好きなものに囲まれて暮らすと、家族みんながご機嫌になる

IMG_6542ai

ammこんにちは、AI-am(アイアム)星山まりん です。

わたしの母親である よっぴー は、家には好きなものしか置きません。

「好きなことをする」ことの大事さはよく語られるけれど、「好きなものに囲まれる」ことが、じぶんをご機嫌にし、家族みんなのやわらかさをつくっていきます。

子どもは親の思考や習慣をとりこんでいく

親と子はそれぞれ別の人間だとはいえ、子どもはじぶんの生まれた家庭にある思考習慣をそのまま取り込みます。
家族ルールなんかもそうですね。

習慣でいえば、

「おはよう」「おやすみ」「ありがとう」などと声をかけあう家庭では自然と子どももそうやって声をかけるようになるし、

物にそっと触れたり置いたりする家庭に生まれた子どもと、投げたり大きな音を立てて置いたりする家庭に生まれた子どもでは、物の扱いかたも違うし、

外から帰ってきてすぐに部屋着に着替える親か、お風呂にでも入るときまで着替えない親かによって、子どももおなじ行動をとるようになる。

のちになって変わることはあっても、年齢が若いうち、そういうことは往々にしてあります。
「子は親の鏡」というやつの一種でしょうね。

もちろん、わたしにもそういう影響はたくさんあって、長くいっしょにいる よっぴー(母親)の価値観が、いちばん馴染み深いです。

そのなかのひとつにあるのが、「家には好きなものしか置かない」「好きなものしか持たない」という考え。

 

ご機嫌なひとのまわりでは誰もいやな気にならない

「 “好き” をするのはいいこと」とはよく言われるけど、
「 “好き” にかこまれること」の大切さは、それほど重要には捉えられていないような気がします。

好きなことをしていてワクワクするのとおなじように、好きなものを眺めたり、触れたり、聴いたりすることは、じぶんの機嫌をよくさせてくれます。

 

ご機嫌でいるって、ほんとうに大事なことです。
ょっとした悩みや苛立ちのほとんどが、「ご機嫌になる」ことで解決すると思う。

暮らしの中心である「家」が、じぶんにとって大好きな空間であることは、そんな状態に近づくためにできることのひとつです。

 

家族のなかでじぶんが機嫌よくいるということは、じぶん以外の家族にとっても心地いいこと

親にしても子にしても、夫婦や兄弟にしても、相手がワクワクと、機嫌よさそうにしていたら、それを見ているこちらも、なんとなく気がやわらかくなります。

よっぴーが、よっぴー自身の大好きなチェアに腰かけて大好きなマグカップで、大好きなコーヒーを飲んでにこにこしていたら、わたしがうれしくなるのも当然だし、そんな心地のまま話しかけようとします。

それだけで、緩みのある、心地いい会話になりますよね。

 

好きなものはどれだけあってもいい

ウィリアム・モリスの有名な言葉にも、「役に立たないもの、美しいと思わないものを家に置いてはならない」というものがあります。

家具・インテリア、好きな本や音楽、好きな服を着るとか。

好きなものを買い揃えるわけじゃなく、こころから「好き」と思うもの以外(と、どうしても生活に必要なもの以外)を、できる範囲で排除していけばいい

最小限の物で暮らすとか、ミニマリスト的な考えは、個人的にはあまり合わないんです。
好きなもの、うれしくなるものなら、どれだけあってもいいと思っている。

 

先日、レインボースティック なるものを手に入れました。

魔法をてにいれた! #rainbowstick

Marin Hoshiyamaさん(@aiam_marin)がシェアした投稿 –

レインボースティックは、「消えない虹」というコンセプトでつくられた商品で、MoMA(ニューヨーク近代美術館)などでも取り扱いがあります。

棒をもって、指をこすりあわせるように動かすと、本体も揺れて変形したりいろんな色が反射したりする。

ほかにもこういう、じぶんとおうちをご機嫌にさせてくれる照明とか。

おうちがゴキゲンになった! #light #rainbow

Marin Hoshiyamaさん(@aiam_marin)がシェアした投稿 –

意味もなければ役にも立たないけど、ただじぶんを喜ばせてくれるだけのものが暮らしに点在していることのうれしさを、味わうこのごろです。

( ↓ Instagramをはじめてみました!よかったらフォローしてくださいね。)
@aiam_marin

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

よっぴー・まりんと遊ぶ!「あいしあってるかい」 よっぴー・まりんとやりたいことをしよう!楽しいことをしよう! ふたりといっしょに過ごして、肌で、五感で、あらゆるものを学びとってください。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です