「他人に理解されること」が、生きやすさになりますか?

不登校、自由登校、オルタナティブ教育などが広がりつつありますね。依然としてマイノリティではありますが、「こんな教育が・こんな考えのひとたちが、増えたらいいね」ということをよく耳にします。それは、なぜでしょうか。