不登校で家庭訪問が嫌だったり学校復帰のための支援を断りたいときのナイスな方法を見つけた!

iei

am3こんにちは、AI-am(アイアム) 吉田 晃子 です。

「お顔を見たいので…」

「直接会ってお話をしたいので…」

—(こころのなかで(動物園の猿かよ)っておもってたのは、ないしょ)— 

子どもが不登校をするようになると、「家庭訪問をしたいです」という先生がほとんどだと思います。

家庭訪問

そんなこんなで、頻繁にやって来るようになるのですが、

 

「今年の先生、学校復帰のための支援色が濃いうえ、押しも強くてイヤだなあ〜」とか、

「子どもが先生と会うの、嫌がるんだよな。訪問の日は、心が叫びたがる子どもの対応に疲れちゃって…」とか、

「家庭訪問がストレスになってるから、もう、来ないでほしいなあ〜」とかとか、

 

これら自分の想いに対して、

先生、そんなふうに言わないでよ。もうなんか逃げたい!

やってられない! 先生の対応にまで気遣ってる場合じゃないってば。

はっきりと家庭訪問を断りたい!

などなどと欲求は湧くのですが、

 

それでもさ、そうはいったって、、、

強く言えない自分だし、、、

でも、言わないと負けちゃうし、、、

でも、嫌われるの、こわいし、、、

となっちゃう。これ、あたりまえ。

 

わかってもらいたい。

嫌われないで、

面と向かって強く言わないで、

でもってほっといてもらえる方法!

⇒⇒⇒

あきれられたらいい!!

 

こんな家

まりんさんと喋っていて笑い話になったのだけど、

わが家が、学校の先生から相手にされなくなったのって、もしかしたら「こんな家」だったからかもしれないね〜という話になった。

どういうことかと言うと。。。

 

オーディオスピーカーの鳴りがよくなくて、専門の人に見に来てもらったんですね。

で、その人が言うに、「こんな家、はじめてだ」って。

 

どこが、どう、こんな家なのか、、、主のわたしたちにはよくわからないのですが、

これまでにも回線の工事や、点検等で家に来はった人に、「こんな家」呼ばわり(笑)されてきました。

 

でもってそれは、学校の先生も然り!

 

呆れられる

「魅力をかんじないから」という理由で、小学1年から学校に行くのをやめた子どもはまだ少なかった当時、進級するたび新しく担任となられた先生は、

「わたしこそが学校に戻れるようにしてみせるわ」といわんばかりの意気込みで、保護者であるわたしへの説得と、本人まりんさんへの誘導に懸けて来訪されるのですが、

家にあがるや、こぞって「…… はぁ。」となり、

なんですか、これ? とか、

こんな家みたことないとか、なんとか、、、言われる。

 

わが家は、でかい敷地内に同じ造りの棟が何棟も建っているマンションタイプなんですね。

そこに同じ学校の生徒がわんさかいる。

先生方は、似たり寄ったりの間取りの家に訪問されるわけだから、比較してしまうのは当然で、ゆえに「こんな家」になるんでしょうが、

こんな家」オススメです(笑)。

 

怪しい家

昨日のブログに、現在のわが家の照明がアップされてましたが、

>>> 好きなものに囲まれて暮らすと、家族みんながご機嫌になる

ミッドセンチュリーのインテリアを楽しんでいる今とは異なり、まりんさんが小・中学生のころは、アジアンテイストを好んでいました。

そう、ただ、アジアンテイストを好んでいただけなんですよ。

 

けれども外からみると、窓の外に洩れる照明の光がなんとも怪しかったそうで(トップの写真)、「こんな家」は、「怪しい家」として、テレビでも紹介されました(笑)。

玄関を開けるや、面のオブジェが、いたるところにドドーンといてたり(笑)。

「たろうちゃん」と名付けていた面のオブジェ

「たろうちゃん」と名付けていた面のオブジェ

 

「こんな家」のススメ

相談内容
学校の先生がこちらの想いをわかってくれなくて、どう言っても、学校復帰に向け、あ〜だこ〜だ言ってきます。そんなときどう言えばいいですか?

といった類のご相談をよく受けます。

 

これね、どう言っているのか、その内容や言い方を具体的にきかせていただくと、ほとんどの場合「ズレとモレ」なんですね。

何がどうズレていて、どこがどうモレているのか、、、一人ひとり事情や背景は異なり答えはひとつではないので、ブログ上で「こうしたらいいですよ」とは言えず、

最高の不登校の見つけかた(これからの学びについての個別相談)で、いっしょに考えさせてもらっているんですが、

 

こんな家」作戦はね、環境改善なことだから、共通しているじゃないですか。

 

「こんな家」作りのコツ

想像してみて! 所ジョージさんと、所ジョージさんの世田谷ベース。

子どもさんは学校に行っていない仮の話ですよ

「学校おもしろいからおいでよ〜」と言うため、所さんに会いに、世田谷ベースに学校の先生がやってくる。。。

 

お説教するだけムダだ…

住んでる世界がちがう…

 

人として子どもへの教育に問題はなさそうやから、深入りせんとこ。あたりのライン。

まっ、いいっか! もうほっといても。あたりのラインを狙え!(笑)

先生の常識を打ち破るのだったらやりやすいと思うから、玄関にビックな面をぜひ。

 

不登校の家庭訪問はイヤなら断りましょう

2016.04.28

学校に行かない権利。「ただ学校に行かないだけ」の極み。

2016.04.27

不登校で担任からの電話でやってはいけない注意点

2016.06.16

 

今日の本

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

よっぴー・まりんから学ぶ1泊2日の勉強会「あいしあってるかい」

1泊2日、まるまる24時間と少し。

よっぴー・まりんといっしょに過ごすことで、あらゆるものを学びとってください。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です