本をまっくろにしながら学ぼう!オンラインサロン「お母さんのがっこう365」でも勉強会(読書会)をはじめますニュース

amamこんにちは、AI-am(アイアム)です。

オンラインサロン「お母さんのがっこう365」 内で、勉強会をしていくことになりました。

1回目は、12月30日の22時から〜。

 

やりかたは、課題図書の本の指定ページを、各自で読んで、

で、勉強会の日(月/1回予定)に、シェアしあう「読書会」のようなスタイルです(1冊の本を1年ぐらいかけてやる)。

初回の課題図書は、よっぴーがデモクラティックスクール(サドベリースクール)のスタッフ仲間と、ともに勉強しあってきた大好きな本に決定!

 

オンラインサロン「お母さんのがっこう365」に入会しようかなあ、どうしようかなあ、と迷われているかたは、おいでよ。

また、以前入られていたかたで勉強会に参加してみたいなあ、とおもわれたかたも、気軽においでよ。

 

世界に一冊、自分だけの本になる

「お母さんのがっこう365」で、みんなと勉強していけること、ほんとにうれしいんです。

で、お母さんだけじゃなくって、パートナーさんや、こどもさんでも「参加したい」かたは、どうぞ〜です。

 

本、まっくろにしながら学ぼう!

これはわたしのやりかただけど、わたしは本を読むときは必ずペンを持ちます。で、欄外は自分の文章だらけ。

大事なこと、覚えておきたい箇所には線を引き、なぜそう思うのか、とか、

「これって家庭でもいえることで……なんたらかんたら」などなど書き込みます。

おかしい、まちがっていると思った箇所にも印をつけ、こういう理由で、こういう点に違和感をおぼえるといったことを書き込む。

 

そうやってしていくと、自分だけの書き込みだらけの本につくりかえられていくんですよね。

「本を読む」こと自体が目的なんじゃないから、そうやって書き込みがふえることは、読み方がふかまり、自分で考える力が豊かになっていきます。

それが本をしっかり読むということだと思ってるんです。

で、それを仲間とやると、さらにね、そこにいるみんな(自分も含めて)が開発されていくの。

 

まりんさん(や息子)とも よくね、読書会なるものをして、意見交換とかディスカッションとかとかやってるんだけど、
サロンの仲間ともやっていきたいなあっておもった。

やりたい人、やろう!!

Qqqq〜 あそぼ、あそぼ、たのしみだーーー

 

※ 本は各自で用意していただきますが、1回目はデータをご用意しています。
また、録画ででもみられる設定です。
その他詳細はお気軽にお問い合わせください。
>>> オンラインサロン「お母さんのがっこう365」

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

映像で学ぶ「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

母の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です