デモクラティックスクール・サドベリースクールで学び育ってきた子どもたちの最年長は、2018年現在、30歳をちょっと出たとこ、あたりの年齢です。

だから、40代や、50代、、、60代、、、になったらどうか? まではわからないのだけど、

少なくとも、スクールから旅立って10年以上になる人たちの個々のなかに、スクールが今も息しています。

今も自分のなかに生きてるってかんじ。

 

過去形

公の学校、たとえば高校だったとして。

いわゆるふつーの高校を出て、10年後ぐらい経ったころの自分を振り返ってみて。その位置に、過ごしてきた学校が息してますか?(息してましたか?)

「思い出」になってるんですよね。つまり、昔の事。

ふつーの学校を出たわたしたちっていうのは、旧友である級友と会っておしゃべりをすれば、その「思い出」を語り合います。同窓会なんかでもそうですよね。

 

概念の固定

過去形になっているのと現在進行形の違い。

それは用意された答えがないからなのかなあ、と話をきいていて思ったんです。

 

ふつーの学校には、決められた校則や考え方があります。

ルールには従いなさい。これについてはこう考えなさい。こう感じなさい。てやつ(「考え方」とかがあるって、おそろしいな ← あらためてそう思う)

 

デモクラティックスクール・サドベリースクールには、それがありません。

※ あとから入ってきた子から見れば決まったルールはすでにあります。しかしながら、同時に、決まっているルールを変えられるルールがあります。ルールを変えたいと言う子もいれば、変えたいと思うけど言わない子、言えない子もいます。このことを書き出すと話がふくらむので、また別記事で書きます。

チャイムがなって、「はい、では、生徒諸君いいですか、◯◯は、△△ということです」。

でもって、「わかりましたね? わかったかどうかテストしますからね」なんてのがない。

 

蓋もなければ底もない

Yahoo! ニュースで、昨年11月に、自由と参加 公教育でない学校と題して、サドベリースクールデモクラティックスクールが特集されたんですね。

で、インタビューを受けた海琳さんは、その際の質問のひとつ、

サドベリースクールに通ってよかったなと思うところ

サドベリースクールに通ってまずかったなと思うところ

に対して、以下のようにこたえられました。

 

良いや悪いの分別は(わたしにとっては)どれも後づけやこじつけになるし、なにより、自分がその場所で過ごしたということがすべてです。

その上で自信をもって言えるのは、わたしは自分の過ごしたスクールが大好きでした。

しいていえば、そう思えることが「通ってよかったこと」かもしれませんが、やっぱりよくわかりません。

良い悪いはひとつの球体なので、視点をすこし変えればすぐに転がって、見え方が変わります。

引用:サドベリースクールに通ってよかったなと思うところ、まずかったなと思うところ

 

この、

↑↑ の下線部分
やっぱりよくわかりません。

良い悪いはひとつの球体なので、視点をすこし変えればすぐに転がって、見え方が変わります。

部分のことを、海琳さんとともに、デモクラティックスクール(サドベリースクール)のOGと、しゃべり明かしてました。

 
Yahoo! ニュース のん ↓↓

サドベリースクールに通ってよかったなと思うところ、まずかったなと思うところ

2017.11.08

 

答えは自分のなかにあることを知っている

愛を知る者は、どこまでも、どこまでも、安心して、悩みつづけます。

自分を愛しているから、

自分をやさしくさする

自分の体を大切にする

自分の体を丁寧に感じる。

そこに怖れはありません。

 

今日の本

愛とは、怖れを手ばなすこと

本書は、ベストセラー『ゆるすということ』『ゆるしのレッスン』の著者であるジャンポルスキー博士の処女作、世界で400万部のベストセラーになった『LOVE IS LETTING GO OF FEAR』の邦訳です。原書を何度も何度もボロボロになるまで読んだという本田健さんが、日本の読者の胸にそのメッセージが直に届くようていねいに訳されています。

愛を望まない人などいないにもかかわらず、多くの人は愛を経験できないでいるようです。過去からひきずっている罪悪感に満ちた怖れが、今、愛を差し出し、受け取る能力を妨害しているのです。怖れと愛を同時に経験することはできません。どちらの感情を望むかは、つねに私たちが選ぶのです。怖れではなく愛を選びつづけることで、人とのかかわりの性質や本質を変えることができるのです。(本文より)

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

よっぴー・まりんと遊ぶ!「あいしあってるかい」 よっぴー・まりんとやりたいことをしよう!楽しいことをしよう! ふたりといっしょに過ごして、肌で、五感で、あらゆるものを学びとってください。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です