学校を休みたい、学校に行きたくない子どもには能動性がある!

nodo

ammこんにちは、AI-am(アイアム)星山まりん です。

子どもを能動的とか主体的を育てようという風潮があるなかで、もうすでに子どもが持っている力は視界に入ってないっていうことが、多々とあります。

LINE@ には、ありがたいことにたくさんのメッセージをいただきます。

親御さんからのものもあれば、学校に行っていないとか、行きたくない休みたい、というご本人からのものも多くあって、これはもうすでに能動的なことだよな、と思う。

 

「能動的=活発」ではない

受動的でなく能動的に生きよう、能動的に生きられる人間になろう、とよく言われるようになりました。
自分軸とか、主体性と言い換えてもいいかもしれません。

でも、「受動的ではなく能動的な子ども」というと、なんだかこう、よいことをするイメージというか、明るいイメージがくっついてくるように感じます。

活発で、創造的で、前向きみたいな、そんな感じ。

でもそれは「明るい子」や「活発な子」であって、必ずしも「能動的な子」に共通するわけじゃありません。

能動的になる対象が大人のよろこぶ事柄ではなかったり、好感をもたれやすい性格ではなかったとしても、他や外へと動くなら、それは能動的だってことです。

 

学校を休んだり、不登校になれるのは能動性があるからこそ

学校に行けないとか、行きたくないとか休みたい、っていうのは、社会的なイメージからすれば、後ろ向きなことであったり、改善するべきことと捉えられています。

ましてやそれが、能動的なことだとか、主体性のあることだとは思われていない。

でも、自分はこうしたい、という気持ちを外へあらわす言動は、能動性があってはじめてできることです。

だって、どんなに待ちわびたって、こちらからなにも言っていないのに親がいきなり「学校に行かないことにしてみたら?」と言ってくれることは、まあ、ない。

学校休みたいときの親への言い訳10選「僕たちがした仮病の仕方や堂々と休んだ方法教えます」

2018.03.12

LINE@ にも、たくさんの

「学校を休みたい」
「学校に行きたくない」

というメッセージをいただきます。

これって、その方が自分の気持ちを文字にして、わたしたちに送信しているってことで、それだけでもう、能動的な働きのひとつだなあ、と思うのです。

 

文字化していると親にも表現しやすくなる

ほんとは、学校を休むも行くも行かないも子どもが決めればいいことなんですが、現状、ここにはよく「親の許可」が介入します。

でもその親がわかってくれないとか、そもそも休みたいなんて伝えられないとかで、わたしたちに向かって文字化してみる。

ふしぎなもので、どこかで声にしたり文字にしたりしていると、さらにほかのところで表現することのハードルが、だんだん下がってきます。つまり、親に対してとか。

わたしたちが直接的になにかを解決することはできませんが、そういう、ハードルを下げていく梯子の一部になることだったり、話しかけるなら部屋の壁よりちょっとはいいかな、と思ってもらえたらうれしいです。

よっぴー・まりんのLINE@ → https://ai-am.net/line-at

line-at 

(いただいているLINEにも、近々また、ブログでお答えしますね!)

 

今日の本

目的なき人生を生きる / 山内 志朗

人生ずっとは、がんばれない。『小さな倫理学』の著者による、解放の哲学。

人生を意味だらけだと思うと、「つまずきの石」につまずく。
死ぬまで競争? 勘弁して。自己実現など、小賢しい。終活、就活、余計なお世話。
それでも世間はやかましい。
社会に煽られ、急かされ続ける人生を、一体いつまで過ごせばいいのか。
「それは何のためだ、何の役に立つ?」世間は「目的を持て!」とうるさい。

しかし、人は生まれる前にその問いを立てたのか、死ぬ直前にその問いを立てるのか??
「人生に目的はない」。そう考えた方が豊かな人生を過ごせると、反倫理を倫理学者が真面目に提示する。

 

 

AI-amからのお知らせ・情報

 
よっぴー・まりんのオンラインサロン「お母さんのがっこう365」

不登校や子育てに共感しあえるご近所さんがいないなら、オンラインでつながりましょう!

365日、場所を問わず心強さをもらえる場所です。

➡︎ 詳細・入会はこちら

よっぴー・まりんから学ぶ1泊2日の勉強会「あいしあってるかい」

1泊2日、まるまる24時間と少し。

よっぴー・まりんといっしょに過ごすことで、あらゆるものを学びとってください。

➡︎ 詳細はこちら

 

書籍案内

親子で書き下ろす新しい教育書!

AI-amの吉田晃子・星山海琳の共著本 『小さな天才の育て方・育ち方 - 小・中・高に通わず大学へ行った話』、発売中です!

 

日本の学校・フリースクール等一覧情報

サドベリースクール、デモクラティックスクール一覧

※ デモクラティックスクール・ネット加盟校

【保存版】全国にひろがる日本のサドベリースクール

 

日本のオルタナティブスクール一覧

【保存版】オルタナティブスクール一覧

 

全国のフリースクール一覧

【保存版】全国のフリースクール一覧

 

公の学校/公立・私立高校一覧

【保存版】中学不登校でも高校進学できる全日制・定時制・通信制、公立・私立高校一覧

 

不登校からの大学

【必見】高卒と高認の比較

 

人気記事

12年間の勉強が2ヵ月半?~小中高には行かないで大学に行った娘の話.高認篇

学校は行きたくないのなら行かないがいいです。小中学生通知表の出欠記録

不登校でも学校に行かなくても、ちゃんと大人になりました

子どもが不登校になってよかったことベスト10

不登校が絶対に治らない理由

 

おすすめ記事

【不登校の親必読】子どもが不登校になったときに読んでほしい記事まとめ

【不登校の子必読】不登校記事のまとめ「学校は行きたくないなら行かなくていいよ」

ゲーム依存症の子どもはゲーム心配症の親のもとで育つ

話を聴けない親、心を話せない子ども【コミュニケーション能力を高めよう】

必見!親子の交換日記ノートで伸びる25個の能力と良い点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です