友達親子のようになりたいのなら自分を「お母さん」「ママ」と言わないことから始めてみよう!

am3こんにちは、AI-am(アイアム) よっぴー です。

こどもとは、友だちのような親子でいたい!

思春期のこどもとも何でも話ができる関係になりたい!

そんな親子になりたいなあっておもうのなら、自分のことを「お母さん」「ママ」と言わないことから、ヨコの関係をはじめてみませんか。

こどももヨコの関係を望んでいます。

 



親子の関係は友人のような関係であってもよい?

親が子どもに対して権威的に接するタテの関係ではなく、お互いが対等で敬愛に基づくヨコの関係でありたいと思われている親子は、少なくありません。

 

下は、内閣府が調査した「家族」に対する国民意識 の結果なんだけど、

あなたは、なによりもまず家族を第一に考えていくのがよいという考え方について、どのように思いますか。」という質問に対し、

回答者3988人のうち、

家族を第一に考えるのがよい(「全くそう思う」+「どちらかといえばそう思う」)と答えた人の割合は87.2%で、全体の約9割が家族を第一に考えるのがよい、となっています。

男女別にみても、この考えに差はなく、

世代別にみると、男女とも年代が上がるとともに「家族を第一に考えるのがよい」の考えが高まる傾向にあるのがわかります。



出典:内閣府 14年度国民生活選好度調査

 

次に、
あなたは、親子の付き合いも友人のような関係であってもよいという考え方についてどのように思いますか。」と親子の関係についての質問があり、これに対しては、

友人のような関係であってもよい(「全くそう思う」+「どちらかといえばそう思う」)と答えた人の割合は49.2%と、全体の約半数が親子の関係は友人のような関係であってもよいと考えており、否定派を大きく上回ることがわかります。

男女別にみると、この考えは女性のほうが高く、

特に15〜19歳の女性では64.4%を占めていて、親子は友人のような関係であってもよいという考えを肯定しているのが見て取れます。20〜29歳の女性でも61.2%です。



出典:内閣府 14年度国民生活選好度調査

 

友人のような親子関係でいたい割合は子どものほうが高い

親と子が友だちのような関係でいたいのは、親より、こどものほうが多いんですね。

調査結果を裏付けるメッセージが LINE@ にもたくさん届きます。

  • 友だちみたいな親子でいたい
  • 何でも話ができる仲でいたい
  • 話し合える間柄になりたい
  • 心の内を打ち明けたい
  • 楽しみや喜びを共有したい
  • etc

↑↑ これってね、たとえば “友だちみたいな親子でいたい” という文章、これだけを見れば、

自身が親の立場の人だと、親からこどもに向けた想いとして読みがちだとおもうのだけど、

その想いは、こどももおなじ。

こどもも、なんでも話をしたり、相談できる関係を望んでいるんですね。

 

親はこどもと「ヨコの関係」になれる!

しかしながら悲しいことに、こどものほうから、親に、「ヨコの関係になろうよ」と言っても、それは無理な話です。

ボスに「給料あげてくれよ」と言ってるのと変わりないですもんね。

 

だったら、

  • こどもとは、友だちのような親子でいたい
  • 思春期のこどもとも何でも話ができる関係になりたい

とおもうんであれば、親から「ヨコの関係」になるっきゃない。

 

お知らせ
当オヤトコ発信所で、「ヨコの関係」になるための勉強会の映像を購入できます。
↓↓ お読みください
勉強会「話し合い」「ヨコの関係」「愛する」が映像で学べる!

 

からだに染み付いた「タテ」の染抜き方法

春休みですしね

自分のことを「お母さん」「ママ」と言わないことから、ヨコの関係をはじめてみませんか?

 

あなたのお名まえが花子さんだったとして、

「お母さんの言うとおりにしなさい」
↓↓↓
「花子の言うとおりにしなさい」

 

口調もかわるし、

お母さんとしての自分じゃなく、花子として考えられるようになるっぽいじゃないですかö

 

それにね、「お母さん」から「花子」にするだけで、

「花子の言うとおりにしなさい」だと、なんだかおかしくなって、

「花子はこう思う」と自然になりませんか?

 

今日の本

おかあさんがもっと自分を好きになる本

ほんとうはもっと子どもにやさしくなりたい…子どもにイライラするときどうしたらいいの?…自分をいいおかあさんと思えない…そんなおかあさんたちの悩みに、やさしく応えてくれる本。ちょっと読むだけで、スッと肩の力が抜けて、ちょっぴり子育てがラクになって、なんだか自分と子どもがいとしくなるそんな一冊です。

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

よっぴーの「親と子がハッピーになるコミュニケーション講座」

怒ることも、叱ることも、ほめることもなく、親と子が穏やかに過ごせる会話へとシフトチェンジしていきませんか?

いつでもどこでも何度でも、くりかえし学習できる動画スタイルに生まれ変わりました!

➡︎ 詳細はこちら

映像で学ぶ「ヨコの3部作・保存版」

「話し合い」、「ヨコの関係」、「愛する」をテーマに開催した3部作の勉強会が映像で学べるようになりました!

母の役割は、愛すること。ただそれだけ。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす、新しい教育書!

AI-amの吉田晃子/星山海琳の共著本、2冊目が出版されました!

新刊『不登校になって伸びた7つの能力』の詳細はこちら


発売中『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』の詳細はこちら

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点