「ネットの友だち」とは、好きなものを通じて仲よくなれる。

ammこんにちは、AI-am(アイアム)星山 海琳  です。

ネットでできた友だちと、会って話したり遊んだり、旅行に行ったりする。わたしにとってはすごく自然なことです。

「友だち」を学校や職場で出会う相手に限定するのって、古い、と思う。

ネットで友だちができるのは自然なこと

子どもがネット、SNSで友だちをつくったりすることを極端に恐れたり嫌悪する大人は多いけれど、それってほんとーにばかばかしい、といつも思う。

わたしがインターネットに触れはじめたのは2000年ごろ、4歳くらいだった。

それ以降ずっとネットに親しんでいて、時代も進み、そこで友だちができることはわたしにとってはめちゃくちゃ普通で、むしろすごく自然なこと、と認識している。

 

「そのへんの地域の子どもが集まった教室」に長居しなかったからか、学校とか職場とか、ほとんどなんの共通点もなくたまたまその場に居合わせただけの相手と友だちになる、ってことのほうが、よくわからない。

 

「リアルの友だち」と「ネットの友だち」のやることに大した違いはない

「ネットの友だち」とだけ聞いてそれは危ない、と考える大人が多いかもしれない。

実際、親御さんにそういう話をすると、ほとんどの場合、否定はされないまでもちょっと引かれる
他人のわたしに「引く」んだから、それが自分の子どもならあれこれと口を出すだろう。否定的に。

 

「ネットの友だち」って、具体的になにか。

ツイッターなどでなにか共通の趣味をつうじて知り合うとか、オンラインゲームで一緒にプレイをしていて親しくなるとか、今はそのあたりがポピュラーだと思う。

もうけっこう廃れてしまったけど、チャットで知り合うルートもよくあったし、mixiなんかも、好きなものが共通している相手を見つけやすいSNSだった。SNSの前はブログとか、ホームページとか、掲示板とか。

 

いずれにせよ、(出会うことそのものを目的としている場合を除いて)ネットで知り合う相手、ましてや親しくなる相手には、共通した話題がある。

好きな歌手でも作家でも、バイクでもスポーツでも映画でも、絵を描くことでも写真を撮ることでもなんでもいいけど、
いきなり「友だちになろう」ってわけじゃなく、なにかお互いの興味が向くものについて話したりするうち、考え方や言動に惹かれる相手や気の合う人と友だちになっていく

わたしもそうやって出会った人がたくさんいて、ネット上でだけ話す相手もいるし、会って話したり遊んだり、旅行に行ったりする相手もいる。

そうなるともはや、「リアルの友だち」と「ネットの友だち」のやることに、大した違いはない。

 

「どんなお仕事されてるんですか?」「なにが好きなの?」「趣味は?」「付き合ってる人は?」みたいなしょうもないやりとりじゃなく、あの人うざいよなー、みたいな日々の愚痴でもなく、好きなものや考えていることについて話すことができるのって、すごく楽しい。

 

否定する親と、それをみている子ども

席がとなりだから、クラスがおなじだから、同僚だから仲よくなろうっていうのとは、そもそものスタートが異なっている。
(だから、大学や専門学校、専門的な仕事、考え方や好きなもの、関心のあるものが共通した人々の集まる学校や職場はちょっと例外なんですけど。)

そういうところで好きな相手に出会えるのって、実はめちゃくちゃ奇跡的な確率だと思う。

ネットの友だちって、「友だちになる過程」としては、とても自然だ。
範囲が広がるから、好きだと感じる人と出会える確率も高い。

媒体を変えれば、こういうのは昔からあった。雑誌の投稿欄から文通がはじまる、とか。

 

親自身は自分が若かったころに経験しなかったものだからよくわからない、というのはよくわかる。「よくわからないもの」が怖いのも、わかる。

けれど、(自分や近しい人がそれで痛い目にあったならまだしも)全然わからないからまず否定する、というのはどうだ。

思考停止して、自分のわからないものや知らないものを否定して取り上げる親を、子どもたちが見ている。
そんな子どもたちが、そんな大人のいうことを信頼するわけもない、というわけで。

 

日本の性教育を補うネット知識と「インターネットには偏った情報しかない」という偏見

2018.03.30

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

映像で学ぶ「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

母の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です