「仕事やめたい」「働きたくない」と考える人は前提を変えよう。子どもが望む、親の生きかた。

ammこんにちは、AI-am(アイアム)星山 海琳  です。

友だちはみんな、「仕事やめたい」「働きたくない」という。
「仕事はいやなもの、働くのは我慢のいること」。
その前提はいつ、どこで育っていくんだろう?

子どもが親に望むもの。親の生きかたしだいで、子どもの人生は楽しくなる。

仕事が楽しくないのは、仕方ないこと?

同世代、二つ三つ年上の友だちに会うと、毎回必ず、決まって「仕事やめたい」「働きたくない」という。
明日からまた仕事だから、帰りたくねー、という。

いいながら帰っていき、仕事へ行って、次の日にはまた「もうやめたい」「風邪ひいて休みたい」とか話し、翌日もまた、仕事に行く。

それってようするに、仕事が楽しくないってことだ。
楽しいことなら、したいに決まっている。ときどき疲れることはあっても。

そういう人にわたしが「仕事が楽しい」というと、そりゃそれがいいけどね、普通そうはいかないよねー、いいなー、みたいな反応が返ってくる。

 

仕事が楽しくないのは、仕事の内容が楽しくないから?
職種は好きだけど職場や労働の環境が悪い、って場合もある。

じゃ、それは、仕方がないことなのか?
そんなもんだから、しょうがない?

 

赤ちゃんのなかに前提はない

この国には我慢という美徳と、「そんなもんでしょ」という諦めがはびこっている。

どちらにも共通する前提は、物事はつらいこと、つまらないこと、というもの。
過去の文豪たちの厭世観よりよほどタチがわるいのが、現代のそれ。

前提はいつ、人のなかに作られるんだろう?
生まれたときには、本能以外になにも持っていなかった赤ちゃんが、年月を重ねるにつれて、どんなふうに前提を構築していく?

たぶん、見るもの、聞くもの、触れるもの、五感のすべてで、わたしたちは前提を固めていく。
五感が働いたものすべて、その子どもに影響を与えていく。

 

子どもにいちばん影響を与える場が家庭であるってことは、もう誰も否定しないだろう。

公園やテレビ、漫画、学校だって大きく影響するけれども、親のいうことやること、後ろ姿は、子どもの土台をつくっていく。
ほとんどの前提を、子どもは家庭のなかで受け取ったものから構築していく。

物事はつらいこと、つまらないこと、という前提も、例外じゃない。
仕事はいやなもの、働くのは我慢のいること。
あるいは、
仕事は楽しく、働くのはおもしろい、という前提だって。

 

親にだけ与えられる特別な機会

仕事はいやなもの、働くのは我慢のいること。
そんな前提を子どもがもっていたとしても、親そのひとが悪いわけじゃない。

みんな子どもだった、親やそれにあたる人がいたってことだ。
もしもその人が悪かったのなら、さらに前のその人だって悪かった。

 

わたしは親じゃないし、親としての目や心も持っていないから、好き勝手いう。
子どもとしてしてほしいことを、子どもとしてのわがままを、無責任にいう。

それが非現実的なのか、真実なのか、聞き流すべきことなのか耳をかたむけるべきことなのかは、大人たちがそれぞれに受け取ればいい。

 

それで、人としては少しも悪くないけれども、親になったなら、いまさら取り返しようもない誰かのせいにせず引き受けてチャラにしてくれよ、と思う。

どこに、いつに原因があっても、子どもにとっちゃあなたが親なのだ。

そしてそれは、「親としての責任」みたいな影を落とす荷物じゃなく、
「親にだけ与えられる特別な機会」みたいなものじゃないのかなあと、想像する。

そうであってくれたらいいのにな、と。
そうであってくれるだけで、子どもであるわたしたちの存在はもうじゅうぶんに肯定されて、日々は易しくなる。

 

ネットライブ「仕事嫌いになるこども、仕事好きになるこども」開催のお知らせ

2019年2月15日(金)、ネットライブで「仕事嫌いになるこども、仕事好きになるこども」についてお話をします!

月曜日の朝を、ウキウキワクワクしながら迎えてる人ってすくない。

それは、なんでだろーか? … 仕事がいやだから。
じゃあなんで、仕事がいやなんだろう?
いつから、いやになったんだろう?

学校行っている、行ってない、勉強している、していないじゃなく、こどもはみんな仕事をしている!
しかも、やりたくてやっている。

でも歳を重ねると、みんな仕事がきらいになる。
こどもを仕事嫌いにさせるのは大人で、こどもを仕事が好きなままにするのも大人。

これからの時代は、学校に行ったら生涯安泰の時代じゃない。

主体性がものを言う時代だからこそ、まず親が仕事を楽しんで、その姿をこどもに見せていこう!

 

料金780円だけど、めちゃ濃い話しまーす!
録画でも見られるよ。

↓↓ 詳細・お申し込みはこちら ↓↓

< 2/15 > ネットライブ「それは自動ドアじゃない」Vol.3 仕事嫌いになるこども、仕事好きになるこども

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

映像で学ぶ「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

母の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です